まとめ

「鉄道」

「鉄道」に関するこれまで扱われたニュース一覧を最新順に掲載しています。

2020 12/1 16:39
くらし

津軽鉄道ストーブ列車運行始まる

 運行が始まった津軽鉄道の「ストーブ列車」の車内=1日午後、青森県五所川原市

 青森県津軽地方の冬の風物詩として知られる、津軽鉄道(青森県五所川原市)の「ストーブ列車」が1日、運行を始めた。雪がちらつく寒さの中、「だるまストーブ」に石炭がくべられると車内にぬくもりが広がった。

2020 11/22 6:00
福岡

平成筑豊鉄道「ことこと列車」 クリスマスは特別仕様

クリスマスバージョンの運行を予定する「ことこと列車」

 平成筑豊鉄道(福岡県福智町)のレストラン列車「ことこと列車」が12月24、25日、直方市から田川市までクリスマスバージョンで運行する。JR九州の豪華寝台列車「ななつ星in九州」を手掛けた水戸岡鋭治さんがデザインした車両で、この日のために考案されたフレンチやピアノの生演奏が楽しめる。

2020 11/19 6:00
福岡

平成筑豊鉄道「スイーツカフェトレイン」走らずカフェに変身 福岡

車内ではギターの生演奏が花を添えた

 平成筑豊鉄道(福岡県福智町)のレストラン列車「ことこと列車」が18日、同町の金田駅のホームに停車したまま、特製デザートを提供するカフェとして開店した。水戸岡鋭治さんのデザインによる豪華な車両を有効活用しようと町が企画した「スイーツカフェトレイン」というイベント。

2020 11/9 16:49
くらし

西武鉄道も終電繰り上げへ

 西武鉄道は9日、来春から山口線と多摩川線を除く全線で終電時刻を20~30分ほど繰り上げると発表した。始発時刻は繰り下げない。

2020 11/5 16:10
くらし

「鉄道神社」設立へ資金募る

 神社の“ご神体”となるディーゼル気動車「キハ222」=9月、茨城県ひたちなか市

 茨城県ひたちなか市のローカル線で半世紀近く活躍した引退車両を“ご神体”とする「鉄道神社」の設立を目指す市民団体が5日、車両の修繕と再塗装に充てる資金をインターネット上で募るクラウドファンディングを始めた。目標額は380万円で、募集期間は12月20日まで。

2020 11/4 11:00
熊本

肥薩おれんじ鉄道 復興支援イベントを 出田社長に聞く「これから」

インタビューに答える肥薩おれんじ鉄道の出田貴康社長

 7月豪雨で被災した第三セクターの肥薩おれんじ鉄道(熊本県八代市)は1日、不通が続いていた八代-佐敷間の復旧工事を終え、約4カ月ぶりに全線で運転を再開した。同社の出田貴康社長(63)に今後の取り組みなどを聞いた。

2020 11/2 8:31
くらし

三セク鉄道で名画鑑賞実現へ

 大原美術館が所蔵する名画をあしらった車両を走らせるため、資金を募るチラシ(井原鉄道提供)

 岡山県総社市と広島県福山市を結ぶ第三セクターの井原鉄道(岡山県井原市)は2日、大原美術館(同県倉敷市)が所蔵する名画をあしらった車両を走らせようと、インターネットを通じて資金を募るクラウドファンディングを始めた。  ルノワールやエル・グレコなどの名画を郵便切手のようなデザインにし、1車両の内側と外側にラッピングする。

2020 11/2 8:00
福岡社会

「ことこと列車」カフェに 平筑鉄道金田駅 スイーツやランチ提供

ホームに止めた車内で「1日カフェ」が開かれる「ことこと列車」(平成筑豊鉄道提供)

 普段は福岡県筑豊・京築地区を走る平成筑豊鉄道(同県福智町)のレストラン列車「ことこと列車」が18、19日、同町の金田駅に停車したまま「1日カフェ」として開店する。JR九州の豪華寝台列車「ななつ星in九州」も手掛けた水戸岡鋭治さんデザインによる豪華車両で、特製スイーツやランチを楽しめる。

2020 10/29 11:00
熊本

豊肥線乗り入れ目指す 南阿蘇鉄道再生協 JRと協議へ

南阿蘇鉄道のJR豊肥線乗り入れへの期待を語る草村大成高森町長

 2016年の熊本地震で被災した第三セクター南阿蘇鉄道(熊本県高森町)の沿線自治体などで構成する南阿蘇鉄道再生協議会は27日、23年夏の全線開通に合わせて、立野駅(南阿蘇村)を経由し、JR豊肥線の肥後大津駅(大津町)への乗り入れを目指すことを確認した。今後JR九州と協議する。

2020 10/26 11:00
熊本

線路歩いて復旧実感 肥薩おれんじ鉄道 11月全線再開へ

土砂撤去が終わった佐敷トンネル出口を歩く参加者たち

 7月豪雨で被災した第三セクター肥薩おれんじ鉄道(熊本県八代市)は25日、11月1日の全線運転再開を前に、芦北町で復旧した線路を歩くイベントを開いた。鉄道愛好家ら58人が、土砂撤去が完了した佐敷トンネル周辺を見学し、約4カ月ぶりの運転再開に期待を膨らませた。

2020 10/21 6:00
熊本社会

肥薩線復旧「全線鉄道で」 沿線16市町村がJRに要望

要望書をJR九州の古宮洋二取締役専務執行役員(中央左)に提出した「肥薩線利用促進・魅力発信協議会」のメンバー=20日午後2時すぎ、福岡市のJR九州本社

 7月の豪雨で球磨川を渡る鉄橋が流失するなどし一部区間が不通になっているJR肥薩線について熊本、鹿児島、宮崎3県の沿線16市町村でつくる「肥薩線利用促進・魅力発信協議会」は20日、福岡市のJR九州本社を訪れ、鉄道での全線復旧と運休期間中に交通利便性が低下しないよう求める要望書を提出した。 要望書は肥薩線について「100年以上にわたり沿線地域の生活、経済を支えてきた。

2020 10/15 17:39
くらし

富士山の登山鉄道構想で提言

 有識者でつくる富士山世界文化遺産学術委員会(遠山敦子委員長)が15日、オンライン会合を開き、富士山の麓と5合目を結ぶ「富士山登山鉄道構想」について「影響評価を実施するべきだ」などとする中間提言を取りまとめた。山梨県の長崎幸太郎知事が設置した「富士山登山鉄道構想検討会」に提言する。

2020 10/12 19:32
熊本社会経済

肥薩おれんじ鉄道11月に全線再開 佐敷トンネル付近の土砂撤去完了

不知火海沿いを走る肥薩おれんじ鉄道の列車=熊本県芦北町(同社提供)

 熊本県南部で7月に発生した豪雨災害で、八代-佐敷間(29・8キロ)の不通が続いている第三セクターの肥薩おれんじ鉄道(同県八代市)は12日、11月1日から全線で運行を再開すると発表した。 同社によると、八代-佐敷間にあり、大規模な崖崩れでふさがっていた佐敷トンネル出口付近の土砂撤去が完了し、全線復旧の見通しが立ったという。

2020 10/11 11:00
佐賀

佐賀にあった「幻の鉄道」 運行わずか16年…面影をたどってみた

肥前電気鉄道の塩田停車場と電車(NPO法人潮高満川提供)

 かつて佐賀県嬉野市内を電車が走っていたことをご存じだろうか? 大正から昭和にかけて嬉野温泉街(同市嬉野町)と塩田(同市塩田町)を結び、わずか16年で廃止になった「幻の鉄道」。当時を知る人や現場を訪ね、名残を探った。

2020 10/11 6:00
福岡社会

鉄道での性犯罪が増加傾向 コロナ自粛緩和で「密」戻る…警戒を

イメージ

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う自粛ムードが落ち着きをみせ、公共交通機関の利用者が増える中、鉄道関連の痴漢や盗撮などの性犯罪が目立つようになった。福岡県警によると、九州有数の鉄道網がある福岡県内の今年3~5月の被害情報は26件。

2020 10/10 6:00
福岡宮崎社会連載

【動画あり】乗り鉄の憧れ…「日本一」の特急に乗ってみた 全区間413.1キロの旅

「にちりんシーガイア24号」で使われている787系。鉄道デザインの国際的な賞「ブルネル賞」に輝いた名車だ

 JR九州には、ある「日本一」の称号を持つ特急がある。博多-宮崎空港間を6時間前後で結ぶ「にちりんシーガイア」だ。

2020 10/8 6:00
鹿児島社会

「鉄印」人気 三セク鉄道連携 復旧後押し 肥薩おれんじ鉄道

鉄印帳(左)と手書きの鉄印

 熊本県八代市と鹿児島県薩摩川内市を結ぶ第三セクター「肥薩おれんじ鉄道」(八代市)で、寺社の御朱印の鉄道版「鉄印」が人気を呼んでいる。 鉄印は全国の第三セクターの鉄道40社が連携して7月に始まった。

2020 9/29 6:00
福岡

「ことこと列車」田川伊田発着に 平成筑豊鉄道のレストラン列車

平成筑豊鉄道のレストラン列車「ことこと列車」

 平成筑豊鉄道は10月3日から、田川伊田駅(福岡県田川市)発着のレストラン列車「ことこと列車」の運行を開始する。土日祝日の1日1便で12月27日まで。

2020 9/27 14:37
社会

鉄道自動運転へ視界良好 前方監視センサー開発進む 半導体商社セミナーから

ITDLab社のステレオカメラを用いた実験画像。高解像度で遠方まで物体検出ができる(マクニカ提供)

 人工知能(AI)を活用した自動運転は、何も自動車業界の“専売特許”じゃない。鉄道の世界でも実用化に向け技術やシステムの開発、実証実験が進んでいる。

2020 9/26 11:00
福岡佐賀長崎社会連載

【動画あり】アニメ「聖地」を列車で巡礼 鉄道記者のマニアックな旅

「君の膵臓をたべたい」で、桜良(左)と「僕」が博多駅から福岡の街へ繰り出すシーン(C)住野よる/双葉社(C)君の膵臓をたべたいアニメフィルムパートナーズ

 鉄道とアニメ作品は、意外と相性がいい。大ヒットした新海誠監督の「君の名は。

PR

PR

注目のテーマ