ローマ法王爆心地へ 38年ぶり来日を前に
連載

「ローマ法王爆心地へ 38年ぶり来日を前に」

「ローマ法王爆心地へ 38年ぶり来日を前に」に関するこれまで扱われたニュース一覧を最新順に掲載しています。

2019 11/19 6:00
長崎社会

ローマ法王爆心地へ 38年ぶり来日を前に(下)発信力 メッセージ拡散で世論喚起

ローマ法王フランシスコの指示で配布された「焼き場に立つ少年」のカード

 幼い弟の亡きがらを背負い、直立不動で火葬の順を待つ少年を捉えた「焼き場に立つ少年」。被爆間もない長崎での撮影とされ、悲しみをこらえる少年の姿が多くの人の心を揺さぶる。

2019 11/19 6:00
長崎社会

ローマ法王爆心地へ 38年ぶり来日を前に(上)思考 違い超え、身近な平和求め

ローマ法王のプロフィル

 13億人の信者を擁するローマ・カトリック教会のトップ、法王フランシスコ(82)が24日、初めて長崎の爆心地に立つ。ローマ法王の来日は先々代以来、38年ぶり。

PR

PR

注目のテーマ