まとめ

「アウン・サン・スー・チー」

「アウン・サン・スー・チー」に関するこれまで扱われたニュース一覧を最新順に掲載しています。

2020 9/9 6:00
国際

ロヒンギャ揺れる1票 失望「でも軍よりまし」 ミャンマー総選挙開始

ミャンマー総選挙への複雑な思いを語るタイ在住のロヒンギャ、イスマイルさん=8月29日、パトゥムタニ県

 【バンコク川合秀紀】11月8日投票のミャンマー総選挙は8日、各党の選挙運動が始まった。2015年の前回選挙はアウン・サン・スー・チー氏率いる政党が圧勝し、軍主導の政治に終止符を打った。

2020 8/7 16:07
国際

ミャンマー、総選挙まで3カ月

 総選挙への立候補を届け出たミャンマーのアウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相=4日、ヤンゴン(共同)

 【ヤンゴン共同】ミャンマー選挙管理委員会は7日、11月8日の投票まで3カ月となった総選挙の立候補受け付けを締め切った。アウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相の人気は依然高く、与党の国民民主連盟(NLD)が優位を保つ。

2020 5/25 10:37
国際

ミャンマーで手作りマスク奨励

 手製のマスクを着けたミャンマーのアウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相=13日(本人のフェイスブックから、共同)

 【ヤンゴン共同】ミャンマーのアウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相がこのほど、新型コロナウイルス対策の一環として、手作りマスクのコンテストを開催した。市販マスクが買えない貧困層も多く、布マスク作りを促すのが目的。

2020 5/18 14:52
国際

東南アジア、メディアが二重危機 「記事なくても困らない」強権拡大

感染防止のためとして、記者が出席できず映像だけの形が続くタイのプラユット首相の「会見」=4月27日(携帯画面)

 新型コロナウイルスの感染拡大によって、報道メディアが二重の危機にさらされている。正当化されやすい政府の規制強化で取材と報道が厳しく制限され、経済環境の悪化で経営も揺らいでいるためだ。

2020 3/12 6:00
国際

軍権限抑制の改憲案否決 与党、総選挙へ対決姿勢 ミャンマー

イメージ

 【バンコク川合秀紀】ミャンマー連邦議会は11日までに、国軍の権限を抑制する複数の憲法改正案の採決を行い、いずれも否決した。改憲案は政権リーダーのアウン・サン・スー・チー国家顧問率いる与党が主導したが、議会は議席の25%が軍人に割り当てられており、改憲に必要な75%超の賛成を得られなかった。

2020 1/19 12:37
国際

FB、中国主席「肥だめ」と誤訳

 スクリーンに映し出された米フェイスブックのロゴマーク=2018年3月(AP=共同)

 【ニューヨーク共同】米IT大手フェイスブック(FB)は、中国の習近平国家主席の英語表記を、同社の会員制交流サイト(SNS)上で誤変換する問題があったとして謝罪した。「Xi Jinping」とすべきところが、肥だめや汚い場所などを意味する「Shithole」と表示されていた。

2020 1/18 20:34
国際

中国、インド洋へのインフラ着手

 ミャンマー・ネピドーで、中国の習近平国家主席(左)と会談前に握手するアウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相=18日(ミャンマー政府提供・共同)

 【ヤンゴン、北京共同】ミャンマーを公式訪問中の中国の習近平国家主席は18日、首都ネピドーで、アウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相と会談した。中国雲南省とインド洋への玄関口である西部ラカイン州チャウピューを高速道路などで結ぶ「中国・ミャンマー経済回廊」を実行段階に移すことで一致した。

2020 1/17 19:21
国際

中国の習近平氏、ミャンマー訪問

 ミャンマーの首都ネピドーに設置された、中国の習近平国家主席を歓迎する看板=17日(AP=共同)

 【ヤンゴン共同】中国の習近平国家主席は17日、ミャンマーを公式訪問した。ミャンマーは、中国が進める巨大経済圏構想「一帯一路」の要に当たり、訪問を通じて影響力を拡大し、「中国・ミャンマー経済回廊」の建設を本格化させる狙いがある。

2020 1/14 15:55
国際

ミャンマー紙幣にスー・チー氏父

 ミャンマーで発行が始まった新紙幣。アウン・サン将軍の肖像画が描かれている=8日、ヤンゴン(共同)

 【ヤンゴン共同】ミャンマー中央銀行はこのほど、「建国の父」と称されるアウン・サン将軍(1915~47年)の肖像画を使った新紙幣の発行を始めた。アウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相の父で、今も国民に敬愛されている。

2019 12/13 9:41
国際

国際法廷でスー・チー氏棄却要求

 12日、オランダ・ハーグの国際司法裁判所を出るミャンマーのアウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相(ロイター=共同)

 【ヤンゴン共同】ミャンマー国軍などによるイスラム教徒少数民族ロヒンギャ迫害はジェノサイド(民族大量虐殺)条約違反だとして、迫害停止の仮処分などを求めた訴訟の3日目の審理が12日、国際司法裁判所(ICJ、オランダ・ハーグ)で行われた。ミャンマーのアウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相は棄却を要求し、審理が終了した。

2019 12/12 15:04
国際

ロヒンギャ迫害訴訟、審理終了へ

 オランダ・ハーグの国際司法裁判所前で、ミャンマーのアウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相に反発するロヒンギャの支援者ら=10日(共同)

 【ヤンゴン共同】ミャンマー国軍などによるイスラム教徒少数民族ロヒンギャ迫害はジェノサイド(民族大量虐殺)条約違反だとして、同国に迫害停止を求める訴訟の3日目の審理が12日、国際司法裁判所(ICJ、オランダ・ハーグ)で行われた。原告とミャンマーの双方が再び弁論を行い、3日間の審理が終了。

2019 12/11 18:51
国際

スーチー氏、国際法廷で虐殺否定

 ロヒンギャ問題の初日の審理を終え、国際司法裁判所を後にするミャンマーのアウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相=10日、オランダ・ハーグ(共同)

 【ハーグ、ヤンゴン共同】国際司法裁判所(ICJ、オランダ・ハーグ)は11日、ミャンマー国軍などによるイスラム教徒少数民族ロヒンギャ迫害を巡る審理を続開した。ジェノサイド(民族大量虐殺)条約違反だとして迫害停止などを求める原告に対し、ミャンマーのアウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相はジェノサイド行為を否定した。

2019 12/10 21:28
国際

スー・チー氏へ大規模連帯集会

 10日、ミャンマーの最大都市ヤンゴンで、集会に参加した市民ら(共同)

 【ヤンゴン共同】ミャンマーの最大都市ヤンゴンで10日、国際司法裁判所(ICJ、オランダ・ハーグ)の審理に出廷するため、ハーグ入りしているアウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相への連帯を示そうと、市民ら約3千人が大規模な集会を開いた。  市民らは、スー・チー氏の顔が描かれたポスターなどを掲げ「国の威厳を守れ」と繰り返した。

2019 12/10 19:00
国際

スー・チー氏、ICJ出廷へ

 8日にオランダ・ロッテルダムの空港で出迎えられるミャンマーのアウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相(中央)(ミャンマー政府提供、AP=共同)

 【ハーグ共同】ミャンマー国軍などによるイスラム教徒少数民族ロヒンギャ迫害は民族大量虐殺・迫害を国際法上の罪と定めたジェノサイド条約違反だとして、迫害停止などを同国に求める訴訟の初の審理が10日、国際司法裁判所(ICJ、オランダ・ハーグ)で行われた。12日までの審理中、ミャンマーのアウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相が国の最高指導者として異例の出廷をし、反論する見通し。

2019 11/30 16:16
国際

スー・チー氏、12月国際法廷に

 ミャンマーのアウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相

 【ヤンゴン共同】ミャンマーのイスラム教徒少数民族ロヒンギャの迫害問題を巡り、アウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相が12月上旬にオランダの国際法廷に赴き、欧米諸国からの厳しい批判に直接反論することになった。国内では歓迎の声が上がる一方、事実上の国のトップだけに、不調に終わった場合のリスクが高すぎるとの懸念も聞かれる。

2019 11/4 13:01
国際

揺らぐ「スー・チー信奉」 ミャンマー総選挙まで1年 続く民族紛争、経済低迷に落胆 市民「彼女は好きだが政権は…」

アウン・サン・スー・チー氏のグッズが並ぶNLD本部前の売店。売れ行きは「以前と変わらず好調」という=10月23日、ヤンゴン

 ミャンマーが半世紀続いた軍人支配を脱し、政権交代を果たした2015年11月の総選挙から4年。この間、民主化の象徴として政権を事実上率いてきたアウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相(74)にとって初の本格的審判となる総選挙が1年後に迫る。

2019 10/21 11:15
政治

首相、即位礼外交スタート

 会談前に握手を交わす安倍首相(左)とミャンマーのアウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相=21日午前、東京・元赤坂の迎賓館(代表撮影)

 安倍晋三首相は21日、天皇陛下の「即位礼正殿の儀」に合わせて来日する各国要人との「マラソン会談」をスタートした。モルディブのソーリフ大統領を皮切りに、ミャンマーのアウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相、パレスチナ自治政府のアッバス議長らと東京・元赤坂の迎賓館で会談した。

2019 9/25 18:59
国際

移動図書館、国家事業に

 ミャンマーの首都ネピドーでの式典で、あいさつするアウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相=25日(共同)

 【ネピドー共同】日本の地方図書館や企業が援助し、ミャンマーで2013年から行われてきた移動図書館プロジェクトが、国家事業へと“昇格”することとなり、首都ネピドーで25日、アウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相も出席して、式典が行われた。  ミャンマーには、交通の便が悪く、図書館や書店に行くのが難しい地域に住む子どもたちが多い。

2019 9/18 6:00
国際

【特派員オンライン】戒厳令下、ネット遮断の夜

 インターネットに接続されていません-。電波良好のスマートフォンにこの表示が出たとき、思わず「おお」と声が出た。

2019 9/16 13:11
国際

ロヒンギャが去った街 平穏の裏、根深い相互不信 ひそかな帰還者も ミャンマー・ラカイン州ルポ

2年前の武力衝突まで仏教徒のラカイン族とともに数千人のロヒンギャが住んでいたマウンドー郊外の集落=8月31日、ミャンマー・ラカイン州

 ミャンマーのイスラム教徒の少数民族ロヒンギャ約70万人が2017年8月、隣国バングラデシュに逃れて2年余り。避難民の暮らしは困窮を極めるが、解決の兆しは一向に見えない。

PR

PR

注目のテーマ