あなたの特命取材班
まとめ

「あなたの特命取材班」

暮らしの疑問や地域の困り事から行政・企業の不正告発まで、読者の情報提供や調査依頼に応えるオンデマンド調査報道に挑んでいます。「一人を大切に」との思いで取材して書いた記事が多くの人の役に立ち、地域や社会がより良い方向へ進めば、大きな喜びです。あなたのご期待にお応えできるよう、全国各地のローカルメディアとも連携し、取材班が走ります。

2021 10/17 12:00
佐賀社会

問題を埋もれさせないで─リコール署名偽造、最初の情報提供者の思い

取材に応じる「あなたの特命取材班」への情報提供者=10月上旬、福岡県久留米市

 今回の特報のきっかけとなったのが西日本新聞「あなたの特命取材班」(あな特)に寄せられた投稿だった。署名偽造のアルバイトに参加し、その実態を最初に寄せた福岡県久留米市の50代男性に、当時の経緯や思いを聞いた。

2021 10/16 6:00
福岡社会政治

「調査員で判断違う」飲食店認証に不満続々 基準外の“ダメ出し”も

飲食店に貼られた感染防止認証店のマーク=15日、福岡市博多区(撮影・帖地洸平)

 新型コロナウイルスの感染状況が改善し、福岡県が飲食店に時短要請する独自措置が15日に解除された。県が飲食店の感染対策に“お墨付き”を出す認証制度で、申請が認められたのは5割強にとどまる。

2021 10/13 11:37
くらし

リスク見極め、広がる分散避難 本紙あな特アンケート詳報 

8月14日早朝は福岡、佐賀、長崎3県の上空に線状降水帯(赤枠)が発生。多くの市町に大雨特別警報が出され、「避難指示」より強い呼び掛け「緊急安全確保」も発令された(気象庁ホームページから)

 8月に九州を襲った停滞前線豪雨の際、自治体が避難指示を発令した地域の住民は、どんな避難行動を取ったのか。本紙「あなたの特命取材班」と無料通信アプリLINE(ライン)でつながる「あな特通信員」にアンケートを行ったところ、大半は「自宅にとどまった」と回答した(4日付朝刊1面既報)。

2021 10/11 6:00
九州ニュース医療・健康

「ブレークスルー感染」って…免疫突破型? コロナ禍であふれるカタカナ語

コロナ禍で増えた?カタカナの専門用語

 「ブレークスルー感染って、日本語で何というんですか?」。西日本新聞「あなたの特命取材班」に、素朴な疑問が寄せられた。

2021 10/7 6:00
社会

本紙と中日新聞に新聞協会賞 リコール署名偽造で連携、スクープ

リコール署名の偽造が佐賀市内で行われていたことを報じた2月16日付本紙朝刊

 日本新聞協会は6日、2021年度の優れた報道に贈られる新聞協会賞を発表した。西日本新聞社と中日新聞社によるニュース部門の「愛知県知事リコール署名大量偽造事件のスクープと一連の報道」(代表・中日新聞前社会部次長酒井和人、西日本新聞クロスメディア報道部デスク竹次稔)など6件が選ばれた。

2021 10/7 6:00
福岡佐賀社会

「リコール署名偽造」あな特投稿が端緒 地域との信頼関係の成果

㊧㊤愛知県の大村秀章知事㊧㊦2020年10月、街頭演説の後、取材に応じるリコール運動の中心メンバー㊨愛知県の大村秀章知事のリコール運動を巡り、アルバイトによる署名偽造作業に使われていたとされる佐賀県青年会館

 本年度の新聞協会賞に西日本新聞・中日新聞による「愛知県知事リコール署名大量偽造事件のスクープと一連の報道」が選ばれた。偽造の主な舞台は佐賀市の会議室。

2021 10/6 16:57
福岡

西日本新聞と中日新聞に新聞協会賞 「愛知リコール署名偽造事件」で

リコール署名の偽造が佐賀市内で行われていたことを報じた2月16日付本紙朝刊

 日本新聞協会は6日、2021年度の新聞協会賞を発表し、ニュース部門で、西日本新聞社と中日新聞社による「愛知県知事リコール署名大量偽造事件のスクープと一連の報道」などが選ばれた。 両紙は2月、愛知県の大村秀章知事のリコール(解職請求)署名活動に絡み、佐賀市内でアルバイトによる大量の署名偽造が行われていたことを連携取材でスクープ。

2021 10/6 6:00
社会福岡医療・健康

看護師ら4人感染…宿泊療養施設が一時閉鎖危機、「あり得ない」理由

一時閉鎖の危機にあった福岡県の宿泊療養施設のホテル(画像の一部を加工しています)

 新型コロナウイルス感染症の軽症者らを受け入れる福岡県の宿泊療養施設の一つで、緊急事態宣言期間中の9月上旬、看護師の感染が相次ぎ、閉鎖寸前となっていたことが分かった。西日本新聞「あなたの特命取材班」に寄せられた声を基に取材したところ、看護師が飲食を伴う会食を主催した後に感染が広がったことも判明。

2021 10/5 6:00
九州ニュース福岡政治

「フレッシュ内閣」「マリオネット内閣」あな特通信員が岸田内閣命名

名付けて「○○内閣」

 新たな内閣のイメージは―。岸田文雄内閣が発足した4日、西日本新聞「あなたの特命取材班」は、無料通信アプリLINE(ライン)でつながっている「あな特通信員」にアンケートを実施し、新内閣を表す名前を付けてもらった。

2021 10/4 6:00
福岡佐賀長崎社会

避難所での感染心配…8月の大雨「自宅にとどまった」大半  あな特通信員

「避難指示」に対する行動

 異常気象の昨今、コロナ禍の避難をどうしたか-。8月に九州各地で大きな被害を生んだ大雨時の避難について、西日本新聞「あなたの特命取材班」は、無料通信アプリLINE(ライン)でつながる「あな特通信員」にアンケートを行った。

2021 10/1 6:00
社会

緊急事態解除「妥当」でも冬の第6波に懸念根強く あな特通信員アンケ

いま不安なことや困っていることは?

 福岡県などに出ている新型コロナウイルスの緊急事態宣言が30日で解除されたのを受け、西日本新聞「あなたの特命取材班」は、無料通信アプリLINE(ライン)でつながる同県在住の「あな特通信員」にアンケートを行った。解除に関して6割弱が「妥当」と評価したが、感染第6波の到来やワクチン接種後に感染する「ブレークスルー感染」などへの懸念は根強い。

2021 10/1 6:00
福岡社会

ブレークスルー感染、ワクチン差別…続くコロナ禍、42人の「不安」

福岡県内でも進む新型コロナウイルスのワクチン接種

 新型コロナウイルス禍、どのような不安や困り事がありますか-。福岡県に出ていた緊急事態宣言が30日で解除されることを受け、西日本新聞「あなたの特命取材班」が9月29、30日に県内の通信員を対象にアンケートを実施しました。

2021 9/27 6:00
福岡社会

シカ捕獲「出動」日当過払い、猟友会が報告修正怠る 福岡県の委託事業

捕獲作業に使われるくくりわな。シカが板を踏むと、ワイヤーが足に絡まる仕掛けになっている

 福岡県東部の「耶馬日田英彦山国定公園」の犬ケ岳地区でニホンジカを捕獲する県の事業を巡り、事業委託先の県猟友会(福岡市)が2018年度、対象の山林へわなを仕掛ける作業に従事していない会員を「出動」扱いとし、日当約61万円を一時的に過払いしたのに、県に出す報告書の訂正を怠っていたことが分かった。県は西日本新聞の指摘で今年9月、県猟友会に修正資料を再提出させた。

2021 9/24 6:00
社会経済福岡

光回線4ヵ月たっても2万件がつながらない 工事遅延のNTT西に強まる不満「無責任」

NTT西日本の光回線工事遅延のイメージ

 NTT西日本のインターネット光回線サービスで5月中旬、顧客管理システムのトラブルが発生し、累計6万件の設置工事が遅延、4カ月たった今も約2万件が遅れている。生活インフラといえるネット回線利用が数万件単位で長期にわたって影響を受けるのは異例という。

2021 9/19 6:00
福岡熊本社会

「若手の老人が集まらない」超高齢化社会で老人クラブが激減するワケ

グラウンドゴルフ大会を行う福岡市博多区内の老人クラブ(福岡市博多区老人クラブ連合会提供)

 超高齢社会なのに、生きがいや健康づくりを目的に地域で活動する「老人クラブ」は細っている。“発祥”とされる福岡市の会員数はピーク時から半数近く減り、全国でも同傾向だ。

2021 9/19 6:00
福岡社会文化

同じ公共施設でのコンサート…プロはOK、市民はNGの「線引き」なぜ

九緊急事態宣言下で行われた九州交響楽団による「九響サマーコンサート」=8月26日、福岡市東区千早の東市民センターなみきホール

 新型コロナウイルス禍で音楽イベントの中止や延期が相次ぐ中、西日本新聞「あなたの特命取材班」に福岡市の市民吹奏楽団関係者から興味深い投稿が寄せられた。「自分たちの定期演奏会は中止になった一方、プロの演奏会は行われた。

2021 9/18 6:00
政治社会

「決断力」「公正さ・誠実さ」あな特通信員が新総裁に求める資質

 西日本新聞「あなたの特命取材班」は17日、自民党総裁選の告示を受けて無料通信アプリLINE(ライン)でつながる「あな特通信員」にアンケートした。候補者4氏のうち、河野太郎行政改革担当相(58)の支持が半数近くで、他の3氏に大差をつけた。

2021 9/16 6:00
社会福岡

なぜ?完成2年余の護岸に亀裂や傾き 専門家「崩壊する恐れ」

護岸の亀裂・傾き発生のプロセス(イメージ)

 福岡市南区的場の那珂川に福岡県が整備した護岸壁に、完成からわずか2年余りで多数の亀裂や傾きが数十メートルにわたって発生していることが分かった。西日本新聞「あなたの特命取材班」に寄せられた情報を基に取材を進めると、軟弱地盤が影響した可能性が浮かび上がった。

2021 9/16 6:00
福岡社会

「おかしい」70歳技士の直感 川に入り、古地図も調べた“土木魂”

護岸壁が川側に傾いた那珂川の河岸。護岸裏の土が沈下し、背後地の地面にはひび割れがみられる=8月、福岡市南区的場

 福岡市南区的場の那珂川で福岡県が新設した護岸壁で、完成から2年余りで見つかった工事の不備。近所の元土木業の男性(70)が発見し、自ら調査を始めたのがきっかけだった。

2021 9/16 6:00
くらし福岡

特養の食費、一気に2倍超…年間の負担増「年金2カ月分」家族悲鳴

投稿者の母親に福岡市から交付された「介護保険負担限度額認定書」のコピー。「食費の負担限度額」が8月から1360円となった(右は7月までの分。写真の一部を加工しています)

 「特別養護老人ホーム(特養)に入所する母親の食費が2倍超に一気に値上がりした」。福岡市の70代男性から西日本新聞「あなたの特命取材班」に悲痛な声が寄せられた。

PR

PR