あな特パートナー
まとめ

「あな特パートナー」

西日本新聞「あなたの特命取材班」は全国のローカルメディア28媒体と連携協定を結び、記事を共有しています(2021年3月1日現在) 。

2021 10/18 6:00
福岡長崎科学・環境

ピンクのバッタ見~つけた、でもなぜ? 福岡でも目撃例

ピンク色のクビキリギス

 「息子がピンク色のバッタを自宅の庭で見つけました。調べてみましたが、なぜピンク色なのか分かりません」。

2021 10/17 12:00
社会佐賀社会

裏付け重ねた「リコール署名偽造」報道 本紙・中日新聞に協会賞

「愛知県知事リコール署名大量偽造」問題を報じる本紙や中日新聞(2月16日付)。佐賀市の会議室が偽造の舞台となり、リコール活動団体事務局幹部らが逮捕される刑事事件に発展した

 西日本新聞(福岡市)と中日新聞(名古屋市)が2月から連携し、展開してきた「愛知県知事リコール署名大量偽造事件のスクープと一連の報道」が、2021年度の新聞協会賞に選ばれた。アルバイトを動員して知事のリコール(解職請求)の署名を大量に水増ししていた事件。

2021 10/17 6:00
社会くらし

お隣さんはごみ屋敷 敷地内は自治体が手出しできず、解決の近道は…

プラスチックや段ボールなど大量の「ごみ」が散らばった現場=9月中旬、静岡市駿河区

 「自宅の隣が『ごみ屋敷』で困っています」。静岡新聞の双方向報道「NEXT特捜隊」に、静岡市駿河区の自営業の男性(58)から切実な訴えの投稿が届いた。

2021 10/11 6:00
社会くらし

「北海道の海産物支援して」届いたのは粗末な品【取材音声動画】

業者から届いた「2万円相当」の商品と、金色で書かれ判読困難なクーリングオフの文言

 「新型コロナウイルスの影響で、北海道名産の海産物が売れなくて困っている」。そんな電話を受けて支援目的で北海道の業者から購入したところ、価格に見合わない粗末な商品が届く詐欺まがい商法の被害が相次いでいる。

2021 10/3 6:00
佐賀スポーツ

スポーツ「左回り」多いのなぜ? 右利き多い、心臓が左側、自転…

陸上のトラック競技をはじめ、スポーツは左回りが多い?

 「陸上のトラック競技やスケート、社交ダンスなど全て左回りです。なぜでしょう? 競馬には右左があるのに…」。

2021 9/27 6:00
社会くらし

登校見守り当番「回数多すぎ」 ボランティア高齢化で保護者の負担増

見守り当番のイメージ

 「旗当番」と「見守り当番」の回数が多すぎる-。京都市立の小学校に長男が通う男性から、京都新聞の双方向報道「読者に応える」に困惑の声が寄せられた。

2021 9/21 6:00
社会くらし

止まらないネットの「破産者さらし」 閉鎖命令後も別サイトに

インターネット上で破産者の名が公開され続けている

 「破産者が掲載されたウェブサイトを見つけた。自分の名前、住所もあった」。

2021 9/13 6:00
社会くらし

性同一性障害の男性、職場でカミングアウトしたら…

松本市内を歩く風見さん。性同一性障害への理解が職場でも進むことを願っている(撮影・宮坂雅紀)

 「会社でカミングアウト(告白)をしてから、ずっと窮屈な思いをしました」。信濃毎日新聞の双方向報道「声のチカラ」取材班に、長野県松本市に住む性同一性障害の風見優さん(51)=仮名=が声を寄せた。

2021 9/13 6:00
社会

君が代の「さざれ石」のモデル? 京都の山の中で忘れられ

ごつごつした岩の間から樹木が生い茂っている「さざれ石」

 「京都市右京区にある『君が代』のもとになった『さざれ石』が忘れられ、荒れています」。京都新聞の双方向報道「読者に応える」に情報が寄せられた。

2021 9/6 6:00
社会くらし

盗撮? 水遊びのわが子に向けられた望遠レンズ  

 女性アスリートの盗撮被害が問題となる中、一般人も被害に遭うケースがあるようだ。楽しいはずの水遊びの現場で「娘が『盗撮まがい』の行為を受けた」とのメールが信濃毎日新聞の双方向報道「声のチカラ」取材班に届いた。

2021 8/16 6:00
くらし

どんどんたまる保冷剤、再利用の方法を探ってみた

 お店で冷蔵品や冷凍品を購入すると付いてくる保冷剤。暑い夏は需要が高まるばかりだ。

2021 7/26 6:00
くらし医療・健康

入院に連帯保証人必要? 「頼める人いない」気苦労訴える声多く

連帯保証人の記入欄がある新潟市民病院の入院申込書。「申込者とは別に生計を営んでいる方にしてください」との注意書きがある

 「入院の手続きをする際、連帯保証人の記載は必要なの?」。新潟日報の双方向報道「もっとあなたに特別報道班」にこんな声が寄せられた。

2021 7/24 6:00
社会くらし

「反面教師だ」教員が車で隠れ喫煙、においで「3次喫煙」の生徒が頭痛

車の中でたばこを吸う、教員の「隠れ喫煙」問題が浮上(写真はイメージ)

 「禁煙のはずの学校で、先生がたばこを吸っている」。岐阜新聞の双方向報道「あなた発! トクダネ取材班」に2件の情報が寄せられた。

2021 7/12 6:00
社会政治

「同じ筆跡」「印鑑違う」ずさん署名、名古屋市議会リコールでも? 

名古屋市議会リコール以降、選挙はがきが届くように。署名偽造事件を契機に「勝手に名前を使われたのでは」と思ってしまう=4月、名古屋市内で(写真の一部を加工しています)

 愛知県の大村秀章知事のリコール(解職請求)運動を巡る署名偽造事件は、地方自治への住民参加の重要な手段であるリコール制度への信頼を損なった。事件とは性質が異なるが、中日新聞の双方向報道「Your Scoop~みんなの取材班」には河村たかし名古屋市長が主導した11年前の名古屋市議会リコールでの問題点を指摘する声も届いた。

2021 7/5 6:00
社会

不動産相続した途端にDMなぜ? 情報筒抜け、業者に聞いてみると…

相続した土地、建物の活用を提案する不動産業者からのDMに目を通す男性。「家族を亡くした直後にこうしたDMが届くのはどうかと思う」と話す(写真の一部を加工しています)

 「父親が亡くなり、相続した土地・建物の登記を完了した途端、多数の不動産会社から『売却を検討しませんか』とのダイレクトメール(DM)が来た」「タイミングが良すぎる。情報が筒抜けなのでは」。

2021 6/14 6:00
社会

PTA「会長は男性、実務は女性」なぜ? 性別分担の慣例、見直す動きも

 世界各国と比べて大きい日本の男女格差。男女の役割分担の意識が根強く残る組織の一つがPTAだ。

2021 6/7 6:00
スポーツ

42・195キロどうやって測るの? かつては専用ワイヤを使用、今は…

マラソンコースを自転車で計測する関係者=京都府内(日本陸連提供)

 北陸新幹線の金沢―敦賀間開業に合わせ、2024年春に福井県内でフルマラソンの大会が計画されている。福井新聞の調査報道「ふくい特報班」に「コースの距離はどうやって測るの?」と質問が寄せられた。

2021 5/31 6:00
社会くらし

「片耳難聴」まず知って 声の方向分かりづらい、「無視した」誤解も

 「片耳難聴について、広く知ってもらいたい」。京都新聞の双方向報道「読者に応える」に、近年発足した当事者団体「きこいろ」からメッセージが届いた。

2021 5/28 6:00
佐賀社会政治社会連載

誤算「選管は数えるだけ」のはずが…「おれの人生狂っちまった」

大量署名偽造疑惑が発覚した2月16日、愛知県庁で報道陣に囲まれる田中孝博容疑者(中央)

 全国でも名の知れた美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長(76)をトップに、名古屋市の河村たかし市長(72)ら大勢の著名人が賛同し、華々しく展開された愛知県知事のリコール署名集めは2020年10月25日にほぼ終了した。 その翌日、活動団体事務所(名古屋市東区)に事務局の中心メンバーのうち3人が顔をそろえた。

2021 5/27 6:00

PR

開催中

学ぶ!SDGs×企業

  • 2021年10月20日(水)
  • カフェ&コミュニティースペース dot.(ドット)交流スペース
開催中

ストレッチング講座

  • 2021年9月13日(月)、15日(水)、22日(水)、27日(月)、29日(水)、10月6日(水)、11日(月)、13日(水)、20日(水)
  • 野中生涯学習センター

PR