復刻連載・私たちも、産みたい~夫が不妊の場合
連載

「復刻連載・私たちも、産みたい~夫が不妊の場合」

2011年、著書「私は、産みたい」で不妊治療を告白した野田聖子さんが出産し、話題を呼んだ。あれから9年。少子化には歯止めがかからず、不妊に悩む夫婦は後を絶たない。この間、「家族づくり」を取り巻く環境はどう変化したのか。男性不妊を取り上げた10年前の連載を読み返すと、答えが見えてくる。

2020 11/27 12:35
九州ニュース

不妊治療がきっかけ…気付いた夫の優しさ 結婚11年、見つけた「等身大の形」

イメージ(本文と直接関係ありません)

 午後10時を過ぎたころ、夫が店の前に現れた。「お待たせ」。

2020 11/26 12:20
九州ニュース

「親のエゴなのかも」不妊治療で3人目…夫婦の願い

イメージ

 長男(5)の通う幼稚園の遠足で、ママ同士の会話に熱がこもった。話題は、2人目。

2020 11/25 13:08
九州ニュース

病院での診断でどん底に…逆に深まった「夫婦の絆」

イメージ(写真と本文とは関係ありません)

 それはもうショックでしたよ。精子がないって一体どういうこと、って。

2020 11/24 13:44
九州ニュース

「ごめんね、俺のせいで」消えた三つの心拍…妻と夫の苦悩

イメージ(本文と直接関係ありません)

 診察室から妻(32)が出てきた。「やっぱり駄目だった…」。

2020 11/20 16:10
九州ニュース

無精子症の夫、離婚は「おまえが決めて」 主治医の言葉にすがり…

治療のたびに病院から渡される資料には、顕微授精の結果が記入されている。受精卵の分割がうまくいかずに子宮内に移植できないこともあるという

 ドアを開けると生協の勧誘員が立っていた。-結婚されてるんでしょ。

PR

PR

注目のテーマ