灰色の街 セックスワーカーたち
コーナー

「灰色の街 セックスワーカーたち」

違法と合法が重なるグレーゾーン。それでもなお、性的行為を職業とするセックスワーカーは絶えない。風営法で届け出のある性風俗店だけで全国に約2万2千あり、年々増えている。中には自ら飛び込む女性もいる。なぜか。性差別意識が深層に広がる灰色の街に彼女たちの姿を追った。

2018 2/9 14:50
社会

「汚れた自分、おとしめたかった」小1で性暴力被害、風俗に居場所求める女性たち

実社会で孤立し、子どもを育てるために性風俗業界へ足を踏み入れる女性も少なくない

 手首には傷、全身にタトゥー。「痛みを伴って形に残るのが好きでした」。

2018 2/9 14:49
社会

「売春の温床になる」JKビジネスの実態 消費され続ける少女たち

街を歩く女子高校生。利用したい大人たちからは「商品」と見られている

 甘えた声で客との「オプション交渉」を再現してくれた。「どういうのがしたいですかぁ。

2018 2/9 14:49
社会

「金、段ボール箱で管理」“ごく普通の高校生”が風俗業へ 誰かに貢ぐためまた働く

満たされない気持ちを埋めるため、性風俗街に吸い寄せられる人もいる

 「リア充」とは現実(リアル)の生活が充足した様子を指す現代用語。性風俗店で働くアヤさん(24)=仮名=も、ある一線を越えるまではそうだった。

2018 2/9 14:48
社会

「私、必要とされている」風俗店に飛び込む女性 実働12日で43万円、客は1時間で使い捨ても

福岡拘置所から記者に届いた女性の手紙。母親への思いがつづられていた

 18歳になれば法律上、性的サービスを提供する風俗店で働ける。マキさん(20)=仮名=は18歳の誕生日直前、派遣型ヘルスの面接を受けた。

2018 2/9 14:48
社会

「ヘルスかソープかな」女性を売買する男たち 言葉巧みに夜の街へ 性ビジネスの実態

一人歩きの若い女性にさっと近づき、声を掛けるスカウト

 クリスマスのイルミネーションがともり始めた福岡市・天神。商業施設の前でじっと待ち、一人歩きの女性を見定めるスーツ姿の男たちがいる。

PR

開催中

第13回あんぱんパーク

  • 2021年10月21日(木) 〜 2021年10月28日(木)
  • ベイサイドプレイス博多 海側イベントスペース
開催中

第5回写遊会 写真展

  • 2021年10月15日(金) 〜 2021年10月29日(金)
  • まいなびギャラリー(北九州市立生涯学習総合センター1階)

PR