まとめ

「アウン・サン・スー・チー」

「アウン・サン・スー・チー」に関するこれまで扱われたニュース一覧を最新順に掲載しています。

2021 10/18 19:41
国際

ASEAN首脳会議の排除に不満

 【ヤンゴン共同】ミャンマー国軍トップのミン・アウン・フライン総司令官は18日のテレビ演説で、クーデターで政権を追われた民主派による暴力が横行していると主張した。東南アジア諸国連合(ASEAN)が、暴力停止や特使受け入れに国軍が応じないことを理由に、今月下旬の首脳会議に総司令官を招かないと決定したことに対し、強い不満を示した。

2021 10/15 7:32
国際

スー・チー氏との面会を要請か

 【ヤンゴン、バンコク共同】ミャンマーで、クーデターで全権を掌握した国軍の統制下にある外務省は14日に声明を出し、東南アジア諸国連合(ASEAN)の特使派遣が実現しないのは国内法で認められていない「特定個人」との面会にこだわったことが障害となったためだと主張した。軟禁中のアウン・サン・スー・チー氏らが念頭にあるとみられる。

2021 10/9 6:00
国際社会

「ジャーナリスト全体の勝利」 東南アジアの記者、ノーベル平和賞を歓迎

 【バンコク川合秀紀】ノーベル平和賞にフィリピンの女性ジャーナリスト、マリア・レッサ氏らが選ばれたことを受け、メディア規制が厳しい強権国家が多い東南アジアの記者らが個人の会員制交流サイト(SNS)などを通じ「各国で闘うジャーナリスト全体の勝利だ」と口々に歓迎した。 英BBCバンコク特派員のジョナサン・ヘッド氏は自身のツイッターに「(政府による)敵対的な環境下でメディアの独立性を守る闘いを続けるレッサ氏への素晴らしい評価だ」と投稿。

2021 9/8 6:00
国際

ミャンマー民主派、焦りの宣戦布告 迫る国連総会、成果なく市民不満

7日朝、オンラインで演説する「挙国一致政府」のドゥワ・ラシ・ラー副大統領=公式SNS映像から

 ミャンマー民主派勢力でつくる「挙国一致政府(NUG)」が7日、国軍に対する全国規模の“宣戦布告”を出した。自らの正統性を国際社会に訴えてきたが逆に国軍支配の既成事実化が進み、NUGへの不満が強まっていた。

2021 8/4 22:21
国際

ミャンマー特使人事で合意

 ブルネイのエルワン第2外相=2019年9月、米ニューヨーク(AP=共同)

 【シンガポール、バンコク共同】東南アジア諸国連合(ASEAN)は4日、臨時外相会議を開き、クーデターで国軍が実権を握ったミャンマーへの特使に、ブルネイのエルワン第2外相を充てることで合意した。国軍はこれまで早期の特使受け入れに消極的な姿勢を示してきた。

2021 7/31 6:00
国際

ミャンマー国営紙に見た国軍の“DNA” 政変半年、進む既成事実化

国軍が表明した選挙不正調査など5項目のロードマップは国営紙の1面などで毎日大きく掲載される=7月28日付「グローバル・ニュー・ライト・オブ・ミャンマー」1面から

 【バンコク川合秀紀】ミャンマー国軍がクーデターで全権を掌握して8月1日で半年。アウン・サン・スー・チー前政権の排除と軍政の既成事実化を進めるが、なぜここまで国軍支配にこだわるのか。

2021 7/27 5:18
国際

ミャンマー、NLD解党も

 【ヤンゴン共同】ミャンマーの国営放送は26日夜、クーデターで全権を握った国軍が任命した選挙管理委員会が、アウン・サン・スー・チー氏率いる国民民主連盟(NLD)が圧勝した昨年11月の総選挙について、不正を調査し正式に無効と判断したと報じた。軍政はこれを根拠にNLDを解党処分とする狙いとみられる。

PR

開催中

第13回あんぱんパーク

  • 2021年10月21日(木) 〜 2021年10月28日(木)
  • ベイサイドプレイス博多 海側イベントスペース
開催中

第5回写遊会 写真展

  • 2021年10月15日(金) 〜 2021年10月29日(金)
  • まいなびギャラリー(北九州市立生涯学習総合センター1階)

PR