まとめ

「JR九州」

「JR九州」に関するこれまで扱われたニュース一覧を最新順に掲載しています。

2019 10/24 6:00
福岡経済

JR九州、西鉄初タッグ 乗り継ぎアプリやダイヤ相互調整

 JR九州(福岡市)と西日本鉄道(同)は23日、鉄道やバスの運輸事業で初めて連携すると発表した。少子高齢化で公共交通の利用客減少が見込まれる中、共同で乗り継ぎアプリを開発するなどして利便性を向上させ、利用者確保を図る。

2019 10/15 19:23
福岡社会経済速報

JR九州でシステム障害 ネット予約で発券できず

 JR九州は15日、インターネットで事前に予約した切符を駅の券売機で発券できなくなるシステム障害が発生したと発表した。原因は調査中。

2019 10/13 6:00
福岡

日田彦山線、鉄道復旧求め署名活動 東峰村民、JR九州に提出へ

JR日田彦山線の鉄道での復旧を求める街頭署名活動

 九州豪雨から一部区間の不通が続くJR日田彦山線の復旧問題で、東峰村の住民たちでつくる「日田彦山線の完全復旧を求める会」は12日、街頭署名活動を始めた。集まった署名は今後、JR九州の青柳俊彦社長宛てに提出する。

2019 10/10 6:00
福岡

筑豊に「キハ66・67形」雄姿再び 11月2日 田川・炭坑節まつりに合わせ

香春岳を背に走る「キハ66・67形」(新具重信さん撮影)

 JR九州は、11月に田川市で開かれる「TAGAWAコールマインフェスティバル~炭坑節まつり」に合わせ、かつて筑豊地区を走っていた人気車両「キハ66・67形」を門司港-田川伊田に走らせる。 「キハ66・67形気動車で行く日田彦山線の旅」と炭坑節まつりの連携は、田川広域観光協会が同社に提案し、実現した。

2019 10/8 6:00
社会経済

JR九州 自動運転実用化 踏切あり、ホームドアなし 全国初年度内にも

列車の自動運転の形態

 JR九州が、運転士が乗り込まなくても運行できる自動運転技術の導入を目指していることが分かった。福岡県内の路線で実証実験に乗り出し、本年度中にも実用化したい考え。

2019 8/27 6:00
福岡

宮若市10月から代替運行 JR九州バス9月末廃止の2路線

飯塚線と福間線を廃止するJR九州バス。利用者数の減少が続いている

 JR九州バス(福岡市)が9月末で廃止する飯塚線(飯塚市-宮若市)と福間線(福津市-宮若市)について、宮若市は26日、代替交通手段として、同じ路線で10月からは新たに市のコミュニティーバスを運行すると発表した。同市内を走る民間路線は、JR九州バスの博多線(福岡市-直方市)と西鉄バスの宮田線(宮若市-直方市)の2路線に半減する。

2019 8/17 10:35
福岡社会

“門司港の顔”旧JR九州本社ビル 活用へ 北九州市 19日に説明会

全面改装した門司港駅(右)の真横に立つ旧JR九州本社ビル(左)

 JR門司港駅(北九州市門司区)の真横に立つ「旧JR九州本社ビル」の再活用に向けた動きが本格化してきた。戦前に建てられ、かつては九州一の高層建築だった“門司港の顔”。

2019 7/3 6:00
経済福岡社会

JR九州、値上げ申請 増税転嫁 10月から 西鉄は初乗り160円

九州内の主な区間の値上げ後の料金

 JR九州とJR西日本、西日本鉄道は2日、10月に予定される消費税率10%への増税に伴う鉄道運賃・料金の値上げを国土交通省に申請した。認可を経て10月1日から実施する。

2019 6/22 6:00
経済福岡社会

「株主還元」なお火種に JR九州 提案否決 丁寧な対話求める声

JR九州の株主総会には、480人の株主が出席した=21日、福岡市

 21日に開かれたJR九州の株主総会で、大株主の米投資ファンドからの自社株買い提案が否決され、反対を呼び掛けてきた経営陣は安堵(あんど)の表情を見せた。一方、ファンド側はJR九州株を長期保有する意向を重ねて表明。

2019 6/21 12:34
福岡社会経済

自社株買い提案を否決 JR九州の株主総会

 JR九州の定時株主総会が21日、福岡市のホテルで開かれた。注目されていた米投資ファンド「ファーツリー・パートナーズ」によるJR九州への自社株買いなどの株主提案はいずれも否決または不成立となった。

2019 6/18 6:00
経済福岡社会

JR九州が事業承継ファンド設立へ 利益増、地域支援も

 JR九州が、後継者不足に悩む地場中小企業の受け皿となる事業承継ファンドを設立する方針を固めたことが分かった。鉄道関連や飲食など、自社の事業と関連性が高い地場企業に資本や人材を投入。

2019 6/7 6:00
経済福岡社会

JR九州社長、自社株買い案否決に自信 赤字路線「採算無視できぬ」 

青柳俊彦社長

 JR九州の青柳俊彦社長は6日、東京都内で西日本新聞の単独インタビューに応じた。21日開催の株主総会の議案として、同社大株主の米投資ファンド「ファーツリー・パートナーズ」が求めている自社株買いについて「今はその時期ではない」と反論。

2019 5/18 6:00
社会

【動画あり】ミッキー新幹線運行開始 JR九州

ミッキーマウスがデザインされた新幹線の出発式=17日、福岡市のJR博多駅

 JR九州は17日、人気キャラクターのミッキーマウスが車内外にデザインされた九州新幹線の運行を開始した。この日は博多駅(福岡市)で出発式を開き、到着駅の鹿児島中央駅(鹿児島市)の記念式典にミッキーマウスが登場した。

2019 5/15 6:00
福岡

知事、月末に朝倉視察 仮設入居延長は困難の認識

今月末に朝倉市を視察する意向を明らかにした小川洋知事

 小川洋知事は14日の定例記者会見で、2017年の九州豪雨で被災した朝倉市を今月末に視察する考えを明らかにした。日程や視察先は調整中としている。

2019 5/13 6:00
長崎

長崎走った高速バス、MR、ブルトレ 東南アジアで今も“現役” ゆかりの表記残し乗客運ぶ

ミャンマー南部を走るバス。「ハウステンボス」など日本語の表記が残る

 かつて長崎の人たちを乗せた列車やバスが、東南アジアで再利用されている。昨年末に現地を訪ねてみると、車体は少し古くなったが、見覚えのある日本語表記を残したまま異国を走っていた。

2019 5/11 6:00
福岡

ビアガーデン10年ぶり復活 ステーションホテル小倉

JR九州ステーションホテル小倉のガーデンテラスでバーベキューを楽しむ人たち

 JR九州ステーションホテル小倉(北九州市小倉北区)の屋上ガーデンテラスで10日、ビアガーデンが10年ぶりに復活した。昨夏、バーベキュー形式のビアガーデンを試験的に開いたところ、好評だったため、今年から夏季限定のイベントとして再開した。

2019 5/9 6:00
大分

日田駅前広場 装い新た 行事開催に配慮 駅舎から屋根付き通路も 「にぎわいと憩いの場に」

リニューアル工事がほぼ終わり、利用が始まったJR日田駅前広場

 整備から30年以上たち老朽化したJR日田駅前広場のリニューアル工事がほぼ完了した。「誰もが気軽に集う、にぎわいと憩いの場」をコンセプトに、行事開催の利便性に配慮した設備を整えた。

2019 5/8 6:00
社会

「令和10連休」特需 九州の交通、観光 軒並み前年超え

10連休が始まり、人であふれるJR博多駅=4月27日、福岡市博多区

 改元を挟み、遠出を計画しやすい10連休となった今年のゴールデンウイーク(GW)。駅や空港は利用客であふれ、高速道路はあちこちで渋滞、観光地は「特需」に沸いた。

2019 5/8 6:00
福岡

「ジャズの街若松」知って PRバナー、駅メロ…区が取り組み

ジャズピアノをイメージしたデザインのバナー

 「ジャズの街若松」をアピールしようと、北九州市若松区は区の中心商店街・中川通りの外灯に、PRバナー計27枚を取り付けた。 バナーは「九州JAZZ発祥の地若松」と記載されたものと、区のマスコットキャラクター「わかっぱ」が楽器を演奏するデザインの大小2種類。

2019 5/6 6:00
社会

10連休、楽しかったけど… Uターンラッシュ本格化

Uターンラッシュで混雑する福岡空港で別れを惜しむ人たち=5日午後6時すぎ、福岡市博多区

 改元に伴い初の10連休となったゴールデンウイーク(GW)も終盤。5日は古里や行楽地で過ごした人たちのUターンラッシュが本格化し、九州各地の空港や駅、高速道路が混み合った。

PR

PR

注目のテーマ