コーナー

「東日本大震災10年」

「東日本大震災10年」に関するこれまで扱われたニュース一覧を最新順に掲載しています。

2022 1/17 9:41
社会

東日本大震災の被災地でも黙とう

 神戸市から分灯された「希望の灯り」前で、阪神大震災が発生した時刻に合わせ黙とうする人たち=17日午前5時46分、岩手県陸前高田市

 東日本大震災の津波で大きな被害が出た岩手県陸前高田市で17日、神戸市から分灯された「希望の灯り」と呼ばれるガス灯前に集まった住民ら約10人が、阪神大震災の発生時刻の午前5時46分に合わせて黙とうし、静かに祈りをささげた。 東日本大震災で妻と息子を亡くした陸前高田市の佐々木善仁さん(71)は「つらかったときに阪神大震災で被災した知人が励ましてくれた。

2021 5/9 6:00
福岡社会

東日本被災者「生きるために避難を」 春日市でオンライン講演会

講演会で、継続した支援の必要性を強調した望月達也さん

 東日本大震災の被災地で支援を続けてきた筑紫女学園大(福岡県太宰府市)の学生と交流を深めてきた岩手、宮城、福島3県の被災者ら3人をオンラインでつないだ講演会が8日、春日市のクローバープラザであった。 宮城県石巻市の市立大川小を襲った津波で小学6年だった娘を亡くした鈴木典行さん(56)は、津波が学校を襲った状況や捜索の様子などを振り返り、学校側の態勢の不備を指摘。

2021 4/9 6:00
社会九州ニュース

“自主避難”余震で引き戻される3・11 動悸、めまい、フラッシュバック

今も東京都内での避難生活を続けている女性=2月9日、東京都内

 東京電力福島第1原発事故による放射性物質の影響を心配し、国の避難指示の対象に入らない福島県の地域から、県外に逃れた人々がいる。社会から「自主避難者」と呼ばれ、十分な賠償や周囲の理解を得られないまま、長期間の避難生活を続けている。

2021 4/8 12:02
福岡熊本社会

移住し被災者の心の綾に迫る 「空に聞く」小森はるか監督に聞く

「空に聞く」の小森はるか監督

 東日本大震災の津波で岩手県陸前高田市の実家と、夫婦で営む和食店が流失し、その後、陸前高田災害FMでパーソナリティーを3年半務めた阿部裕美さんを追ったドキュメンタリー映画「空に聞く」。震災後、東北に移住して撮影を続ける小森はるか監督に、復興かさ上げ事業を巡る被災者の心の綾に迫る作品と、移住のきっかけ、取材の流儀などを聞いた。

2021 4/8 12:00
福岡熊本社会

陸前高田の記録映画2作、九州で公開 かさ上げ造成巡る喪失と希望

陸前高田災害FMでパーソナリティーを務めた阿部裕美さん(c)KOMORI HARUKA

 東京芸大大学院への進学を控えた春、東日本大震災が起きた。被災地のボランティア活動をきっかけに東北に移住し、岩手県陸前高田市の人々の記録を続けている。

PR

PR