まとめ

「無人操縦機・ドローン規制の動き」 (4ページ目)

「無人操縦機・ドローン規制の動き」に関するこれまで扱われたニュース一覧を最新順に掲載しています。

2018 11/5 2:04
政治

中期防、大型水中ドローン開発へ 新大綱含め来月18日決定

 防衛省は、新たな防衛力整備の指針「防衛計画の大綱」とともに策定する中期防衛力整備計画(中期防)に、海中を自動航行して情報収集する大型の水中ドローン(無人潜水機)の開発方針を明記する意向を固めた。政府筋が4日、明らかにした。

2018 10/29 10:36
社説・コラム

【ソサエティー5.0の未来】 松田 美幸さん

松田 美幸(まつだ・みゆき)さん=福岡県福津市副市長

◆人間中心社会に照準 近未来の社会を紹介する政府の広報動画に、山間地で暮らす高校生の生活が描かれている。インターネットで注文したお気に入りの運動靴は、指定の時刻にドローンで自宅まで届けられる。

2018 9/24 6:00
大分

ドローン見て操って 大分市でフェスタ 子どもも企業も関心

障害物レースのコースでドローンを飛行させる子どもたち

 小型無人機ドローンの産業振興を目的とした県内初の「OITAドローンフェスタ2018」が23日、大分銀行ドーム(大分市)で開かれた。ドローンの操縦体験や、国内外の製造企業などによる見本市があり、家族連れなどでにぎわった。

2018 9/15 5:00
文化

関ジャニ、働き方改革実践の企業紹介 「グッとくる! カンパニー」  RKB制作、17日放送

 RKB毎日放送(福岡市)制作のバラエティー番組「関ジャニ∞のグッとくる! カンパニー~こんな会社で働きたい!~」が17日午前9時55分から、TBS系列全国28局ネットで放送される。 月末の金曜日に早めの退社を促す「プレミアムフライデー(プレ金)」ナビゲーター関ジャニ∞の大倉忠義、丸山隆平、横山裕が、充実した社員食堂を完備したり変わった休暇制度を導入したりするなど、最新の「働き方改革」を実践する企業約10社を紹介する。

2018 9/12 10:33
春秋

鳥が航空機と衝突する「バードストライク」は…

 鳥が航空機と衝突する「バードストライク」は国内で年間1600~1900件も発生している。幸い大事には至っていないが、鳥たちにとっては受難。

2018 9/12 6:00
佐賀

基山にドローンスクール開講 協会認定の操縦士育成 農業、災害現場など活躍期待

「ドローンスクールジャパン佐賀鳥栖校」でドローンを操作するインストラクター

 足場の点検や貸し出しを手掛ける「ダイワ」(福岡市)は8月24日、小型無人機ドローンの操縦技術を教える「ドローンスクールジャパン佐賀鳥栖校」を基山町小倉に開講した。建設業や農業など産業界の人手不足が課題となっており、ドローンの活用で事業の効率化を促すのが狙い。

2018 8/18 6:00
福岡

暮らし守る防災拠点 国交省九州技術事務所(久留米市)を見学

危険な場所でも作業できるパワーショベルなどの特殊重機や車両を多数保有する

 九州全域の公共インフラ整備や防災分野の技術開発を担う国土交通省九州技術事務所(久留米市高野1丁目)。水害や地震が起きた際は特殊車両と建設重機を繰り出し、人命救助や復旧活動に奮闘する。

2018 8/1 6:00
社会

「ドローン宅配」目視外実験 大分県、19年1月 山間部の買い物弱者支援

今年3月に実施されたドローンの目視飛行による宅配の実証実験=大分県佐伯市

 山間部の買い物弱者を支援しようと、大分県が来年1月にも、小型無人機ドローンの目視外飛行による宅配サービスの実証実験を始めることが分かった。これまでは安全確保から目視で監視できない場所の飛行は限られていたが、国が今夏から一定要件下で規制緩和する方針で、それを受けての取り組み。

2018 7/31 6:00
福岡

ドローン使い合同救助訓練 福岡市と民間団体

災害現場想定の運動場へ飛び立つドローン

 大規模な災害や事故時に小型無人機「ドローン」を活用する協定を結んだ福岡市と民間団体「九州ドローンコンソーシアム」は30日、早良区西入部の市消防学校で初めての合同救助訓練を実施した。 市消防局や同団体から約70人が参加。

2018 7/28 6:00
大分

9月にドローンフェスタ 産業振興へレースや見本市 大銀ドーム

 小型無人機ドローンの産業振興を図ろうと、県などは9月23、24日に「OITAドローンフェスタ2018」を大分銀行ドーム(大分市)で開催する。県内では初めての開催で、ドローンによる障害物レースや、関連企業の見本市などを計画している。

2018 7/19 17:22
科学・環境

福島のロボット拠点が一部開所へ ドローンの長距離試験が可能に

 福島県は19日、東日本大震災と東京電力福島第1原発事故からの復興に向け整備しているロボット研究開発拠点「福島ロボットテストフィールド」が20日に一部開所すると発表した。南相馬市と浪江町の約13キロにわたる空域で、小型無人機ドローンの長距離飛行試験が可能になる。

2018 7/6 17:12
文化芸能

ドローン落下も背中で演技 映画「パンク侍―」の綾野剛

 公開中のSF時代劇映画「パンク侍、斬られて候」の大ヒット御礼舞台あいさつが東京都内で開かれ、俳優の綾野剛と北川景子が、撮影秘話を語った。 町田康の小説を、石井岳龍監督、宮藤官九郎脚本で映画化。

2018 6/24 6:38
国際

後継指導者にメスード師 パキスタン武装勢力TTP

 【イスラマバード共同】ノーベル平和賞受賞者のマララ・ユスフザイさん襲撃事件などを起こしたイスラム武装勢力「パキスタンのタリバン運動(TTP)」は23日、米軍の小型無人機ドローンの攻撃により死亡した指導者ファズルラ師の後継に、宗教家のムフティ・ヌール・ワリ・メスード師を選出したと明らかにした。地元英字紙ドーンなどが報じた。

2018 6/17 6:00
福岡

若松の隆盛伝える鳥瞰図 吉田初三郎の1933年作 旧古河鉱業ビルで複製公開 石炭積み出し港を克明に

旧古河鉱業若松ビルで公開されている「若松市鳥瞰図」

 大正から昭和初期にかけて、全国各地の鳥瞰(ちょうかん)図を制作した絵師、吉田初三郎(1884~1955)による「若松市鳥瞰図」の複製が若松区本町1丁目の旧古河鉱業若松ビルで公開されている。日本一の石炭積み出し港として栄えた当時の若松の街を克明に描いた作品で、来場者にも好評という。

2018 6/15 22:50
国際

マララさん襲撃首謀者死亡 アフガン国防省が確認

 死亡した、マララさん襲撃の首謀者でイスラム武装勢力「パキスタンのタリバン運動(TTP)」指導者のファズルラ師(AP=共同)

 【カブール共同】アフガニスタン国防省は15日、2012年に起きたマララ・ユスフザイさん襲撃事件の首謀者でイスラム武装勢力「パキスタンのタリバン運動(TTP)」の指導者ファズルラ師が、隣国パキスタンとの国境近くのアフガン東部クナール州で、米軍の小型無人機ドローンの攻撃を受け死亡したと明らかにした。パキスタン軍も死亡を確認した。

2018 6/9 16:38
くらし

目指せ、夢の「空飛ぶ車」 20年実証実験も、開発活発

 プロドローンが開発に乗り出した空飛ぶ車「AEROCA」のイメージ図(同社提供)

 製造業が盛んな愛知県でベンチャー企業や、技術者の団体が「空飛ぶ車」の開発を進めている。2020年の実証実験開始を目指す企業もあり、映画で見た夢の乗り物は次第に現実味を帯びてきた。

2018 6/8 6:00
社会

九大箱崎跡をIoT都市に 自動運転バス、ドローン宅配 再開発指針

 九州大のキャンパス移転に伴う福岡市東区の同大箱崎キャンパス地区(約50ヘクタール)の再開発で、市と九大が策定する開発の基本指針「グランドデザイン」の全容が分かった。自動運転の車やバスを走らせるほか、ドローンを使った無人宅配を導入するなど、先端技術を活用した次世代社会インフラの街「スマートシティー」実現を目指す。

2018 6/5 17:10
くらし

八幡平にドラゴンアイ出現 観光協会「観光の目玉に」

 八幡平山頂付近の「鏡沼」に現れた「八幡平ドラゴンアイ」=5日午前、秋田県仙北市(小型無人機から)

 岩手、秋田両県にまたがる八幡平(1613メートル)山頂付近の「鏡沼」に「八幡平ドラゴンアイ(竜の目)」が出現した。沼中心部に雪が残ったまま、周囲に雪解け水がドーナツ状にたまることで“巨大な生き物の目玉”のように見える。

2018 6/1 6:00
佐賀

ドローンで水難者捜索 白石、鹿島署が訓練 豪雨災害に備え

白石町の遊水池であった訓練で水難者を探すドローン

 白石、鹿島の両署は5月29日、局地的豪雨で塩田川が氾濫し、住民が流されたことを想定した水難救助訓練を白石町新拓の遊水池で行った。小型無人機(ドローン)を活用し、沿岸からの目視では発見できない水難者を救助した。

2018 5/29 19:47
科学・環境

豪雨で実験、ドローン飛べた 安全指標づくり目指す

 毎時300ミリの人工降雨の中を飛行するドローン=29日午後、茨城県つくば市の防災科学技術研究所

 大雨の中でも小型無人機ドローンを安全に飛ばせるかどうかを調べる実験が29日、茨城県つくば市の防災科学技術研究所の人工降雨施設で行われた。防水仕様のドローンは1時間当たり300ミリの豪雨でも落下せずに飛行した。

PR

PR