2020米大統領選
コーナー

「2020米大統領選」 (3ページ目)

「2020米大統領選」に関するこれまで扱われたニュース一覧を最新順に掲載しています。

2020 10/22 6:00
国際

トランプ氏挽回なるか 22日、最後の討論会 バイデン氏の失言誘う?

イメージ

 【ワシントン田中伸幸】米大統領選の共和党候補トランプ大統領と、民主党候補バイデン前副大統領による2回目の討論会が22日、南部テネシー州で開かれる。直接対決は最後の見通しで、劣勢が報じられるトランプ氏には起死回生が懸かる場となる。

2020 10/17 6:00
国際

討論会なく「個別集会」トランプ氏 反転不発か?

2020米大統領選

 【ワシントン田中伸幸】11月3日の米大統領選で共和党候補のトランプ大統領と、民主党候補のバイデン前副大統領は15日、テレビ局2社が同時刻にそれぞれ開催した有権者との対話集会に参加した。当初は直接対決する第2回討論会が予定されていたが、トランプ氏の新型コロナウイルス感染の影響で中止になり、異例の個別開催となった。

2020 10/16 6:00
国際

郵便投票で結果判明遅れる? トランプ氏が一方的「勝利宣言」も

郵便投票の書類を投函する有権者の男性。「本当は投票所に行きたいが、新型コロナの感染が心配なので初めて利用した」と話した=14日、南部バージニア州アーリントン

 【ワシントン田中伸幸】11月3日に投開票される米大統領選の結果判明が遅れるとの見方が強まっている。新型コロナウイルス対策として郵便投票を利用する有権者が大幅に増える見通しで、州によっては投票日以降の到着分も有効とみなすため、これまで以上に集計に時間がかかるのは必至だ。

2020 10/15 8:00
国際

米大統領選、無事に終わるのか「何でもあり得る」激戦州で聞いた言葉

ウィスコンシン州で農業を営むアダムスキさん

 「ワシントンにいるだけでは大統領選や国内の情勢はつかめない」。米国で取材を始めて3年半の間、取材先から何度となく受けた指摘だ。

2020 10/14 6:00
国際

トランプ氏挽回見えず 「陰性」発表も敵失頼み 選挙集会再開

2020米大統領選

 【ワシントン田中伸幸】米ホワイトハウスは12日、トランプ大統領が新型コロナウイルス検査で「陰性」と判定されたと発表した。トランプ氏は同日夜、3週間後に迫る大統領選に向けた集会を激戦州の南部フロリダ州で再開し、復活をアピールした。

2020 10/9 6:00
国際連載

深まる対立「内乱」懸念も

暴動で放火された車両を前に街の未来を案じるウェブさん=9月18日、ウィスコンシン州ケノーシャ

 米国はカオス(混沌(こんとん))に陥っている-。今回取材で訪れたラストベルト(さびた工業地帯)の各地で何度も耳にした言葉だ。

2020 10/9 6:00
国際

「後継」の資質も焦点 副大統領候補討論会

2020米大統領選

 【ワシントン田中伸幸】米大統領選の副大統領候補による討論会が7日開かれた。共和党のペンス副大統領と、民主党のハリス上院議員が新型コロナウイルス対策や経済問題を巡って論戦を繰り広げたが、「史上最悪」と評された9月の大統領候補討論会と異なり、相手の発言を遮る場面は少なめ。

2020 10/8 6:00
国際連載

〝隠れバイデン〟信じたい わずかな変化に期待込め 支持層切り崩す

「トランプ氏を支持するラティーノ」と書かれたTシャツを着た女性(中央)と家族。「経済状態も良くなってトランプ政権には満足だ」と笑った=9月22日、ペンシルベニア州ピッツバーグ郊外

 トランプ大統領の支持者が長蛇の列をなしていた。9月22日、東部ペンシルベニア州。

2020 10/7 6:00
国際連載

「変化期待できないけど」…仕方なくバイデン氏 民主党支持者の葛藤

大統領選への苦悩を語るロビドゥさん=9月21日、オハイオ州トレド

 ラストベルト(さびた工業地帯)の激戦州の行く先々で、民主党バイデン前副大統領の支持者から嘆く声を聞いた。それでも、全米世論調査ではバイデン氏が共和党のトランプ大統領をリード。

2020 10/6 6:00
政治社会国際

冷めきらないトランプ氏への期待感 約束守った「最高の大統領」

「トランプ大統領の対中国、北朝鮮外交は日本にとっても良かったのではないか」と話すウェストリクさん=9月19日、ミシガン州マコーム郡

 米中西部ウィスコンシン州から次に向かったのは550キロ先のミシガン州デトロイト。一帯に自動車大手の本社や工場が点在する「自動車の街」だ。

2020 10/3 6:00
国際

トランプ夫妻がコロナ感染 体調「良好」…米大統領選へ打撃

イメージ

 【ワシントン田中伸幸】トランプ米大統領(74)は2日未明(日本時間同日午後)、自身とメラニア夫人(50)が新型コロナウイルスの感染検査で陽性だったと、ツイッターで明らかにした。直ちにホワイトハウスで隔離措置に入る。

2020 10/1 6:00
国際

政策より罵倒ファースト 論争深まらず 初の候補者討論会

イメージ

 【ワシントン田中伸幸】11月の米大統領選の共和党候補トランプ大統領(74)と、民主党候補バイデン前副大統領(77)による初のテレビ討論会が9月29日、中西部オハイオ州クリーブランドで開かれた。新型コロナウイルス対策などが討論のテーマだったが、両候補とも具体的な政策から外れて相手を非難したり、中傷したりするような発言が目立ち論争は深まらなかった。

2020 9/29 6:00
国際

トランプ、バイデン両氏が直接対決へ 29日に初のテレビ討論会

イメージ

 【ワシントン田中伸幸】米大統領選の共和党候補トランプ大統領(74)と、民主党候補バイデン前副大統領(77)による初のテレビ討論会が29日夜(日本時間30日午前)、中西部オハイオ州クリーブランドで開かれる。各種世論調査で劣勢が伝えられるトランプ氏は、バイデン氏の認知能力問題を突破口に巻き返しを狙っており、リードするバイデン氏がこうした懸念を払拭(ふっしょく)できるかに注目が集まる。

2020 9/28 6:00
国際

トランプ氏、再選に荒業 米最高裁判事に保守派指名 民主は手詰まり

イメージ

 【ハリスバーグ田中伸幸】トランプ米大統領が最高裁判事に指名した保守派の連邦高裁判事バレット氏は、与党共和党が多数派を占める上院の承認を経て、米大統領選前にも就任する見通しだ。最高裁の保守色がさらに強まるのは確実で、大統領選を控えるトランプ氏には追い風となる。

2020 9/24 6:00
国際

バイデン氏、鍵は具体的なコロナ対策 大統領批判だけでは浸透未知数

イメージ

 【ピッツバーグ田中伸幸】新型コロナウイルス感染による死者が20万人を超えた米国では、秋に再開した大学で多数の感染が報告されるなど、今後も犠牲者が増えるのは必至だ。11月の大統領選でトランプ大統領に挑むバイデン前副大統領はトランプ氏の対応の遅れを糾弾し続けているが、態度を決めかねている無党派層への主張の浸透は未知数。

2020 9/13 6:00
国際

トランプ氏 再選を目指し外交手腕を強調

2020米大統領選

 【ワシントン田中伸幸】11月の米大統領選で再選を目指すトランプ大統領が外交分野の実績作りに躍起になっている。イスラエルと中東諸国の国交正常化などを相次いで仲介し、2021年のノーベル平和賞候補に推薦されたこともアピール。

2020 9/9 6:00
国際

バイデン氏庶民派強調 激戦州で対面活動本格化

2020米大統領選

 【ワシントン田中伸幸】米大統領選の共和、民主両党の正副大統領候補は祝日レーバーデー(労働者の日)の7日、激戦州に入るなどして支持を訴えた。伝統的にこの日を境に選挙戦が本格化するといわれ、各陣営とも精力的に活動。

2020 9/1 6:00
国際

【DC街角ストーリー】見えない民主党の“熱気”

ホワイトハウス近くの路上で売られていたTシャツ。片隅には「バイデン ハリス」と民主党の正副大統領候補名入りのTシャツも=8月28日

 8月末、首都ワシントン中心部にTシャツを売る出店が多数並んだ。この日あった人種差別解消を訴える大規模集会に駆け付けた数千人の参加者を当て込んでのことだ。

2020 8/29 6:00
国際

「バイデン氏は破壊者」 トランプ氏が猛批判、自らの実績アピール

イメージ

 【ワシントン田中伸幸】11月3日の米大統領選に向け、共和党候補に正式指名されたトランプ大統領が党大会最終日の27日、ホワイトハウスで指名受諾演説を行った。トランプ氏は世論調査の支持率でリードを許す民主党候補のバイデン前副大統領を「救世主ではなく破壊者だ」などと痛烈に批判。

2020 8/29 6:00
国際

「不寛容」に失望募らす米有権者 「誰が勝っても分断深まる」

トランプ大統領の演説直前、ホワイトハウス周辺で怒鳴り合う白人のトランプ氏支持者と「反トランプ」の市民たち=27日、ワシントン

 【ワシントン田中伸幸】米大統領選は共和、民主両党が候補を正式指名し、終盤を迎える。国民がそれぞれかたくなに正しいと信じる政策や価値観を巡り、折り合おうとしない不寛容の時代。

PR

開催中

緑のコンサート

  • 2021年12月3日(金)
  • 福岡市健康づくりサポートセンター あいれふホール

PR