まとめ

「地方公務員最前線~変わる仕事と役割~」

「地方公務員最前線~変わる仕事と役割~」に関するこれまで扱われたニュース一覧を最新順に掲載しています。

2018 7/24 14:40
社会

【地方公務員最前線 変わる仕事と役割】<6完>記者ノート 住民に寄り添い、考える

4月に入庁し、辞令交付式に臨む新採職員たち。新たな公務員像をつくりあげ、地域の未来を切り開く主役となる=福岡県庁

 地方公務員のあり方に新たな潮流が起きている。時代が求める仕事や役割は変化し、人員削減や働き方改革の波も押し寄せる。

2018 7/24 14:38
社会

【地方公務員最前線 変わる仕事と役割】<5>出会いが育んだ新境地

総務省官僚の脇雅昭さん主宰の交流会「よんなな会」で役所の仕事などを語り合う公務員たち=東京・虎ノ門

 5月末、東京・虎ノ門。週末の閑散とした官庁街近くのホールに、私服姿の公務員約500人が集まった。

2018 7/24 14:32
社会

【地方公務員最前線 変わる仕事と役割】<4>目指せ脱「金太郎あめ」

表紙に「戦略」と書かれた地方版総合戦略の冊子。奥では職員たちが総合計画策定に向けた初会合を開いていた=福岡県筑前町役場

 安倍晋三政権の看板政策の一つ、地方創生が本格的に動きだした2015年。自治体が「地方版総合戦略」をつくり、政府のお眼鏡にかなえば、関連交付金が下りてくることになった。

2018 7/24 14:29
社会

【地方公務員最前線 変わる仕事と役割】<3>窓口から職員が消えた

福岡県篠栗町役場の総合窓口。カウンターに座る委託会社の社員が住民に対応し、町職員の姿は見えない

 転入転出の届け出などを受け付け、多くの住民とじかに接する窓口職員は、その役所の「顔」と言われる。だがカウンターに座っているのが職員ではないという市町村は、もはや珍しくない。

2018 7/24 14:24
社会

【地方公務員最前線 変わる仕事と役割】<2>県庁マンは「営業マン」

米ニュージャージー州のスーパーで、客に「あまおう」の試食を勧める木部匡之さん(木部さん提供)

 2月下旬、福岡県輸出促進課輸出第一係長の木部匡之(43)は米東部ニュージャージー州のスーパーにいた。県産ブランドイチゴ「あまおう」の販売促進フェア。

2018 7/24 14:20
社会

【地方公務員最前線 変わる仕事と役割】<1>「5時から男」街を泳ぐ 官民の垣根自在に越え

空き家を改装して移り住み、地域づくりの拠点にした後藤好信さん(左)と河野功寛さん=大分県佐伯市

 自称「空き家買っちゃう系公務員」の大分県佐伯市職員後藤好信(35)は2015年、10年以上も空き家になっていた元時計店を購入した。寂れかけた同市船頭町の旧市街地を何とかしたい。

PR

PR

注目のテーマ