まとめ

「天神ビッグバン」 (3ページ目)

「天神ビッグバン」に関するこれまで扱われたニュース一覧を最新順に掲載しています。

2021 8/9 6:00
福岡経済

空襲を免れた「天神」由来の地 水鏡天満宮が結んだ日本酒と橋の縁

水鏡天満宮本殿

 福岡市・天神地区の歴史秘話を紹介する連載「天神の過去と今をつなぐ」の7回目は、「天神」の地名の由来ともなった「水鏡天満宮」周辺を取り上げます。かつて酒造場があり、横町が生まれ、知る人ぞ知る天神のホットスポット。

2021 8/8 6:00
福岡経済

東京のあのビルは“弟”だった 物語で生き続けるイムズ、天神の未来は

イムズマンのかぶりモノ。「イムズはこれからも舞台で生き続ける」と大塚ムネトさんは言う

 今月末の閉館が迫る福岡市・天神。複合商業施設・イムズには連日、別れを惜しむ多くの人が訪れ、吹き抜けを見上げる地下2階では歴史を振り返るパネル展示に見入っている。

2021 8/7 17:30
文化芸能

おしまイムズ 吹き抜けに詰まった「イズム」

開業からのイムズの歩みを振り返る「大アーカイブ展」(撮影・佐々木直樹)

 天神地区の高機能化を目指した大規模再開発プロジェクト、「天神ビッグバン」。天神の風景が様変わりする中、「イムズ」も取り壊されると聞いた私の第一声は、「えっ、どうしてイムズが?」だった。

2021 8/7 6:00
経済社説・コラム

分断の時代に天神の知恵【ウェブこの1本】

「チカっぱさみしいやん!復活まっとーけん!」は天神地下街のメッセージ

 イムズへ「贈る言葉」(7月29日) 今月末の閉館が迫る福岡市・天神の商業ビル「イムズ」に向けて周辺商業施設が懸垂幕で始めた惜別のメッセージ。SNSでは「最後に行きたい」「さびしい」と共感の声が相次いだ。

2021 8/6 6:00
経済福岡

ペンシル、本社を天神BCに移転へ

 ウェブコンサルティングを手掛けるペンシル(福岡市)は、福岡市の再開発促進事業「天神ビッグバン」1号案件で福岡地所が建設を進める天神ビジネスセンター(BC)15階に本社を移す。社員の意欲や生産性向上などが目的で、より多様な人材が集まり、活躍できる組織にする狙いもある。

2021 8/1 6:00
福岡経済

「最後まで、にぎやかに」 ぶれないイムズ、開館から支えた“4姉妹”

イムズを内側から支え続けた(左から)塚本初美さん、仲野照美さん、大森和香代さん、山本祐子さん

 32年間、福岡市・天神の中心で文化や情報を発信してきた複合商業施設「イムズ」。館内ではその歩みを振り返るパネルが展示されている。

2021 7/27 6:00
経済福岡

NEC、天神BCにオフィス機能集約 福岡市内グループ7社 1100-1200人勤務へ

NECのグループ7社を集約する天神ビジネスセンターのフロアイメージ(NEC提供)

 NECは26日、福岡市内に拠点があるグループ7社のオフィス機能を、福岡市の再開発促進事業「天神ビッグバン」1号案件で、福岡地所が建設を進める「天神ビジネスセンター(BC)」17~19階の3フロアに集約すると発表した。来年1月の営業開始を予定する。

2021 7/26 6:00
福岡経済

グランドホテルに漂う王者ライオンの誇り 偉人別宅、西鉄本社を経て

西鉄グランドホテル=1969年3月

 福岡市の「旧大名小学校」跡地は、再開発促進事業「天神ビッグバン」で複合ビルの建設工事が進行中。今回は、それに隣接する西鉄グランドホテルを巡る物語です。

2021 7/25 6:00
福岡経済

金色のイムズで輝いた「緑」 熱帯雨林とフルーツと花が潤したもの

イムズ12階のヤシの木を紹介するイムズマン

 福岡市・天神で最大とみられるヤシの木は、複合商業施設・イムズの12階にある。高さは10メートルほどある。

2021 7/20 6:00
福岡経済文化

こだわりのビルが育んだ黄金の天神カルチャー 【イムズシンポ詳報】

「イムズが目指した役割と行方」をテーマに開かれたシンポジウム=16日午後、福岡市・天神(撮影・帖地洸平)

 福岡市・天神の商業ビル「イムズ」が8月末に閉館するのを前に、シンポジウム「黄金の天神カルチャー イムズが目指した役割と行方」が16日、イムズホールであった。2部構成で、第1部では、パネリストがそれぞれの立場からイムズ開館前夜や開館後の歩みを紹介、天神カルチャーの形成にイムズが果たした役割を振り返った。

2021 7/18 6:00
福岡経済

イムズの象徴、タイルの「黄金伝説」とスパイラルエスカレーター

スパイラルエスカレーターをたたえるイムズマン

 ロックバンド「はっぴいえんど」の曲「夏なんです」の歌詞に、こんな一節がある。 ギンギンギラギラの太陽なんです──♬。

2021 7/16 21:14
福岡経済

「芸術支える存在」「余白がある都市設計を」イムズ閉館控えシンポ

「イムズが目指した役割と行方」をテーマに開かれたシンポジウム=16日午後、福岡市・天神(撮影・帖地洸平)

 福岡市・天神の複合商業施設「イムズ」が8月末に閉館するのを前に、施設が天神に果たした役割を振り返り今後を展望するシンポジウム(イムズ、西日本新聞社共催)が16日、館内のイムズホールで開かれた。 近現代史研究家の益田啓一郎さんは、敷地が明治時代に博覧会場の一角で、天神発展のきっかけになった場所であることを紹介。

2021 7/16 6:00
経済福岡

「九州に新しい資金循環作る」 MCPジャパンHDトップが語る覚悟

MCPジャパン・ホールディングス社長に就任した岡澤恭弥氏=福岡市の「福岡グロースネクスト」

 香港に拠点を置く金融グループ「MCPホールディングス」が1日、福岡市に日本本社「MCPジャパン・ホールディングス(HD)」を設立した。社長に就任したBNPパリバ証券出身の岡澤恭弥氏が西日本新聞のインタビューに応じ、九州の優れた環境技術を持つ企業やスタートアップに、今後5年間で1千億円を投資する方針などを明らかにした。

2021 7/15 6:00
福岡文化

イベントポスター、メッセージ…イムズの32年振り返る大アーカイブ展

イムズの歴史を振り返る「大アーカイブ展」(撮影・金田達依)

 8月末に閉館する福岡市中央区天神の商業施設「イムズ」で14日、開業から現在までを振り返る「大アーカイブ展」が始まった。イベントなどで使用したポスターや年表、関係者のメッセージを地下2階などに展示しており、同館の歩みをたどることができる。

2021 7/14 6:00
福岡

若手芸術家の「よりどころ」に終止符 イムズ、7月14日から最後の展覧会

展示会場の様子

 8月末で閉館する福岡市・天神の商業施設イムズにあるギャラリー「三菱地所アルティアム」で、最後の展覧会「絶望を覆すことができない恋を正義とせよ、きみが、死んでも残る花。」(西日本新聞社など主催)が今月14日開幕する。

2021 7/12 6:00
福岡経済

1棟だけでビッグバン級?の衝撃 イムズの“とがり”生んだ熾烈コンペ

イムズから、再開発「天神ビッグバン」で更地になった福ビル街区を見下ろすイムズマン

 ビルや乗り物の「かぶりモノ」で福岡の街を描く劇団「ギンギラ太陽’s」のステージ。地域を代表する老舗百貨店だった玉屋が、福岡市天神の複合商業施設「イムズ」に懇願する場面がある。

2021 7/11 6:00
福岡経済

「ナノミ」の名木とイムズ 福岡を“脱皮”させたパワースポット

イムズ完成までその敷地を見守り続けたナノミ(クロガネモチ)=左から大正時代、1977年、1988年※本紙データベースから

 8月末、福岡市・天神の複合商業施設「イムズ」が、再開発に伴って閉館します。アーキビストの益田啓一郎さんにとっても、人生を変えた思い出の場所。

2021 7/10 6:00
経済社説・コラム

迫る閉館、まだ実感わかず【ウェブこの1本】

吹き抜けよ永遠に…イムズの象徴を指さすイムズマン

 イムズの“サプライズム” 無許可のヒーローは「公認」になった(4日) 8月の閉館が迫る福岡市・天神の複合施設「イムズ」。福岡の街を描く劇団「ギンギラ太陽’s」の初代キャラクター「イムズマン」と、施設の歩みやサイドストーリーをたどる連載を「西日本新聞me」で始めた。

2021 7/4 6:00
福岡

イムズの“サプライズム” 無許可のヒーローは「公認」になった

吹き抜けよ永遠に…イムズの象徴を指さすイムズマン

 初夏の福岡は、なかなか日が沈まない。 「そこ、もうちょっと広がってみましょうか」。

2021 7/3 6:00
経済福岡

次世代移動サービスを整備 九経連・倉富新会長、コロナ後見据え意欲

アフターコロナを見据えた九州のビジョンを語る九州経済連合会の倉富純男会長=2日、福岡市(撮影・金田達依)

 6月に就任した九州経済連合会の倉富純男会長(67)=西日本鉄道会長=が西日本新聞のインタビューに応じ、新型コロナウイルス感染収束後を見据えた九州観光の再興に向けた交通ネットワーク整備や、アジアへの農水産物の輸出拡大に意欲を示した。

PR

緑のコンサート

  • 2021年12月3日(金)
  • 福岡市健康づくりサポートセンター あいれふホール

PR