まとめ

「宮崎駿」(2ページ目)

「宮崎駿」に関するこれまで扱われたニュース一覧を最新順に掲載しています。

2018 5/14 4:47
くらし

無人島でクイズラリー 和歌山市の友ケ島

紀淡海峡の無人島群・友ケ島にあるれんが造りの砲台跡=和歌山市

 れんが造りの砲台跡などの遺構が宮崎駿監督のアニメ映画「天空の城ラピュタ」の舞台に似ているとして近年観光客が多く訪れる、紀淡海峡の無人島群・友ケ島(和歌山市)で、クイズラリーが楽しめるスマートフォン向けサイト「友ケQ(ともがきゅー)」の運用が始まった。 スマホの衛星利用測位システム(GPS)を使い、無人島の一つの沖ノ島にある旧日本軍の砲台跡や灯台など最大12スポットを巡り、現地に行かなければ解けない4択のクイズに答える。

2018 4/7 14:44
社会

「本当の戦争の怖さは人間の心の在り方にある」 徹底したリアリズムで心を描写、アニメを芸術に進化 高畑勲さん死去

 【評伝】「本当の戦争の怖さは空襲の中ではなく、人間の心の在り方にあると思います」。5日に死去した高畑勲さんが代表作「火垂(ほた)るの墓」について語ってくれた言葉が忘れられない。

2018 4/6 11:25
文化芸能

アニメ映画監督の高畑勲さん死去 「火垂るの墓」など多くの名作

死去した高畑勲さん

 「火垂るの墓」や「アルプスの少女ハイジ」など数々の名作を手掛けたアニメーション映画監督の高畑勲(たかはた・いさお)さんが5日午前1時19分、肺がんのため東京都内の病院で死去した。82歳。

2017 11/29 22:46
芸能

「君たちは―」が100万部 原作から80年、宮崎作品にも

「漫画君たちはどう生きるか」(左)と、新装版の「君たちはどう生きるか」

 「漫画 君たちはどう生きるか」と、その原作の新装版「君たちはどう生きるか」(ともにマガジンハウス)の発行部数が、計100万部に達することが29日、分かった。原作は、編集者で児童文学者の吉野源三郎(1899~1981年)が37年に刊行。

2017 11/29 16:51
芸能

ジブリ新社長に中島氏 宮崎駿監督復帰で構造改革

 スタジオジブリの社長に、三鷹の森ジブリ美術館の中島清文館長(54)が28日付で就任したことが29日、分かった。星野康二社長(61)は会長に就いた。

2017 10/30 12:28
芸能

新作は「君たちはどう生きるか」 宮崎駿監督の長編アニメ

宮崎駿監督

 宮崎駿監督(76)が製作中の新作長編アニメの題名が「君たちはどう生きるか」となることが、30日までに関係者の話で分かった。完成までには3~4年かかる見通し。

2017 5/29 19:25
芸能

宮崎監督の引退発言巡りフジ謝罪 「真偽確認してなかった」

 フジテレビは29日、28日放送の情報バラエティー番組「ワイドナショー」でスタジオジブリの宮崎駿監督が過去に行った引退宣言として紹介した内容が、本人の発言ではなかったとして「真偽を確認しないまま放送に至り、宮崎駿氏ならびに関係者の皆さま、視聴者の皆さまにご迷惑をおかけした」と番組の公式サイトで謝罪した。 番組では宮崎監督が過去に「人生で最高に引退したい気分」などと発言し、引退宣言を7回したと紹介。

2017 5/19 19:52
芸能

宮崎駿監督、長編アニメ本格始動 新人スタッフを募集

宮崎駿監督

 スタジオジブリ(東京)が19日、宮崎駿監督の新作長編アニメーション映画のための新人スタッフ募集を始めた。長編作りに向け本格始動したとみられる。

2017 2/24 18:28
芸能

宮崎駿監督が長編製作復帰へ 事実上の引退撤回

宮崎駿氏

 【ロサンゼルス共同】約3年半前に長編アニメーション映画の製作から引退を表明した宮崎駿さん(76)が、新作長編の準備に入ったことを、スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサー(68)が23日(日本時間24日)、米国のイベントで明らかにした。事実上の引退撤回とみられる。

2017 1/24 16:55
社会

「君の名は。」韓国席巻 観客動員 日本アニメ映画の最多更新

 【ソウル曽山茂志】韓国で4日に公開されたアニメ映画「君の名は。」(新海誠監督)の観客動員数が22日に302万人を超え、韓国で上映された日本アニメ映画の最高記録を12年ぶりに塗り替えた。

2016 8/13 13:53
こどもタイムズ

映画「ジャングル・ブック」を見て 助け合って絆できる 勇気と感動もらった

ジョン・ファヴロー監督(右から2人目)とニール・セディ君(同3人目)にインタビューするこども特派員たち

 ジャングルで動物たちに育てられた少年が成長していく姿を描いたディズニー映画「ジャングル・ブック」が全国で公開中です。こども特派員2人がこの映画を見て、監督と主役の少年にインタビューしました。

2015 7/23 10:26
連載

<34>植物が支配する未来【地球の長い午後】

 奇怪な動植物が跳梁跋扈(ちょうりょうばっこ)する未来--この魅惑的なイメージに関するかぎり、当欄で紹介した2作、貴志祐介『新世界より』と椎名誠『アドバード』はよく似ている。しかし、その理由は、前者が後者を模倣したからじゃなく、両者が同じ原点を共有しているから。

PR

PR

注目のテーマ