まとめ

「臓器移植」

2019 4/28 18:03
科学・環境医療・健康

ブタ体内で人の膵臓、iPS利用 東大が年度内にも実施、国内初

 東京大の中内啓光特任教授は28日までに、人工多能性幹細胞(iPS細胞)を使って、ブタの体内で人の膵臓をつくる研究を実施する方針を明らかにした。将来、移植医療用として使うのが目的。

2019 4/26 20:05
科学・環境医療・健康

京都で6歳未満女児が脳死 大阪大などで移植

 日本臓器移植ネットワークは26日、京都府内の病院に入院していた6歳未満の女児が午前10時47分、臓器移植法に基づく脳死と判定されたと発表した。家族が臓器提供を承諾した。

2019 4/5 18:51
科学・環境

ブタを使って人の腎臓再生 慈恵医大、iPS細胞で

 東京慈恵医大と大日本住友製薬は5日、人工多能性幹細胞(iPS細胞)とブタの胎児組織を使って、人の体内で腎臓を作る再生医療の共同研究を始めたと発表した。サルで安全性や効果を確認した後、3年後に人での臨床研究に進み、2020年代に実用化を目指す。

2019 4/4 21:15
科学・環境医療・健康

埼玉で6歳未満の女児が脳死 大阪大などで臓器移植へ

 日本臓器移植ネットワークは4日、急性脳症で埼玉県立小児医療センターに入院していた6歳未満の女児が3日午後5時6分、臓器移植法に基づく脳死と判定されたと発表した。家族が臓器提供を承諾した。

2019 2/25 14:18
科学・環境

脳死判定の拠点病院選定へ 医師派遣で臓器提供支援、厚労省

1999年、1例目の脳死判定が行われた高知赤十字病院で、運ばれる臓器が入ったクーラーボックス=高知市

 厚生労働省が、臓器提供のための脳死判定の経験が豊富な病院の中から「拠点施設」を選び、経験の少ない連携施設に医師らを派遣するなどして支援する取り組みを始めることが25日、分かった。判定を行う病院を増やし、臓器提供数を増やすのが狙い。

2019 2/24 6:00
社会

「あいつなら臓器提供する」18歳の命つないだ家族の決断

臓器摘出手術を直後に控える四男の手を、長男、次男、三男、末っ子の長女が包んだ(家族提供)

 臓器移植法の下、国内で初めて行われた脳死移植から今月末で20年となる。年10件前後で推移していた臓器提供者は、本人の意思が不明でも家族の承諾があれば提供できる改正臓器移植法の施行(2010年)後、徐々に増えてきた。

2019 2/24 0:10
科学・環境医療・健康

脳死肺移植、実施100例 岡山大病院が成功、女児に

岡山大病院で100例目となる脳死肺移植手術を終え、記者会見する臓器移植医療センターの大藤剛宏教授=23日午後、岡山市

 岡山大病院は23日、同病院で100例目となる脳死肺移植を実施し成功したと発表した。生体肺移植を含めると190例目。

2019 2/22 18:23
科学・環境医療・健康

山形で6歳未満女児が脳死と判定 11例目、岡山大などで臓器移植

 日本臓器移植ネットワークは22日、病気が原因の低酸素性脳症で山形県内の病院に入院していた6歳未満の女児が21日午後5時27分、臓器移植法に基づく脳死と判定されたと発表した。家族が臓器提供を承諾した。

2019 2/17 19:45
科学・環境医療・健康

群馬で6歳未満男児が脳死 10例目、東北大などで移植

 日本臓器移植ネットワークは17日、群馬県内の病院に脳症で入院していた6歳未満の男児が16日午後11時5分、臓器移植法に基づく脳死と判定されたと発表した。家族が臓器提供を承諾した。

2019 1/15 17:36
科学・環境

若手6人に日本学士院学術奨励賞 東京医科歯科大の武部氏ら

 日本学士院は15日、優れた若手研究者を対象とした「日本学士院学術奨励賞」に、人工多能性幹細胞(iPS細胞)の技術を応用し、臓器移植に代わる新たな治療法の開発を目指す東京医科歯科大の武部貴則教授(32)=幹細胞生物学=ら6人を選んだと発表した。 ほかの5人は、東京大の大内正己准教授(42)=銀河天文学=と、合田圭介教授(44)=光科学、スタンフォード大の小島武仁准教授(39)=ゲーム理論、九州大の竹村俊彦教授(44)=気候変動、日本学術振興会の安岡義文特別研究員SPD(38)=古代地中海美術史。

2018 12/20 6:19
科学・環境医療・健康

遺族コメント削除、不適切と批判 15年女児脳死の移植ネット対応

 2015年1月、日本臓器移植ネットワークが6歳未満女児の脳死臓器提供を発表した際、女児の両親のコメントを一部削除したのは「不適切な対応だった」とする調査結果を、厚生労働省の有識者検証会議がまとめたことが20日、分かった。 当時も批判の声があったが、国の検証でも問題があったと改めて認められた。

2018 12/8 19:09
科学・環境医療・健康

子宮移植、日本医学会で議論 慶応大の臨床研究の計画

 日本産科婦人科学会は8日、生まれつき子宮がない女性に第三者の子宮を移植する慶応大の臨床研究の計画について、さまざまな医学系学会が加盟する日本医学会で検討する方針になったと発表した。 この治療は妊娠出産が目的だが、安全性や倫理面の課題について、臓器移植や生殖、生まれた子のケアなど幅広い観点から実施の是非を議論する必要がある。

2018 11/7 20:34
科学・環境医療・健康

子宮移植の計画案を提出、慶応大 学会で対応検討へ

子宮移植の仕組み

 生まれつき子宮がない女性に第三者の子宮を移植する臨床研究の計画案を、慶応大のチームが7日、日本産科婦人科学会などに提出した。妊娠出産が目的で、生命維持のために行う他の臓器移植とは異なるため、実施には慎重な意見もある。

2018 10/26 21:01
科学・環境医療・健康

政府、動物で人の臓器作製解禁へ 来春までに指針改正

文部科学省

 政府の生命倫理専門調査会は26日、人の臓器を持つ動物を作る研究を認めることで合意した。臓器移植などへの応用が期待されている。

2018 8/13 11:00
2018 7/22 0:56
科学・環境医療・健康

滋賀で6歳未満男児が脳死 9例目、大阪大などで移植

 日本臓器移植ネットワークは21日、滋賀県の近江八幡市立総合医療センターに低酸素脳症で入院していた6歳未満の男児が同日午前10時19分、臓器移植法に基づき脳死と判定されたと発表した。6歳未満の脳死が公表されるのは9例目で、法的脳死は540例目。

2018 6/26 19:35
科学・環境医療・健康

妊婦への免疫抑制剤解禁、厚労省 安全性を確認

 自己免疫疾患の治療や臓器移植後の拒絶反応を抑えるために使う3種類の免疫抑制剤について、厚生労働省は26日、一定の安全性が確認されたとして、これまで禁忌としていた妊婦への投与を認めることを決めた。 3種の薬は「タクロリムス」「シクロスポリン」「アザチオプリン」。

2018 6/22 19:23
科学・環境医療・健康

10歳未満の男児が脳死 九州地方の病院

 日本臓器移植ネットワークは22日、九州地方の病院に入院していた6歳以上10歳未満の男児が同日午前7時23分、臓器移植法に基づき脳死と判定されたと発表した。法的脳死は535例目。

2018 6/14 22:00
科学・環境医療・健康

10歳未満の女児が脳死 関東甲信越地方の病院

 日本臓器移植ネットワークは14日、関東甲信越地方の病院に急性硬膜下血腫で入院していた6歳以上10歳未満の女児が同日午前9時1分、臓器移植法に基づき脳死と判定されたと発表した。法的脳死は534例目。

2018 5/10 0:31
科学・環境

大阪で15歳未満女児が脳死 臓器を提供

 日本臓器移植ネットワークは9日、大阪大病院に蘇生後脳症で入院していた10歳以上15歳未満の女児が同日午前に臓器移植法に基づき脳死と判定されたと発表した。法的脳死は528例目。

PR

PR

注目のテーマ