成年後見はいま
コーナー

「成年後見はいま」

認知症などで判断能力が低下した人の生活と財産を、家庭裁判所に選ばれた親族や法律の専門家が守る「成年後見制度」。以前から使い勝手の悪さが指摘されている。市民を悩ませているのは、第三者が後見人になり、報酬の支払いも生じる点。実際に直面した二つの家族の例から課題を考えたい。

PR

PR