コーナー

「玄海原発」

「玄海原発」に関するこれまで扱われたニュース一覧を最新順に掲載しています。

2021 10/20 6:00
福岡政治九州ニュース

「給付金、子どもに負担は」「コロナ後の生活は」 有権者、政治姿勢も問う

候補者の演説に拍手を送る有権者たち=19日午前、長崎市(撮影・金田達依)

 与野党ともに力点を置く新型コロナ対策では「ばらまき型」の主張が目立ち、具体的な財源論は聞こえてこない。少子化、エネルギー、憲法改正…。

2021 10/20 6:00
九州ニュース福岡佐賀長崎政治

コロナ、安保、原発…候補者が語ったこと、語らなかったワケ

衆院選がスタートし、候補者の熱弁に耳を傾ける有権者たち=19日午後6時すぎ、北九州市小倉北区(撮影・佐藤雄太朗)

 約4年ぶりの衆院選が19日公示され、12日間の論戦の幕が開けた。新型コロナウイルス下で行われる初の大型国政選挙。

2021 10/4 11:30
佐賀社会

玄海原発の乾式貯蔵施設巡り市民団体が要望質問書提出 

県の担当者(右)に要望質問書を手渡す「玄海原発の廃炉問題を考える会」のメンバー

 九州電力玄海原発(玄海町)の使用済み核燃料を金属容器で保管する乾式貯蔵施設について、市民団体「玄海原発の廃炉問題を考える会」は1日、県庁を訪れ、使用済み核燃料の搬出先が確実に確認できた後に事前了解を判断するよう知事に求める要望質問書を提出した。

2021 9/26 6:00
佐賀鹿児島政治

「脱原発」に揺れる自民党員 河野氏持論に警戒感、論戦には期待も

自民党の広報紙で4人の主張を見比べる中間則行さん。経営する会社は受注のほとんどを原発に頼る=23日、鹿児島県薩摩川内市

 29日に開票される自民党総裁選は、脱原発が持論の河野太郎行政改革担当相が出馬し、原発を巡る議論が争点の一つになった。九州電力玄海原発(佐賀県玄海町)と川内原発(鹿児島県薩摩川内市)を抱える地元では、選挙戦で優勢が伝わる河野氏に多くの自民党員が警戒感をあらわにする。

2021 9/23 6:00
政治政治

「不祥事体質変えて」「実現できる政策を」九州の自民党員、1票の思い

党員の思いを表にする(7~8人程度。項目は「誰に入れるか」「理由」を予定)

 菅義偉首相の後継を決める自民党総裁選は、29日の投開票まで残り1週間となった。3年ぶりとなる全国一斉の党員投票が実施される今回は、直後に衆院選を控え、世論に近いとされる党員の動向が鍵を握る。

2021 9/23 6:00
佐賀政治

原発と真摯に向き合う自覚を 定数割れ玄海町議選、記者メッセージ

玄海町に立地する九州電力玄海原発(写真奥)

 21日に無投票当選が決まった玄海町議選。定数10に対し9人(現職7人、新人2人)しか立候補せず、初の定数割れとなったが、議員は九州電力玄海原発が立地する町の住民代表として、原発に絡む問題に真摯(しんし)に取り組む責務がある。

2021 9/22 6:00
佐賀政治

原発の町また無投票に逆戻り 玄海町議会、初の定数割れ

告示後に町中を走る選挙カー=21日午後、佐賀県玄海町

 佐賀県玄海町議選(定数10)が21日告示され、現職7人と新人2人のほかに立候補の届け出がなく、9人の無投票当選が決まった。無投票は8年ぶり2回目で、定数割れは初めて。

2021 9/19 6:00
経済佐賀科学・環境連載

廃炉原発の送電設備も「魅力的」…玄界灘望む公園に集うスーツ姿の団体

回れ!洋上風力

 呼子大橋で本土とつながる佐賀県唐津市の加部島。玄界灘を一望する「風の見える丘公園」にはコロナ禍前の昨年春まで、スーツ姿の団体がたびたび訪れていた。

2021 9/11 6:00
経済国際

独自マニュアルや行動基準…「9.11」機に進んだ九州企業の備え

西鉄電車の車両で行われたテロ対策訓練=2019年11月(西日本鉄道提供)

 2001年の米中枢同時テロから11日で20年を迎えた。世界中を震撼(しんかん)させたテロを機に、海外に拠点を置く九州の企業でも有事に備えた独自のマニュアルやルールづくりが進んだ。

2021 9/10 11:30
佐賀社会

佐賀県で新たに24人感染

新型コロナ県内感染者数 9日発表分

 佐賀県は9日、10歳未満~60代の男女24人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。県が確認した感染者は再陽性も含めて累計5536人となった。

2021 9/9 11:30
佐賀社会

佐賀県で30人の感染確認 病床使用率は38・5%

新型コロナ県内感染者数 8日発表分

 佐賀県は8日、10歳未満~80代の男女30人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。県が確認した感染者は再陽性も含め累計5512人となった。

2021 9/7 6:00
経済佐賀

玄海原発のテロ対策施設、工事再開 九電が発表

 九州電力は6日、佐賀県玄海町の玄海原発3、4号機に新設するテロ対策施設「特定重大事故等対処施設」(特重施設)の新設工事を再開したと発表した。新型コロナウイルスの陽性者が相次ぎ、8月23日から工事を中断していた。

2021 9/4 6:00
経済佐賀社会

使用済み核燃料乾式貯蔵施設 玄海町が事前了解 九電に伝達

九州電力の担当者(左)に事前了解の文書を渡す佐賀県玄海町の脇山伸太郎町長=3日午後2時すぎ、玄海町役場

 佐賀県玄海町は3日、九州電力玄海原発(同町)の使用済み核燃料を金属容器で保管する「乾式貯蔵施設」の新設計画について、九電に事前了解を伝えた。着工には、ほかに県の事前了解と原子力規制委員会の工事計画認可が必要になる。

2021 9/3 11:30
佐賀社会

佐賀県で新たに50人感染 80歳以上の1人死亡

新型コロナ県内感染者数 2日発表分

 佐賀県は2日、10歳未満~80代の男女50人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。県が確認した感染者は再陽性も含め5271人となった。

PR

PR