まとめ

「連載:和食力」

「連載:和食力」に関するこれまで扱われたニュース一覧を最新順に掲載しています。

2015 11/25 11:27
くらし

【和食力】おでん だしと具材の調和 うま味、風味 和の「原点」

 温かい鍋物が恋しい季節になった。1番人気はおでんという。

2015 11/11 14:11
くらし

【和食力】自家製みそ 感動と難しさ 水分減、分解進みすぎ?

 仕込んで以来、108日ぶりの再会だった。ひと夏を過ごした自家製のみそ。

2015 10/14 14:33
くらし

【和食力】地域の味守るしょうゆ 筑豊食品工業と福岡県醸造組合 技術究め大臣賞

「地域の食文化を守りたい」と語る藤浩太郎社長

 「九州のしょうゆの品質の高さを示せた。自信になります」。

2015 10/7 14:48
くらし

【和食力】しょうゆ 広がる用途 福岡市の福萬醤油 スイーツ用やスプレー式販売

かつての看板を飾った店舗で幅広い商品をPRする大浜大地社長

 「サラダやあえものにどうぞ」「塩分0%仕込み〓(〓はハートマーク)」「だしのちがいをお楽しみください」 書店さながらのカラフルなポップ広告が目を引く。しょうゆ店らしからぬにぎやかさだ。

2015 9/23 14:44
くらし

【和食力】しょうゆ 発酵が決め手 ミツル醤油醸造元 自社醸造にこだわり

もろみを入れた布袋が収まる圧搾機をのぞく城慶典さん

 約40年ぶりに自社醸造したしょうゆ「生成(きな)り、」は香ばしい香りが評判を呼んだ。福岡県糸島市二丈深江の「ミツル醤油(しょうゆ)醸造元」。

2015 9/16 18:09
くらし

【和食力】「食育保育園」映画に 玄米食やみそ造り 記録 監督VINさん 「はなちゃん」きっかけ

高取保育園で給食の様子を撮影するVINOOTAさん

 玄米和食の給食やみそ造りなどユニークな食育で知られる高取保育園(西福江園長、213人)=福岡市早良区=のドキュメンタリー映画が製作される。監督は、食を改め病気を乗り越えた体験を持つ映像作家のVIN OOTAさん(54)=東京都。

2015 8/19 13:58
くらし

【和食力】麹普及へ「種」造り 福岡・椛島商店 自家製みそセット販売

麹を造るのに用いる種麹。原料の千分の1の量を混ぜる

 テーブルの上に試験管やフラスコが並び、さながら実験室だ。和食に欠かせないみそやしょうゆの醸造に用いる麹(こうじ)のもと、種麹がここで生まれる。

2015 8/12 13:43
くらし

【和食力】麹造り「子育てと同じ」 熊本・水俣市「緒方糀屋」 伝統製法を継承

室蓋を手に出来上がった麹を確認する緒方信秀さん

 ジャズが流れる店の奥には、広さ6畳に満たない半地下の木室(きむろ)がある。約1キロの麹(こうじ)が入った木製の室蓋(むろぶた)がびっしりと並ぶ。

2015 8/5 14:03
くらし

【和食力】みそのうま味 無限の調和 微生物が生む自然の恵み

親子でみそ造り。まず、たらいで原料をよく混ぜ合わせる

 塩をまぶした麹(こうじ)と、大豆を煮てつぶした粉、それに減塩用の甘酒麹をたらいで混ぜ合わせる。みその仕込みはこうして始まった。

2015 7/22 13:54
くらし

【和食力】自然との共生 底流に 映画「千年の一滴 だし しょうゆ」

畑に火を放つ椎葉クニ子さん

 九州山地の山深い森で伝統の焼き畑農業を続ける椎葉クニ子さん(91)=宮崎県椎葉村=も主人公の一人として登場する。木の幹に耳を当て、樹液の流れが止まっているかどうかを確かめる。

2015 7/15 13:04
くらし

【和食力】冷や汁 庶民の知恵 麦飯食べやすく 栄養満点

冷や汁は家庭料理にプロの技が加わり、宮崎を代表する郷土料理になった

 口の中に甘いみその味が広がった。もう一口食べると大葉の香りが、もうひとかみするとミョウガの風味が鼻に抜ける。

2015 7/8 14:27
くらし

【和食力】昆布 産地で違う味わい だしへの注目 海外でも

次男の亮さん(右)と店を営む中川敏行さん

 「博多の台所」と呼ばれる柳橋連合市場に隣接する雪吉昆布専門店(福岡市中央区)の店主、吉田和弘さん(72)は約20年前の出来事が忘れられない。 「いつものと違うやろ。

2015 6/17 11:34
くらし

【和食力】かつお節(下) 最高級生む熟練の技 原料、職人確保厳しく

かつお節を家族で作る宮下誠さん(左)一家

 「大きいカツオをさばくのは父と兄だけ。まだ任せてもらえないんです」  鹿児島県枕崎市の宮下鰹(かつお)節店の宮下誠崇(ともたか)さん(33)が少し照れた。

2015 6/10 14:11
くらし

【和食力】かつお節(上) 半年かけ うま味凝縮 カビ付け、天日干し 注意深く

煮熟を終えてカツオの骨を抜く。家族が黙々と作業する

 鉄製のかごが大釜から引き上げられ、湯気が一気に立ち上った。かごには煮上がったカツオの身が並ぶ。

2015 6/3 14:23
くらし

【和食力】だし 心身を育む 落ち着きに効果? 研究進む

高取保育園の給食。だしの効いたみそ汁やおかず、玄米、納豆などが並ぶ

 「○○ちゃんはご飯が大好きなんだよ。いつも山盛り」。

2015 5/13 14:22
くらし

【和食力】常備菜 先人の知恵 食材無駄なく 手際良く

「和食ではまだ駆け出しです」と話す野下文理さん

 自炊って面倒。お金も時間もかかる。

2015 4/22 11:46
くらし

【和食力】キノコ 健康効果に脚光 高血圧、糖尿病の改善も

培地から生えたシイタケをはさみで収穫する川村倫子さん

 清潔に管理されたハウス内にずらりと並ぶ棚。ぎっしり収められた四角い固まりからシイタケがにょきにょきと顔を出す。

2015 4/8 14:00
くらし

【和食力】旬のレシピ 湧くワク 管理栄養士目指す 中3・吉原さん 食で四季楽しむ

「旬を味わうのが和食の魅力」。筑前煮を器に盛る吉原葵さん

 「新ゴボウは甘味があって大好きです」。得意料理という筑前煮を吉原葵さん(14)=中学3年=が器に盛ってくれた。

2015 3/25 11:49
くらし

【和食力】素材の味引き出す技 福岡の料理人 北島さん 海外で腕ふるう

「良い野菜を捨てることなく全部使います」と語る北島克正さん

 オランダの工業都市アイントホーフェンの一つ星レストランの厨房(ちゅうぼう)は思いのほか広かった。ただ、食材も水も日本とは違う。

2015 3/18 13:21
くらし

【和食力】茶料理 もてなしの心 香りや季節感 五感で味わう

茶料理のお節を味わう中国、インドの留学生たち。右奥に立つのが料理を振る舞った谷晃館長

 ほんのり甘い白みそ仕立ての雑煮が京都らしい。黒豆、数の子、田作り…。

PR

PR

注目のテーマ