まとめ

「臓器移植」 (3ページ目)

「臓器移植」に関するこれまで扱われたニュース一覧を最新順に掲載しています。

2017 7/2 19:43
医療・健康

上部合体し片肺形成、移植成功 岡山大世界初、50代女性に

 世界初の手法で肺移植手術に成功した岡山大病院の大藤剛宏教授(手前左)ら(同病院提供)

 脳死判定された女性から提供された両肺の上部を組み合わせて左の肺を形成し、肺気腫の50代女性に移植する世界初の手術に成功したと、岡山大病院が2日発表した。 提供された両肺は下部の状態が悪く、片肺をそのまま使う通常の移植はできなかった。

2017 6/18 21:19
医療・健康

妊婦の禁忌薬、初の容認へ 安全性確認で厚労省方針

 製薬会社が妊娠中の女性に投与しないよう求めている医薬品(禁忌薬)について、厚生労働省が、安全性を確かめられたものの投与を順次、容認する方針を固めたことが18日、分かった。主に臓器移植を受けた人が拒絶反応を抑えるために使う免疫抑制剤3種類が、先行して初めて認められる見通し。

2017 5/11 20:07
医療・健康

国内最年少の肺移植成功、岡山大 1歳女児

 岡山大病院で、1歳女児への肺移植手術を行う医師ら=11日(同病院提供)

 広島県内の病院で10日に脳死判定された6歳未満の男児からの臓器提供を受け、岡山大病院は11日、肺高血圧症の女児(1)への肺移植手術を実施し、成功したと明らかにした。病院によると、生体間を含め、国内最年少患者への肺移植。

2017 5/10 23:54
医療・健康

広島で6歳未満男児脳死 両肺は最年少1歳女児に

 日本臓器移植ネットワークは10日、広島県内の病院に小脳出血で入院していた6歳未満の男児が同日午前9時19分、臓器移植法に基づき脳死と判定されたと発表した。6歳未満の脳死は7例目で、15歳未満としては14例目。

2017 3/8 18:53
医療・健康

人の細胞持つヒツジ胎児を作製 将来の臓器移植想定、米で実験

 体のあらゆる細胞になる人の人工多能性幹細胞(iPS細胞)を、ヒツジの受精卵に入れて育て、人の細胞を持つヒツジの胎児を作ったと東京大の中内啓光教授が8日、仙台市で開かれている日本再生医療学会で明らかにした。 iPS細胞を使い、ヒツジに人の細胞を持たせたのは初めて。

2017 3/7 14:28
医療・健康

臓器移植の父、スターツル氏死去 63年に世界初手術

 トーマス・スターツル氏=1989年(AP=共同)

 トーマス・スターツル氏(米医師)米ピッツバーグ大によると、4日、米ペンシルベニア州の自宅で死去した。90歳。

2017 2/1 20:31
医療・健康

431例目の脳死 患者選定ミス発覚後、初

 日本臓器移植ネットワークは1日、中国四国地方の病院に低酸素脳症で入院していた成人が1月31日午後6時28分、臓器移植法に基づき脳死と判定されたと発表した。移植ネットでは1月、心臓移植で検索システムの計算違いが原因の患者選定ミスが発覚。

2017 1/27 22:22
医療・健康

脳死の心臓移植で患者の選定ミス 臓器ネット、計算に誤り

 脳死での心臓移植で、患者の選定でミスがあったとして謝罪する日本臓器移植ネットワークの門田守人理事長(右から2人目)ら=27日午後、厚労省

 日本臓器移植ネットワークは27日、昨年10月から今年1月にかけて実施した脳死での心臓移植で、本来移植を受けるはずだった優先度の高い患者ではなく、別の患者を選ぶミスが3件あったと発表した。長期間移植を待っていた患者2人が手術を受けられず、うち1人は2回の機会を逃していた。

2017 1/27 12:45
医療・健康

人の細胞持つブタ胎児作製 米、将来の臓器移植見据え

 iPS細胞を使って作製された、人の細胞を持つブタの胎児(米ソーク研究所のベルモンテ教授提供・共同)

 【ワシントン共同】人の人工多能性幹細胞(iPS細胞)をブタの受精卵に注入し、人の細胞が交ざったブタの胎児を作ることに初めて成功したと米ソーク研究所などのチームが26日、米科学誌セルに発表した。 将来的にブタの体内で人の臓器を作り、人に移植する再生医療につなげることを目指す技術だが、倫理的に問題だとする指摘も根強い。

2016 10/26 13:38
医療・健康

肝臓移植断念で誤情報 画像データも提供せず

 昨年11月の脳死臓器移植で、日本臓器移植ネットワークが肝臓移植を受ける候補となった患者の病院に脂肪肝との誤った情報を伝えた上、コンピューター断層撮影画像のデータを提供しなかったため、移植が見送られたことが26日、分かった。 実際には脂肪肝ではなく、肝臓は別の患者に移植された。

2016 10/14 3:11
医療・健康

「診療拒否は違法」と提訴 中国で腎移植の男性

 浜松医大病院=8日、浜松市

 「海外で臓器移植した患者は受け入れない」との内規に基づき浜松医大病院(浜松市)が診療を拒んだのは、正当な理由がない限り診療を拒んではならないと定めた医師法に違反するとして、中国で腎移植を受けた静岡県掛川市の男性(66)が、大学に慰謝料など約190万円を求める訴えを静岡地裁に起こしていたことが13日、分かった。 医療関係者によると、海外で移植を受ける患者は年間数十人に上り同様の診療拒否も相次ぐが、訴訟に至ったのは初とみられる。

2016 8/22 17:02
医療・健康

臓器移植者のエッセー募集 アステラス、健康維持啓発

 アステラス製薬は22日、臓器移植を受けた人から健康維持の取り組みに関するエッセーを募集すると発表した。移植後の運動や食事の重要性を周知するのが狙い。

2016 8/17 22:43
医療・健康

395、396例目の脳死 東京と近畿の病院

 日本臓器移植ネットワークは17日、東京医大八王子医療センターに入院していた60代の男性と近畿地方の病院に入院していた20代の男性が、臓器移植法に基づきそれぞれ脳死と判定されたと発表した。2人とも書面で臓器提供の意思を示していなかったが、家族が承諾した。

2016 7/17 1:33
医療・健康

脳死者と生体の肺同時移植実施へ 岡山大病院、世界2例目

 岡山大病院は16日深夜、肺の難病を抱える60代男性が、肺の片方を脳死した人から、もう一方を生きている人から提供を受ける「ハイブリッド移植手術」を17日朝に実施すると発表した。同手術は岡山大病院が昨年4月に世界で初めて成功し、同院によると、今回が世界で2例目となる。

2016 7/7 23:40
医療・健康

皮膚がん治療薬が効果 骨髄移植の免疫異常

 白血病、悪性リンパ腫といった「血液がん」の患者に骨髄を移植した際に起きる免疫異常の防止に、皮膚がんの治療薬が効くことを佐賀大医学部の研究チームがマウス実験で初めて突き止めた。がんの再発を抑える効果も確認した。

2016 7/6 5:18
医療・健康

アイフォーンでドナー登録 秋から米国で

 【ニューヨーク共同】米アップルは5日、スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」のアプリを通じ、臓器提供者(ドナー)となる意思を登録できるサービスを今秋から米国で始めると発表した。簡単な手続きで登録できるといい、提供者の拡大に貢献する狙い。

2016 4/23 11:47
医療・健康

6歳未満6例目の脳死 神奈川県の病院

 日本臓器移植ネットワークは23日、神奈川県内の病院に頭部外傷のため入院していた6歳未満の女児が22日午後10時24分、臓器移植法に基づき脳死と判定されたと発表した。6歳未満の脳死は6例目。

2015 12/11 0:00
医療・健康

初の生体腎移植実施 聖マリア病院 拠点目指す

 久留米市津福本町の聖マリア病院(島弘志院長)は7日、同院として初の臓器移植医療となる生体腎移植手術を11月12日に実施したと発表した。臓器提供者、移植患者ともに経過は良好という。

2015 2/20 0:00
医療・健康

臓器移植 意思表示を NPO法人「まっていますあなたの気持ち」 飯塚市 4月に医師らの講演会

講演会に向けて話し合いをするメンバーたち

 臓器提供の意思表示を広く呼び掛けようと、飯塚市の住民ら15人がNPO法人「まっていますあなたの気持ち」を設立した。メンバーは移植を必要とする患者ではないが、国内での提供が広まらない現状に危機感を抱き動きだした。

2014 11/14 0:00
医療・健康

「臓器提供」考える授業

 今月6日、福岡教育大付属福岡小学校(福岡市)で6年生約40人が「臓器移植」関係者3人から話を聞くユニークな授業があった=写真。子どもたちが命を考えるきっかけになればと同小が独自に企画。

PR

開催中

緑のコンサート

  • 2021年12月3日(金)
  • 福岡市健康づくりサポートセンター あいれふホール

PR