まとめ

「台風19号」 (3ページ目)

「台風19号」に関するこれまで扱われたニュース一覧を最新順に掲載しています。

2019 12/3 6:00
福岡

【動画あり】筑後から世界へ挑む(5)泳ぐ宝石に愛情 尾形養鯉場社長

尾形学社長

 「5万両(円)!」「10万両!」―。競り人の威勢のいい声につられて、番号が書かれたしゃもじを持つ手が次々に上がる。

2019 12/2 17:24
くらし

修復ピアノを保育園に寄贈

 台風19号で浸水被害を受けた私立「はと保育園」で、ピアノ調律師遠藤洋さん(右奥)が寄贈したピアノを演奏する西村由紀江さん=2日、福島県いわき市

 台風19号で園舎が浸水被害に遭い、ピアノを失った福島県いわき市の私立「はと保育園」に2日、同市のピアノ調律師遠藤洋さん(60)が自身で修復したピアノ1台を寄贈した。贈呈を祝い、東日本大震災の被災地支援を続けるピアニストの西村由紀江さん(52)が同園を訪れ、クリスマスソングを演奏すると、園児らに笑顔が広がった。

2019 12/1 21:00
くらし

3月14日定期ダイヤ復旧へ

 10月、台風19号による大雨で水に漬かった北陸新幹線の車両=長野市赤沼

 台風19号による被災のため本数を減らして運行している北陸新幹線の定期ダイヤは、JR各社が大規模なダイヤ改正をする来年3月14日に全面復旧することが1日、JR関係者への取材で分かった。水没した長野市の車両センターに、2編成分の列車を止める機能を回復させることで実現のめどが立った。

2019 11/29 17:52
経済

JR東、線路など復旧170億円

 台風19号による大雨で一時水に漬かった北陸新幹線の車両

 JR東日本は29日、台風19号により被害を受けた線路などの復旧費用が、現時点で約170億円に上る見通しだと発表した。大部分を特別損失として2020年3月期連結決算で計上する。

2019 11/29 9:34
経済

10月の鉱工業生産4・2%低下

 鉱工業生産指数の推移

 経済産業省が29日発表した10月の鉱工業生産指数速報(2015年=100、季節調整済み)は98・9となり、前月と比べ4・2%低下した。下げ幅は2018年1月以来、1年9カ月ぶりの大きさとなった。

2019 11/28 15:04
経済

トヨタ、国内販売20・7%減

 トヨタ自動車が28日発表した10月の国内販売は、前年同月比20・7%減の10万5049台となり、7カ月ぶりに前年実績を下回った。消費税増税前の駆け込み需要の反動が出たほか、東日本地域に大きな被害を出した台風19号で納車の遅れが発生したことが響いた。

2019 11/28 9:40
経済

小売販売額、7・1%減

 小売販売額の増減率の推移

 経済産業省が28日発表した10月の商業動態統計速報によると、小売販売額は前年同月比7・1%減の11兆900億円だった。消費税増税に伴う駆け込み需要の反動減や、台風19号による天候不順などが影響した。

2019 11/28 6:00
社会

「氾濫危険水位」超過河川4年で5.7倍 18年474事例

氾濫危険水位を超えた件数

 河川の水位がいつ氾濫してもおかしくない「氾濫危険水位」を超える事例が2018年に全国で474件に達し、うち3割近い136件を九州7県が占めたことが、国土交通省への取材で分かった。水位超過はこの数年で顕著に増加しており、都道府県が管理する河川での発生が大半を占めた。

2019 11/27 17:21
くらし

政府、全都道府県に消防ドローン

 台風19号による被災地で、被害状況を調査する新潟市消防局のドローン=10月、長野市

 政府は27日、全都道府県の消防本部1カ所に小型無人機ドローンを配備する方針を固めた。台風19号の被害などを教訓に、車や人が進入しにくい地域でも被害をすぐ把握できるようにする。

2019 11/27 11:33
くらし

鉄道復旧費、国が97・5%負担

 国土交通省は27日、台風19号で被災した地域の鉄道について、国が復旧費用の実質97・5%を特例で負担する方針を明らかにした。早期再開を後押しするためで、熊本地震で被災した第三セクター「南阿蘇鉄道」に対する支援を踏襲する。

2019 11/26 21:00
政治

「コンパクト」誘導区域で浸水

 台風19号の大雨で浸水した福島県須賀川市=10月13日

 街の中心部に住宅や公共施設などを集約する「コンパクトシティー」を目指し、自治体が設定した居住誘導区域の浸水被害が、台風19号被災地のうち少なくとも7県の14市町で起きていたことが26日、各自治体への取材で分かった。福島県須賀川市では犠牲者も出ていた。

2019 11/26 17:27
福岡

生徒会が被災地支援 八幡西区の則松中 特産品バザーなど

被災地の農産品を販売したバザーの様子(則松中提供)

 北九州市立則松中(八幡西区)の生徒会のメンバーらが東日本大震災、熊本地震、九州豪雨などの被災地支援に取り組む「きずなプロジェクト」を始めた。第1回の取り組みとして「被災地のことを忘れていない」という気持ちを伝えるため特産品を販売するバザーを学校で開き、インターネットなどで被災地の現状を調べて壁新聞を作成し、会場に掲示した。

2019 11/25 18:21
経済

政府、河川水位上昇防止へ補助金

 政府が12月にまとめる経済対策で検討している防災・減災施策の概要が25日、判明した。台風19号などで大きな被害を受けた施設の復旧と強化を同時に進める「改良復旧」を促進。

2019 11/24 12:11
政治

首相、宮城の被災地視察

 「復興グルメF―1大会」を訪れ、南三陸町の佐藤仁町長(左)から復興状況の説明を受ける安倍首相=24日午前、宮城県南三陸町(代表撮影)

 安倍晋三首相は24日、東日本大震災や台風19号による被害の復興状況を視察するため宮城県を訪問した。台風で氾濫した大崎市の吉田川の復旧作業を確認した後、記者団に「一日も早い生活となりわいの再建に向け、対策パッケージを迅速に実施する。

2019 11/22 21:37
くらし

国交省、治水対策見直し着手

 国土交通省の社会資本整備審議会小委員会は22日、初会合を開き、地球温暖化に伴う災害の激甚化を見据えた治水対策の見直しに着手した。台風19号で相次いだ堤防決壊や災害情報の不備といった課題を整理し、具体的な被害軽減策を検討する。

2019 11/22 20:23
くらし

スラムの子どもらが演奏、タイ

 台風19号や10月の豪雨により被災した日本の人々を支援するため、バンコク最大のスラム、クロントイ地区行われたチャリティーコンサート=22日(共同)

 【バンコク共同】タイの首都バンコク最大のスラム、クロントイ地区で22日、日本の支援を受けて勉強する子どもらが、日本で台風19号や10月の豪雨で被災した人々の力になろうと伝統楽器などを演奏した。  スラムの教育支援に取り組む「ドゥアン・プラティープ財団」が主催した。

2019 11/22 16:08
くらし

水分含んだ断熱材の早期除去を

 台風19号の浸水被害を受けた住宅で、壁から水分を含んだ断熱材を取り出すボランティア=18日、福島県いわき市

 台風19号の被災地各地で、浸水被害を受けた住宅から災害ごみの搬出や汚泥除去が進む中、支援団体が水分を含んでしまった断熱材の早期取り出しを呼び掛けている。過去の水害では放置したことでカビが広がったケースが多く、担当者は「早期の除去は修繕費を抑えることにもつながる」と訴えている。

2019 11/22 15:39
経済

10月の百貨店売上高17%減

 日本百貨店協会が22日発表した10月の全国百貨店売上高は、既存店ベースで前年同月比17・5%減となり、3カ月ぶりのマイナスだった。消費税増税前の駆け込み需要の反動に加え、台風19号による臨時休業も響き、大きく減少した。

2019 11/20 16:54
くらし

10月訪日客、5・5%の減少

 大阪・ミナミの名所、グリコの看板前でポーズを取る訪日観光客ら

 観光庁は20日、10月に日本を訪れた外国人旅行者は249万6600人で、前年同月より5・5%減少したとの推計を発表した。関係悪化が続く韓国からの旅客が65・5%減の19万7300人と大幅に落ち込んだ上、台風19号など災害の影響もあり、多くの海外ファンが来日したラグビーW杯効果で補えなかった。

2019 11/20 16:39
くらし

台風被災地にオレンジ色の輝き

 台風19号で被害を受けた宮城県丸森町耕野地区で始まった特産の干し柿「ころ柿」作りで、寒風にさらすためつり下げられた柿=20日午後

 台風19号で大きな被害を受けた宮城県丸森町耕野地区で、特産の干し柿「ころ柿」作りが始まった。直売所「いなか道の駅やしまや」では20日、オレンジ色の実がカーテンのようにつり下げられ、陽光に輝いていた。

PR

PR

注目のテーマ