まとめ

「中西進」

「中西進」に関するこれまで扱われたニュース一覧を最新順に掲載しています。

2020 3/25 6:09
政治

中西進氏「和景」「清明」も提案

 中西進・元大阪女子大学長

 政府から元号の候補名考案を委嘱された中西進元大阪女子大学長(日本古典)が昨年4月1日の発表直前、現在の元号「令和」に加え、いずれも日本古典を出典とする「和景」「清明」を政府に提案していたことが分かった。最終的には、安倍晋三首相が最も気に入った令和が採用され、和景、清明とも幻の元号案となった。

2020 2/20 21:55
福岡社会

「令和」命名者招くイベント中止 新型コロナで太宰府市「お体第一」

大宰府政庁跡で2月8日に再現された「梅花の宴」

 福岡県太宰府市は20日、福岡市内で新型コロナウイルスの感染者が確認されたことを受け、22日から予定していた元号「令和」の命名者、中西進氏(90)を招いたイベントを中止すると発表した。今後については「全くの白紙」としている。

2020 1/16 16:09
くらし

令和行事の出演、公募に変更

 元号「令和」にゆかりのある福岡県太宰府市は16日、2月23日に開く「梅花の宴」の再現イベントの出演者について、ふるさと納税の高額寄付者を対象にしていた募集方法を改め、一般公募に切り替えたと明らかにした。寄付者から「一般の人が広く参加できるようにすべきだ」と指摘されたことなどが理由という。

2019 12/27 6:00
福岡

「梅花の宴」出演者募集 太宰府市、2月に「令和」の名付け親迎え再現

 福岡県太宰府市は来年2月、元号「令和」の考案者で国文学者の中西進氏(90)を迎えて再現する「梅花の宴」の出演者を募集している。 梅花の宴は730(天平2)年、大伴旅人が西国の官人らを集めて歌32首を詠み合ったとされる酒宴。

2019 11/27 6:00
福岡社会

「令和」考案の中西氏、来春太宰府へ 「梅花の宴」に参加

中西進氏

 福岡県太宰府市の楠田大蔵市長は26日、元号「令和」を考案した国文学者の中西進氏(90)を来年2月22、23の両日、同市に招くと発表した。講演会のほか、地元の小中学生による「子ども未来会議」や、大宰府政庁跡で再現する「梅花の宴」に参加してもらう。

2019 10/18 19:24
政治

即位礼、令和考案の中西氏参列へ

 政府が18日に発表した天皇陛下の「即位礼正殿の儀」の参列者には、新元号「令和」を考案した中西進元大阪女子大学長も含まれていた。「各界代表」枠での選出。

2019 9/14 21:10
政治

新元号、「天翔」が一時有力に

 中西進・大阪女子大元学長

 政府が新元号の候補名提出を正式委嘱した専門家は「令和」を考案した中西進大阪女子大元学長(日本古典)ら5人だったことが判明した。安倍晋三首相の意向を反映する形で、国書(日本古典)の専門家2人が含まれていた。

2019 8/5 16:38
政治

新元号、宇野茂彦氏が4案提出

 元号最終候補6案と出典・考案者一覧

 政府が新元号を4月に決める際に有識者懇談会などへ示した最終候補6案の考案者と出典の全容が判明した。「英弘」「久化」「広至」「万保」の四つは宇野茂彦中央大名誉教授(中国哲学)が提出。

2019 5/10 17:30
政治

中西氏、令和考案を事実上認める 「万葉集が良い」

 中西進・大阪女子大元学長

 新元号「令和」の考案者とみられている中西進大阪女子大元学長は10日発売の月刊誌「文芸春秋」で「典拠としては国書である万葉集が良いと考えた。令に勝る文字はないと中西という人は思っていた」と明かした。

2019 5/1 10:52
社説

令和の幕開け 弱き者に寄り添う時代に

 5月の薫風が新しい時代を運んできた。皇太子さまがきょう、新天皇として即位され、新しい元号「令和」が始まった。

2019 4/12 11:46
文化

古今東西にわたる文学と歴史学の対論から日本人の生き方を学ぶ

『災害と生きる日本人』中西進 磯田道史著

 古代文学、とりわけ『万葉集』研究の大家にして文化勲章受章者の中西進、『武士の家計簿』を先駆けに数々の歴史書をものにしてきた磯田道史、その年齢差41歳の碩学ふたりが語り尽くす対談集である。「災害」という言葉がタイトルに入っているものの、全編にわたって「災害」を文学や歴史学の観点から論じているのではなく、「災害」を直接のテーマにしているのは第1章だけである。

PR

PR

注目のテーマ