まとめ

「北朝鮮ミサイル」

「北朝鮮ミサイル」に関するこれまで扱われたニュース一覧を最新順に掲載しています。

2021 6/1 6:00
国際

米、韓国のミサイル開発制限を撤廃 北京を射程、北朝鮮は反発

 【ソウル池田郷】韓国のミサイル開発を制限してきた米韓ミサイル指針が撤廃され、内外に波紋を広げている。5月21日の文在寅(ムンジェイン)大統領とバイデン米大統領の初会談で合意し、自主国防を目指す文氏は成果と誇示するが、北朝鮮は31日、「敵対行為だ」と強く反発した。

2021 3/27 12:09
国際

北朝鮮、ミサイル発射を正当化

 25日、新型戦術ミサイルの発射実験を視察する李炳哲朝鮮労働党書記(右から3人目)(朝鮮中央通信=共同)

 【北京共同】北朝鮮の李炳哲朝鮮労働党書記は27日、朝鮮中央通信を通じて25日の弾道ミサイル発射実験を正当化する談話を発表した。バイデン米大統領が発射は国連安全保障理事会の決議違反だと明言したことに対し「自衛権に対する露骨な侵害であり、挑発だ」と反発。

2021 3/27 6:00
国際

「北朝鮮ミサイル発射は決議違反」 バイデン大統領就任65日で初会見

25日、米ホワイトハウスで開かれた就任後初の記者会見で話すバイデン大統領(AP=共同)

 【ワシントン金子渡】バイデン米大統領は25日、1月の就任後初めて記者会見を開いた。前日(日本時間25日朝)に弾道ミサイルを発射した北朝鮮を国連安全保障理事会の決議違反だと非難し「もし事態をエスカレートさせるなら、それに応じた対応を取る」と警告。

2021 3/26 6:00
国際

北朝鮮が弾道ミサイル2発 日本のEEZ外 1年ぶり、バイデン政権で初

 北朝鮮は25日、弾道ミサイル2発を日本海に向けて発射した。日本政府や韓国軍合同参謀本部によると、同日午前7時4分と同23分、東部・咸鏡南道付近から発射され、約450キロ飛行。

2021 3/26 6:00
国際

北朝鮮の短距離弾道ミサイル黙認か否か バイデン政権の試金石に

北朝鮮による弾道ミサイル発射数

 北朝鮮が約1年ぶりに弾道ミサイルを発射したのは、バイデン米政権の出方を探る狙いがあるとみられる。使用したのはトランプ前大統領が米本土に届かないため問題視しなかった短距離弾道ミサイルだが、新政権も国連安全保障理事会決議に反する挑発を黙認すれば、国際協調や日米韓の安全保障協力を重視する新政権の基本理念を踏み外しかねない。

2021 3/25 13:19
国際

北朝鮮、1月にも巡航ミサイル

 【ソウル共同】韓国紙、中央日報は25日、北朝鮮がバイデン米大統領の就任式直後の1月22日にも巡航ミサイルを発射していたと報じた。複数の政府消息筋の話としている。

2021 3/24 5:19
国際

北朝鮮、巡航ミサイル2発を発射

 23日、住宅建設着工式で演説する北朝鮮の金正恩総書記=平壌(朝鮮中央通信=共同)

 【ワシントン、ソウル共同】韓国軍合同参謀本部関係者は24日、北朝鮮が21日午前に巡航ミサイルと推定される2発を発射したと明らかにした。米政府高官は23日の電話記者会見で、北朝鮮が先週末に「短距離システム」の実験をしたと述べた。

2021 1/16 19:02
国際

北朝鮮新型ミサイル西日本射程も

 14日、平壌の金日成広場で行われた軍事パレードで公開された、固体燃料型の新型短距離弾道ミサイル。15日付の労働新聞が掲載した(コリアメディア提供・共同)

 【北京共同】米ミサイル専門家のマイケル・エレマン氏は15日、北朝鮮が14日の軍事パレードで公開した新型弾道ミサイルは固体燃料型で、射程は700~900キロと推定されるとの分析を発表した。西日本の一部が射程に入る恐れがあり、日米韓当局が分析を進めている。

2020 5/7 20:27
国際

北朝鮮に新ミサイル施設か

 【ワシントン、ソウル共同】米シンクタンクの戦略国際問題研究所(CSIS)は5日、衛星写真に基づき、北朝鮮の平壌国際空港近くで、弾道ミサイル開発計画に関連する可能性の高い新たな施設が今年後半にも完成し、運用開始の準備が整うとの分析結果を公表した。大陸間弾道ミサイル(ICBM)を収容できる規模の建物が含まれているとしている。

2020 5/6 6:57
国際

北朝鮮に新ミサイル施設か

 【ワシントン共同】米シンクタンクの戦略国際問題研究所(CSIS)は5日、衛星写真に基づき、北朝鮮の平壌国際空港近くで、弾道ミサイル開発計画に関連する可能性の高い新たな施設が今年後半にも完成し、運用開始の準備が整うとの分析結果を公表した。大陸間弾道ミサイル(ICBM)を収容できる規模の建物が含まれているとしている。

2020 4/25 22:13
国際

北朝鮮にミサイル兆候か

 【ソウル共同】韓国紙、東亜日報(電子版)は25日、米国が北朝鮮による中短距離ミサイルの発射兆候をつかんだと報じた。東部咸鏡南道・宣徳で移動式発射台が展開しており、米当局は早ければ48時間以内に発射する可能性があるとみているという。

2020 4/15 9:10
国際

北朝鮮発射は短距離ミサイル

 【ワシントン共同】米軍制服組トップのミリー統合参謀本部議長は14日、国防総省で記者会見し、北朝鮮が日本海側に向けて発射した数発の飛翔体について「短距離ミサイルで、米国にとって特に挑発や脅威だとは捉えていない」と述べた。  ミリー氏は発射について、15日が故金日成主席の生誕記念日「太陽節」に当たることから「国内で行われている祝賀行事に関係している可能性がある」と語った。

2020 4/14 14:19
国際

北朝鮮が巡航ミサイル発射

 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(朝鮮中央通信=共同)

 【ソウル共同】韓国軍合同参謀本部は14日、北朝鮮が同日午前7時ごろから約40分間にわたり、南東部の江原道文川付近から短距離巡航ミサイルと推定される数発の飛翔体を北東の日本海側に向けて発射したと明らかにした。韓国軍当局者によると、飛行距離は150キロ以上とみられる。

2020 3/29 6:43
国際

北朝鮮が弾道ミサイル発射

 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(朝鮮中央通信=共同)

 【ソウル共同】韓国軍合同参謀本部は29日、北朝鮮が同日午前6時10分ごろ(日本時間同)、東部元山から北東方向の日本海に向け、短距離弾道ミサイルと推定される飛翔体2発を発射したと発表した。日本政府によると、日本の排他的経済水域(EEZ)外に落下したとみられる。

2020 3/22 7:43
国際

北朝鮮、新型ミサイル近く配備か

 北朝鮮が21日に発射したミサイル。朝鮮中央通信は「戦術誘導弾」としている(朝鮮中央通信=共同)

 【北京共同】北朝鮮の朝鮮中央通信は22日、金正恩朝鮮労働党委員長が21日、新たな武器体系である「戦術誘導弾」の模範射撃を視察したと伝えた。朝鮮人民軍部隊に引き渡されるとしており、新型短距離弾道ミサイルの実戦配備段階に入ったとみられる。

PR

開催中

映像シアター

  • 2021年7月17日(土) 〜 2021年7月29日(木)
  • 福岡市保健環境学習室 まもるーむ福岡

PR