まとめ

「佐賀・陸自ヘリ墜落」 (2ページ目)

「佐賀・陸自ヘリ墜落」に関するこれまで扱われたニュース一覧を最新順に掲載しています。

2018 2/10 6:00
社会

事故後に空自ヘリが飛行 陸自ヘリ墜落現場周辺

 陸上自衛隊のAH64D攻撃ヘリコプターが墜落した佐賀県神埼市の現場周辺の上空を、事故から3日後の8日朝、航空自衛隊の大型輸送ヘリが2度飛行していたことが分かった。地元から「無神経だ」などと批判が出ており、防衛省は「今後さらに配慮するよう努めたい」としている。

2018 2/10 6:00
社会

陸自ヘリ墜落、児童に心の変調 現場近くの学校 神埼市教委ケア開始

 佐賀県神埼市で起きた陸上自衛隊の攻撃ヘリ墜落事故後、現場に近い同市立千代田中部小で複数の児童が「落ち着かない」「しっかり眠れない」などと訴えていることが分かった。県教育委員会は9日、スクールカウンセラーを派遣して児童との面談を始めた。

2018 2/9 6:00
社会

翼接合部飛行中破損か 陸自ヘリ墜落 欠けた状態で発見

陸自ヘリ墜落現場から約500メートル離れた水路で回収された主回転翼。根元部分には機体と翼をつなぐメインローターヘッドの一部が残されていた=7日、佐賀県神埼市

 佐賀県神埼市の住宅に陸上自衛隊のAH64D攻撃ヘリコプターが墜落、炎上した事故で、陸自は8日、現場から約500メートル離れた水路で見つかったメインローター(主回転翼)の根元部分に、回転軸に固定する「メインローターヘッド」の一部が残っていたことを明らかにした。現場の住宅敷地内で陸自が同日、回収したヘッドは、主回転翼との接合部の一部が欠けていた。

2018 2/8 13:30
社会

回転翼接続部、破損か 墜落現場から回収 陸自ヘリ墜落

陸自ヘリ墜落現場から約500メートル離れた水路で回収された主回転翼。根元部分にはメインローターヘッドの一部が残されていた=7日、佐賀県神埼市

 佐賀県神埼市の住宅に陸上自衛隊目達原(めたばる)駐屯地(同県吉野ケ里町)所属のAH64D攻撃ヘリコプターが墜落、炎上した事故で、現場近くで見つかったメインローター(主回転翼)の根元部分に、回転軸に固定する「メインローターヘッド」の一部が残っていたことが分かった。陸自は、何らかの要因でメインローターヘッドが破損して主回転翼が外れたことが墜落の原因になった可能性もあるとみて機体の整備状況などを調べている。

2018 2/8 6:29
社会

主回転翼500メートル手前に落下 接続部品は現場で発見 陸自ヘリ墜落

墜落現場近くの水路から主回転翼を回収する自衛隊員=7日午後4時半ごろ、佐賀県神埼市

 佐賀県神埼市の住宅に陸上自衛隊目達原(めたばる)駐屯地(同県吉野ケ里町)所属のAH64D攻撃ヘリコプターが墜落、炎上した事故で、陸自西部方面総監部は7日、機体と4枚の主回転翼をつなぐ接続部の「メインローター(主回転翼)ヘッド」を墜落現場の住宅敷地内で発見したと発表した。主回転翼3枚も見つかり、うち1枚は墜落現場から南東に約500メートル離れた水路に落ちていた。

2018 2/8 6:29
社会

現場の2キロ圏金属片が散乱 陸自ヘリ墜落

 民家に墜落した陸上自衛隊ヘリコプターは、住宅地の上空を飛行。機体の部品は墜落現場の東側約2キロ、南北1キロの範囲に広く散乱し、多くの人々が深刻な被害に遭いかねなかった状況を浮き彫りにした。

2018 2/8 6:28
社会

同種ヘリが米で類似事故 陸自機墜落

 【ワシントン田中伸幸】佐賀県神埼市の住宅に墜落した陸上自衛隊の攻撃ヘリコプターと同種の「AH64」は、米国をはじめ世界各地で運用され、2008年以降、少なくとも墜落など40件の事故報告がある。今回墜落したAH64Dの事故機は、メインローター(主回転翼)が機体から分離して落下した可能性が指摘されているが、米国でも似たような事故が過去に発生。

2018 2/7 13:55
社会

ヘリ主回転翼部品を回収 陸自、墜落原因解明へ調査

陸自ヘリ墜落現場から約500メートル離れた水路に落ちていた主回転翼=7日午前8時58分、佐賀県神埼市

 佐賀県神埼市の住宅に陸上自衛隊目達原(めたばる)駐屯地(同県吉野ケ里町)所属のAH64D攻撃ヘリコプターが墜落、炎上した事故で、陸自西部方面総監部は7日、機体と4枚の主回転翼をつなぐ接続部の「メインローター(主回転翼)ヘッド」を墜落現場の住宅敷地内で発見したと明らかにした。空中で主回転翼が機体から外れたとの目撃証言があり、事故原因の解明につながる手掛かりとみて慎重に調べる。

2018 2/7 6:00
佐賀

遠い日常不安げな住民 神埼の陸自ヘリ墜落 知事視察で被害者支援に力 オスプレイ議論小休止も

墜落現場の民家で現場検証をする自衛隊員ら。民家は玄関などのほかは激しく損傷していた

 焼け焦げた民家の周辺から、ヘリコプターの一部とみられる残骸が運び出される。5日に発生した神埼市の陸上自衛隊ヘリの墜落事故。

2018 2/7 6:00
社会

主回転翼外れ墜落? 陸自ヘリ 接続部直前に交換 機長遺体発見

陸自ヘリが墜落し、民家が焼け落ちた現場。写真左上の地面に尾翼部分の残骸が見える=6日午後2時20分、佐賀県神埼市(本社ヘリから)

 佐賀県神埼市の住宅に陸上自衛隊目達原(めたばる)駐屯地(同県吉野ケ里町)所属のAH64D攻撃ヘリコプターが墜落、炎上した事故で、小野寺五典防衛相は6日、事故機は機体と4枚の羽根をつなぐ接続部「メインローター(主回転翼)ヘッド」を初めて交換した直後の飛行だったと明らかにした。空中でメインローターが機体から外れたとの目撃証言があり、陸自の事故調査委員会が調べている。

2018 2/7 6:00
社会

ヘリもう飛ばないで 神埼墜落事故 空を見上げ住民「怖い」

 佐賀県神埼市の住宅地を恐怖のどん底に陥れた陸上自衛隊ヘリコプターの墜落事故から一夜明けた6日、付近住民には不安が広がった。「ヘリの飛行は前から心配だった」「もう上空を飛んでほしくない」の声も。

2018 2/7 6:00
社会

「信じられない」26歳操縦士の突然の死悼む 熊本の恩師や旧友<陸自ヘリ墜落>

 「せっかく夢の操縦士になったのに」-。佐賀県神埼市の陸自ヘリ墜落事故で、亡くなった操縦士の高山啓希1等陸曹(26)が高校時代に所属した九州学院高(熊本市)サッカー部の顧問やチームメートは突然の死を悼んだ。

2018 2/6 13:31
社会

【動画あり】主回転翼空中分離か 神埼・陸自ヘリ墜落 飛行前、部品交換

陸上自衛隊のAH64D攻撃ヘリコプターが墜落する様子を、現場付近のワゴン車のドライブレコーダーが記録していた(提供写真)

 佐賀県神埼市の住宅に陸上自衛隊目達原(めたばる)駐屯地(同県吉野ケ里町)所属のAH64D攻撃ヘリコプターが墜落、炎上した事故で、小野寺五典防衛相は6日、4枚の羽根をつなぐメインローター(主回転翼)ヘッドという部品を交換した後の飛行だったと明らかにした。整備後の点検飛行で同駐屯地を離陸して7分後に何らかのトラブルが発生し、メインローターが機体から分離して落下したとみられることが、複数の目撃証言などから判明している。

PR

PR

注目のテーマ