まとめ

「移住世代」

「移住世代」に関するこれまで扱われたニュース一覧を最新順に掲載しています。

2018 3/30 18:00
くらし

移住世代(5)子どもたちと、夢を追いかけ南国へ 毎日波に乗れる暮らし

宮崎県日南市のサーフポイントで、長男が波に乗る様子を撮影する加藤一美さん。バランスの取り方などを後でチェックするそうだ

 移住の動機は人それぞれ。家族のために決断する人もいる。

2018 3/30 18:00
くらし

移住世代(5)移住の「トリガー(きっかけ)」、加藤さんの場合は…

 長男・優典(ゆうすけ)の「プロになりたい」という言葉が、最大の引き金ですね。やりたいことをするって、幸せなことなんですよ。

2018 3/30 11:06
くらし

移住世代(4)地域に溶け込み“ここが居場所”に 南阿蘇で土と生きる 椛島剛士さん(41)

精魂込めて育てた阿蘇高菜

 どこに住んでも近隣との人間関係は悩みの種になり得る。知り合いがいない土地に移住するとなればなおさらだ。

2018 3/30 11:06
くらし

移住世代(4)移住の「トリガー(きっかけ)」、椛島さんの場合は…

 幼い頃から友達と遊ぶことが何より苦手で、勉強ばかりしていました。柔道で鍛えた筋肉がなかったら、いじめられていたかも。

2018 3/29 14:59
くらし

移住世代(3)集落活性化の「請負人」町長選で思わぬあおり 熊本移住、志半ばで

槻木小学校の授業参観で発表する上治さんの娘2人を見守るおばあちゃんたち=熊本県多良木町

 少子高齢化に悩む地方自治体は、現役世代の移住者を取り込もうと​熱いまなざしを向ける。限界集落の活性化を目指す熊本県多良木町に請われて​移住した男性の一家は、「ムラの希望」となった。

2018 3/28 18:00
くらし

移住世代(3)移住の「トリガー(きっかけ)」、上治さんの場合は…

 鹿児島県出身で、福岡県で大学時代を過ごし、東京に就職。福岡に移って熊本県、また福岡。

2018 3/27 18:00
くらし

移住世代(2)求められれば、何だって仕事になる 海辺の町で「暮らしの問屋」

住む家を探す人(右)に、空き家の中を案内する古橋さん

 移住する人にとって、「仕事探し」は大きな問題だ。カフェ勤めを辞めて東京から福岡県福津市にやってきた男性は、不動産業の起業を目指したが、準備が手に付かない日々。

2018 3/27 18:00
くらし

移住世代(2)移住の「トリガー(きっかけ)」、古橋さんの場合は…

 移住のきっかけは、津屋崎にいたなびちゃんとの結婚ですね。  なびちゃんとは高校、大学の同級生で、就職してからは東京と福岡で遠距離恋愛でした。

2018 3/26 18:00
くらし

移住世代(1)人生のもやもや、「見切り発車」で晴れた 横浜から西へ1000キロ、長崎・平戸へ

民泊施設としての開業を目指し、自宅の玄関を点検する大田圭一さん=長崎県平戸市

 国道から細い道に入ると、両側には田んぼやダイコン畑が広がっている。その道を上り下りしていると、いつの間にか周囲はウグイスやカラスの鳴き声だけになっていた。

2018 3/26 18:00
くらし

移住世代(1)移住の「トリガー(きっかけ)」、大田さんの場合は…

 なにか「これ」っていう決定的なトリガーがあったのか、というと実はなかったりするのが正直な話なんです。  いろんなことに失敗し続けました。

PR

PR

注目のテーマ