まとめ

「鉄道」

2019 8/21 5:00
くらし

鉄道会社と都が会議


                  民間鉄道会社と首都圏の鉄道の混雑緩和策を話し合う会議で、あいさつする東京都の小池百合子知事=20日午後、東京都庁

 東京都は20日、民間鉄道会社と共に、首都圏の鉄道の混雑緩和策を技術面から話し合う会議を開いた。2020年東京五輪・パラリンピック期間中の交通混雑を避けるため、都は時差出勤やテレワークを促す取り組みを進めており、担当者は「ソフト面に加え、ハード面でも有効な方法を検討したい」としている。

2019 8/13 20:42
くらし

JR東海の鉄道館500万人突破


                  「リニア・鉄道館」の500万人目の入館者となり、記念品を贈られた高田知穂さん(後列左)一家=13日、名古屋市

 JR東海が運営する博物館「リニア・鉄道館」(名古屋市)の入館者が13日、500万人に達した。東海道新幹線を中心に、蒸気機関車(SL)やリニアモーターカーの車両を展示しており、リピーターや外国人観光客を順調に増やした。

2019 8/10 6:00
福岡

「源じいさん」列車運行 平成筑豊鉄道 赤村村制130周年記念

「あか村 村制130周年記念号」と書かれたラッピング列車

 赤村の村制130周年を記念し、村のマスコットキャラクター「源じいさん」をあしらったラッピング列車が平成筑豊鉄道の路線を走っている。11月19日まで。

2019 8/1 5:56
くらし

北陸の鉄道遺産、カードでPR


                  旧北陸線トンネルを紹介するカード

 明治時代に開業し、福井、滋賀両県を結んだ旧北陸線トンネル群をPRしようと、沿線自治体でつくる観光協議会がトンネルを紹介するカードを作り、周辺の公共施設などで配っている。現存する13のトンネルは全て車で訪れることができ、鉄道黎明期の建設技術に間近で触れてもらい、観光客の増加につなげたい考えだ。

2019 7/31 6:00
福岡

鉄道遺産たんこう本に 漫画「鉄子の旅 3代目」第4集

発売記念グッズの「三池炭鉱専用鉄道の旅マップ」⒞霧丘晶・横尾浩彦/小学館「サンデーGX」

 小学館が発行する鉄道漫画「鉄子の旅 3代目」の単行本第4集に、大牟田市で現役稼働中の「炭鉱電車」や世界文化遺産の「三池炭鉱専用鉄道敷」などが収録された。発売記念グッズとして「三池炭鉱専用鉄道の旅マップ」も2千部作製、大牟田観光プラザなどで無料配布している。

2019 7/29 12:23
くらし

富士山登山鉄道、検討開始


                  「富士山登山鉄道構想検討会」の第1回理事会であいさつする山梨県の長崎幸太郎知事=29日午前、東京都千代田区

 「富士山登山鉄道構想検討会」(会長・御手洗冨士夫経団連名誉会長)が29日、第1回理事会を東京都内で開き、鉄道の事業主体やルートを盛り込んだ基本構想案を、2020年12月までにまとめることで一致した。  検討会は1月の山梨県知事選で同鉄道を公約した長崎幸太郎知事が設置。

2019 7/2 6:00
大分

日田市長「鉄道復旧望む声圧倒的」 解決へ国の関与求める

 九州豪雨で被災したJR日田彦山線を巡り、日田市が開いたJR九州の復旧案の説明会について、原田啓介市長は1日、「他の沿線自治体も含めても鉄道復旧を望む声は圧倒的に多い。問題解決に向けて国にも関与してほしい」と述べた。

2019 6/30 6:00
大分

「鉄道は地域の財産」 日田市で日田彦山線住民説明会 BRT望む声も

被災したJR日田彦山線には、レールが外されている場所もある。結論はいつ出るのか

 「鉄道は財産、残してほしい」「バス輸送もやむを得ないのではないか」‐。九州豪雨で被災したJR日田彦山線の復旧を巡り、JR九州が示した3案の説明会が29日、日田市で開かれ、さまざまな意見が寄せられた。

2019 6/29 6:00
福岡経済

平成筑豊鉄道「令和」新駅 行橋に8月24日開業

「令和コスタ行橋」駅のイメージ図

 福岡県の筑豊、京築地区を走る第三セクターの平成筑豊鉄道(同県福智町)と同県行橋市は28日、同市の大型複合商業施設・コスタ行橋近くに、新元号を冠した新駅「令和コスタ行橋」を8月24日に開業すると発表した。新駅設置は16年ぶり。

2019 6/25 17:48
くらし

三陸鉄道、ラグビー仕様列車公開


                  公開された三陸鉄道リアス線のラッピング列車「スクラムいわてフィフティーン号」=25日、岩手県釜石市

 9月開催のラグビーワールドカップ(W杯)日本大会を盛り上げるため、岩手県釜石市の釜石駅で25日、三陸鉄道リアス線の車両をラグビー仕様にしたラッピング列車「スクラムいわてフィフティーン号」が、報道陣に公開された。  赤と白のしま模様の日本代表ジャージーを着た、県のPRキャラ「そばっち」や県内市町村のご当地キャラ計35体が、スクラムを組んで並ぶ様子が描かれている。

2019 5/25 6:00
熊本

ビール列車、お1人でもどうぞ おれんじ鉄道、受け付け開始

夕日が沈む東シナ海沿いを走る肥薩おれんじ鉄道

 八代市と鹿児島県薩摩川内市を結ぶ肥薩おれんじ鉄道は、海原を眺めながらビールを味わえる夏の風物詩「ビアトレイン」の予約受け付けを始めた。「1人や少人数で利用したい」という要望に応え、今年から従来の団体貸し切りプランに加え、小グループ・個人プランを用意する。

2019 5/17 6:07
佐賀

新幹線模型、家中を疾走 江北町の山口さん宅 1周50メートル臨場感満点

山口さん宅の鉄道模型のレールは1周50メートルを超す

 江北町山口の山口雅英さん(64)が2、3の両日、自宅の3部屋や廊下、縁側にまでレールを張り巡らせた1周50メートル超の鉄道模型を公開した。親子連れなど約50人が訪れ、臨場感を楽しんだ。

2019 5/15 6:00
長崎

島原鉄道が111年記念誌 SL、ディーゼル車両満載 廃止の沿線風景も

島原鉄道で活躍した車両にスポットを当てて編集された「島原鉄道111年物語」

 1872(明治5)年に日本で初めて開通した鉄道を走った蒸気機関車「1号機関車」(国の重要文化財)も活躍した「島原鉄道」(島原市)が、創立111周年記念誌「島原鉄道111周年物語」を発行した。1908(同41)年の創業から大正、昭和、平成にかけて同社の鉄路を駆け抜けた車両たちにあらためてスポットを当てている。

2019 5/13 6:00
長崎

長崎走った高速バス、MR、ブルトレ 東南アジアで今も“現役” ゆかりの表記残し乗客運ぶ

ミャンマー南部を走るバス。「ハウステンボス」など日本語の表記が残る

 かつて長崎の人たちを乗せた列車やバスが、東南アジアで再利用されている。昨年末に現地を訪ねてみると、車体は少し古くなったが、見覚えのある日本語表記を残したまま異国を走っていた。

2019 5/12 6:00
福岡

朝倉巡りは自転車で 観光協会がレンタル開始

あさくら観光協会などが貸し出しを始めたレンタル自転車「A-1」モデル

 朝倉地方はレンタル自転車で巡ろう-。あさくら観光協会と朝倉市、筑前町、東峰村は、地元を拠点に立ち上がった新自転車ブランドのオリジナル車体を使って今月からレンタル自転車を始めた。

2019 5/10 6:00
熊本

県議長に井手氏、副議長に田代氏 改選後初の臨時会

井手順雄氏

 県議会は9日、改選後初の臨時本会議を開き、議長に井手順雄氏(59)=自民、熊本市第2区、副議長に田代国広氏(76)=自民、菊池郡区=をそれぞれ選出した。 井手氏は1999年に初当選し現在6期目。

2019 5/6 17:24
くらし

近江鉄道のあかね号がラストラン 西武の401系を改造

「あかね号」の愛称で親しまれた近江鉄道の700形車両=6日、滋賀県甲良町

 流線形の外見が特徴で「あかね号」の愛称で親しまれた近江鉄道(滋賀県彦根市)の700形車両が6日、運行を終了し、ファンらがラストランで別れを惜しんだ。 同社によると、あかね号は西武鉄道401系を特急電車風に改造し、1998年にデビュー。

2019 5/3 6:00
福岡

ボルク北九州が今季のユニホーム発表 松本零士さんに贈る

松本零士さん(中央)たちに贈られたボルクバレット北九州の今季のユニホーム

 プロフットサルのFリーグ2部の「ボルクバレット北九州」(北九州市)は2日、小倉北区の北九州芸術劇場で今季のユニホームを発表し、市ゆかりの漫画家松本零士さんらに贈った。 ユニホームは中間市の縫製加工業「イング」が手掛ける。

2019 5/2 6:00
長崎

新時代へ願いを込めて 令和元年スタート

長崎市役所には、婚姻届を提出するカップル向けに生花で彩ったハート形のオブジェが用意された

 令和初日の1日、県内各地でさまざまな記念イベントや祝賀の売り出しがあり、多くの人出でにぎわった。足を運んだ人は、新たな時代の幕開けを思い思いに過ごした。

2019 5/2 6:00
福岡

筑豊でも新時代祝う 令和迎え儀式や企画

婚姻届を提出し、宮若市のイメージキャラクター「追い出し猫」と記念撮影するカップル

 令和が始まった1日、筑豊地区でも婚姻届を提出するカップルや新たな時代の幸福を祈る人の姿が見られた。 宮若市役所は、午前8時半の婚姻届の受け付け開始前からカップルが訪れた。

PR

PR

注目のテーマ