まとめ

「黒田官兵衛」

「黒田官兵衛」に関するこれまで扱われたニュース一覧を最新順に掲載しています。

2019 3/31 6:00
福岡

うどん発祥地で挑戦1年 埼玉から移住中央区「円清」の岩坂さん つけ麺中心讃岐風 「通用するか試したい」

関東から単身、福岡に乗り込み、自分流のうどん作りを貫く「円清」の岩坂隆玄さん

 鎌倉時代、博多の承天寺(じょうてんじ)を開いた聖一国師が宋から製粉技術をもたらしたことから「うどん発祥の地」とされる福岡市で、異色のうどん作りに奮闘する関東出身の職人がいる。同市中央区舞鶴で手打ちうどん店「円清(えんせい)」を営む岩坂隆玄(たかはる)さん(45)。

2019 1/28 6:00
福岡

ラグビーW杯へ「官兵衛武将隊」復活 福岡市

福岡の歴史を観光客にアピールするため結成された「福岡おもてなし武将隊」

 福岡藩祖黒田官兵衛ら武将に扮(ふん)して地元の歴史をPRする「福岡おもてなし武将隊」のお披露目式が27日、福岡市早良区であった。 官兵衛とその家臣ら4人で構成。

2019 1/6 6:00
福岡

“官兵衛の名刀”手に記念写真人気

「圧切長谷部」の模造品を持って楽しむ女性

 福岡市博物館で5日、国宝の刀「圧切(へしきり)長谷部」の公開が始まった。来月3日までの公開期間中、福岡城むかし探訪館(同市中央区)で模造品の「圧切長谷部」を手に記念撮影できる特別企画が開かれている。

2018 11/22 6:00
福岡

小倉城石垣に「輪取り」工法 北九州市が3D調査 カーブさせ強度保つ

市立埋蔵文化財センターで展示されている小倉城の調査成果。立面図(中央左)や小笠原家の「三階菱」紋が入った丸瓦(中央下)などが並ぶ

 戦国武将の細川忠興が1602年に築城した小倉城の石垣に、内側に緩くカーブさせて積むことで強度を保つ「輪取り」と呼ばれる工法が用いられていることが、北九州市による石垣の構造調査で初めて明らかになった。小倉城の天守閣は1959年に鉄筋コンクリートで再建されたが、石垣は築城当時の状態をとどめているとされる。

2018 8/23 6:00
福岡

崇福寺で24日夏祭り 博多区、非公開の境内でスタンプラリー

神屋宗湛ゆかりの宗湛庵。特別公開される

 福岡藩主ともゆかりがある禅宗の名刹(めいさつ)、福岡市博多区千代の崇福寺(岩月海洞住職)で24日午後5~9時、地区活性化を目指すイベント「崇福寺地蔵盆 千代四丁目自治会夏祭り」が初めて開かれる。灯明で地蔵堂を彩るほか、普段は非公開となっている境内各所と隣接する黒田家墓所でスタンプラリーなど多彩なイベントがある。

2018 8/18 6:00
大分

中津市が福岡地下鉄ジャック ポスター730枚、誘客作戦 優遇商品券や格安臨時バス

1編成(6両)がまるごと中津市のPRポスターで埋め尽くされた福岡市営地下鉄の列車

 災害による風評被害を克服しようと、中津市が福岡都市圏からの観光客誘致を狙い、福岡市営地下鉄の列車を市の観光PRポスターで埋め尽くす「地下鉄ジャック」を展開している。地元商工会なども、観光客向けの優遇商品券を発行したりJR中津駅と耶馬渓を格安臨時バスで結んだりするなど、観光客増に向けてさまざまな取り組みを実施している。

2018 7/13 6:00
福岡

「藤花」段違いの華やかさ 千代流の舁き山笠 「追い山ならし」機に変身

藤の花の飾りが大幅に増えた変身後の二番山笠・千代流の舁き山笠

 黒田官兵衛父子をモデルとした千代流(ながれ)(西川裕庸総務)の舁(か)き山笠「藤花庸功千代芳」は、この日の「追い山ならし」を境に変身。高さを増し、人形を引き立てる藤の花の飾り付けが、前日までとは段違いの華やかさになり、見物客の目を引きつけた。

2018 7/11 6:00
福岡

千代流が黒田父子ゆかりの寺に 博多山笠流舁き

崇福寺の山門をくぐり抜ける二番山笠・千代流の舁き山笠

 福博の夏を彩る博多祇園山笠の「流舁(ながれが)き」が行われた10日、二番山笠・千代流(西川裕庸総務)は、舁(か)き山笠を、今年の山笠人形の黒田官兵衛(如水)・松寿丸(後の長政)の父子と深い縁のある地元の禅寺・崇福寺(岩月海洞住職、福岡市博多区千代)に舁き入れた。 崇福寺は黒田家のかつての菩提(ぼだい)寺で、藩祖・如水と初代藩主・長政の親子は、後世の藩主らとともに寺に隣接する市指定史跡「黒田家墓所」に眠る。

2018 5/5 6:00
福岡

九州風景街道マイスターに森田さん(築上町)選出 「豊の国」の歴史伝える

「九州風景街道マイスター」の認定証交付式であいさつする森田郁生さん

 北九州市小倉北区の常盤橋から大分県宇佐市の宇佐神宮に至る「豊の国歴史ロマン街道」を舞台に、歴史を生かした地域づくりに取り組んできた築上町の森田郁生さん(83)が、「九州風景街道マイスター」に選ばれた。国土交通省や有識者でつくる「九州風景街道推進会議」が、豊の国歴史ロマン街道のウオーキングガイドや講演会の講師を長年務めたことを評価し、認定した。

2018 4/8 6:00
福岡

「黒田二十四騎」の一人 竹森次貞子孫の墓が若松に 惣牟田集落守り継ぐ 神奈川大名誉教授ら調査

惣牟田集落で行われた墓の現地調査

 福岡藩祖黒田官兵衛(如水)と初代藩主長政の父子を支えた精鋭家臣団「黒田二十四騎」の一人、竹森次貞(たけのもりつぐさだ)(1550~1621)の子孫の墓が若松区の山間部・惣牟田集落に現存していることが、神奈川大の田上繁名誉教授(日本近世経済史)らの調査で分かった。地元では「殿様の墓」と伝わり、今も大切にされている。

2018 4/3 6:00
大分

洞窟の中で護摩たき安寧祈る 玖珠町で「かまどケ岩春祭り」

洞窟のなかで護摩たきが行われた玖珠町古後の「かまどヶ岩春祭り」

 玖珠町古後のかまどヶ岩公園で1日、「かまどヶ岩春祭り」があり、洞窟の中での護摩たきやステージイベントなどで山あいの公園はにぎわいを見せた。 かまどヶ岩は広さ約200平方メートルの自然の洞窟で、戦国時代の武将黒田官兵衛の家臣、後藤又兵衛が大坂夏の陣の後、隠れ住んだとの言い伝えがある。

2018 3/24 6:04
福岡

北九州市の副都心を元気に イベント「全力!黒崎」25日に初開催 ウオーキングコース試し歩き

黒田官兵衛、長政親子を祭る春日神社

 スポーツを通じ、北九州市の副都心・八幡西区黒崎地区に元気やにぎわいをもたらそうと、八幡西区役所は25日、イベント「全力!黒崎」を初開催する。地区を巡るウオーキング大会「黒崎スプリングウォーク」などを予定。

2018 3/21 6:00
福岡

官兵衛しのび415回忌の法要 博多区の崇福寺

黒田官兵衛の墓前にお参りする人たち

 福岡藩祖・黒田官兵衛(如水)の四百十五回忌の法要が、官兵衛の命日となる20日、福岡市博多区千代の崇福寺(岩月海洞住職)であり、黒田家の顕彰団体「藤香(とうこう)会」の会員など約60人が遺徳をしのんだ。 同寺方丈では、官兵衛の肖像画が飾られ、読経が流れる中、参列者が次々に合掌。

2018 3/3 6:15
福岡

後藤又兵衛の膳は「寺の宝」 黒田家出奔後かくまった西福寺に保存 悲運の武将支えた証し

西福寺に大切に保存されている後藤又兵衛の膳。塩先住職は「寺の宝です」と語る

 黒田家の家臣「黒田二十四騎」の一人で、「やりの又兵衛」と称された戦国武将の後藤又兵衛基次(1560~1615)。黒田方を出奔後、彼は流浪生活を送った。

2018 2/21 6:00
福岡

福岡どれだけ知っとう? ご当地検定にチャレンジ

検定に向けた学習で作った資料を持つ児玉龍誠君(左)と姉の碧さん。龍誠君の頭上にあるのが父征久さんの合格バッジ

 福岡市に住み始めてもうすぐ1年になる。取材で市内各地を訪れ、「記者なのに、そんなことも知らんのか」と取材相手に叱られながらも、福岡のことを一つ、また一つと知ってきた。

2017 4/19 14:57
こどもタイムズ

【きょうのテーマ】和紙と竹で和傘づくり 大分県中津市 和傘工房「朱夏」をたずねて

鮮やかな赤色の和傘。和紙を通る光が美しい

 ●天にかざすと美しい光が… 雨音も楽しみ 和紙と竹で作る日本伝統の和傘。黒田官兵衛がひらいた城下町、大分県中津市では江戸時代から作られている。

2016 7/15 19:10
経済

心を癒やす「最高のシメ」は? 日本三大歓楽街の「中洲」

水面に映える福岡市・中洲のネオン

 ススキノ(札幌市)、歌舞伎町(東京・新宿)と並ぶ、日本三大歓楽街の一つが、福岡市・中洲だ。那珂川と博多川に挟まれたまさに「中州」には、2600軒ものスナックやクラブがひしめき、水面に映るネオンが男心を誘う。

2016 7/15 18:58
経済

《福岡と博多》“ツートンカラー”の微妙な関係 便利な表現は「福博の街」

黒田二十四騎と黒田長政に扮(ふん)し旧福岡城内を練り歩く武者行列=3月27日、福岡城おおほりまつり

 今やNHKの“顔”として定着した感のある桑子真帆アナウンサー=神奈川県出身=に、「博多と福岡の違いは何だと思うか?」と質問が飛んだ。今年3月までレギュラー出演していた人気番組「ブラタモリ」の博多編(2015年9月放送)でのことだ。

2014 9/11 16:01
文化

大名道具など100点 特別展「黒田家の美術」

■28日まで福岡市美術館  江戸時代に福岡藩主を務めた黒田家の名品を紹介する特別展「黒田家の美術~きらめきの大名道具」が28日まで、福岡市中央区大濠公園の同市美術館で開かれている。 福岡藩は戦国時代に軍師として名をはせた黒田官兵衛(1546~1604)が礎を築いた。

2014 9/2 14:57
文化

大名道具など100点 2日から「黒田家の美術」展 福岡市

金襴軍袍(亀甲地文牡丹唐草金襴)桃山時代/福岡市美術館所蔵

 江戸時代に福岡藩主を務めた黒田家ゆかりの名品を紹介する特別展「黒田家の美術~きらめきの大名道具」が2日、福岡市中央区大濠公園の同市美術館で開幕する。28日まで。

PR

PR

注目のテーマ