コーナー

「あなたの福岡」

「あなたの福岡」に関するこれまで扱われたニュース一覧を最新順に掲載しています。

2020 11/22 6:00
社会

コロナ禍の冬…効果的な換気は? 窓を開ける時の注意点

冬場の効果的な換気の方法(ダイキン工業ホームページなどを参考に作成)

 新型コロナウイルスの感染防止対策として有効とされている換気。気温や湿度が下がり、感染リスクが高まるとされる冬場は特に欠かせないものの、窓を開けるのがおっくうな季節でもある。

2020 11/20 16:00
くらし

「60万円」に倍増?新婚生活費用補助、実施は15%のみ 広がり不透明

結婚新生活支援事業を実施している九州の市町村(2020年11月1日現在)

 「結婚給付金が倍増するとの報道を見たが、私のめいはもらっていない」。本紙「あなたの特命取材班」に福岡市内の男性から困惑する声が寄せられた。

2020 11/18 6:00
国際

【動画あり】中国、NHKニュース遮断の裏側は…「より巧妙になった」

衛星放送が遮断されたNHKニュースの画面。中国当局にとって不都合な内容だったとみられる=10月下旬、北京

 【北京・坂本信博】中国でNHKニュースを見ていると突然、放送が中断される場面に度々出くわす。当局が不都合な情報を庶民に見せないようにするための措置だが、「どんな内容がカットされるの。

2020 11/18 6:00
福岡社会医療・健康

忘年会は「少」「短」「専」で 感染リスク減らして

コース料理を大皿ではなく、1人ずつ盛り付けて提供している居酒屋=14日、福岡市博多区

 新型コロナウイルスの感染リスクが高まる場面の一つが「飲酒を伴う懇親会」。感染急拡大を受け、飲食は「4人以下で」という声も上がる中、飲食店にとっては稼ぎ時の忘年会シーズンが近づく。

2020 11/14 9:48
社会

積極派と消極派の「板挟み」…コロナ禍の同窓会、幹事の悩み深く

コロナ拡大直前の今年1月に行われた福岡市の成人式。来年1月の状況は予測がつかない(撮影・柿森英典)

 「『いっそ世論から批判されれば、楽に中止できる』という考えに至るまで、疲弊しています」-。このコロナ禍に、同窓会幹事を担う男子大学生(20)の悲痛な声が、西日本新聞「あなたの特命取材班」に寄せられた。

2020 11/13 16:30
福岡くらし

「不便」発行まで2カ月待ちも…福岡市の高齢者・福祉乗車券で混乱

福岡市が交通費の一部を助成する5種類の高齢者乗車券

 高齢者や障害者の外出を促すために福岡市がJRや西鉄、地下鉄などの乗車料金を一部助成する制度を巡り、新型コロナウイルスの影響で申請方法が変更され、混乱が生じている。対象者は例年、各区役所の窓口で申請していたが、本年度は郵送やオンラインでの申請に。

2020 11/13 6:00
社会医療・健康福岡

インフルエンザワクチン足りる? 医師会「遅くとも12月中に接種を」

イメージ(写真と記事本文は直接関係ありません)

 新型コロナウイルスとの同時流行を警戒し、季節性インフルエンザの予防接種に例年以上の希望者が殺到したため、ワクチンが品薄になっている医療機関がある。「あなたの特命取材班」には、接種を断られたという読者から「足りていないのでは?」と疑問の声が相次いで寄せられた。

2020 11/10 17:00
社会

【あな特・ご意見募集中】コロナ禍の同窓会はオッケー? 悩む幹事

本文とは関係ありません

 福岡市は来年1月11日に成人式を開きます。多くの同級生が帰省することから、例年だと中学・高校の同窓会も各地で大規模に行われてきました。

2020 10/25 6:04
社会

コロナの慰労金、もらえないの? 看護師ら困惑、職場の代理申請が壁に

病院内の清掃業務に当たる女性は「どうして申請してもらえないか分からない」と訴えた=17日午後、福岡県内

 「新型コロナウイルスの感染リスクがあるのに、職場が国の慰労金を申請してくれない」。病院や介護施設で働く人から、西日本新聞「あなたの特命取材班」に憤りの声が相次いだ。

2020 10/20 6:00
社会

なぜ?特定技能、建設業だけ割高 特殊な仕組みの背景に失踪者の多さ

建設分野の「特定技能」の仕組み

 外国人労働者を増やす目的で新設された在留資格「特定技能」について、建設業の関係者から「賃金以外に費用がかかりすぎる仕組みだ」との不満の声が、西日本新聞「あなたの特命取材班」に寄せられた。調べてみると、対象となる14業種のうち建設業に限り、業界の調整機能を担うとする組織への高額な会費や負担金の支払いが求められていた。

2020 10/16 10:45
福岡

「まだ昭和の人が多い」コロナ禍の令和に求められる”亭主関白”とは 平成生まれの記者が聞く「全亭協」の狙い

全国亭主関白協会の天野周一会長。自身は「新亭主関白道」五段の腕前で、9月には「亭主革命!」と題した著作を発表した

 「『全国亭主関白協会』という団体の活動を調べてほしい」。そんな声が西日本新聞「あなたの特命取材班」に寄せられた。

2020 10/4 8:02
福岡

「0泊2日」も…工夫凝らす修学旅行 思い出づくりに一丸

緊張しながらフォークとナイフで夕食を味わう中島小の児童

 「新型コロナウイルスが収束していないのに、修学旅行は大丈夫でしょうか」。西日本新聞「あなたの特命取材班」に保護者の意見が寄せられた。

2020 10/4 8:00
社会

なぜ?無給なのに支援対象外…新卒採用には給付、転職者「理不尽」

新型コロナウイルス休業支援金・給付金の支給事例

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、収入が一時途絶えた労働者に支給される国の感染症対応休業支援金・給付金(休業支援金)。私立高校の非常勤講師から「4、5月が休校で無給だったのに対象外とされた」との声が、西日本新聞「あなたの特命取材班」に届いた。

2020 9/29 6:00
福岡社会

性差なくすはずでは…新標準服、男女別に販売 長年の慣習?福岡市

「女子向け」「男子向け」と分けて案内していた販売店のウェブサイト(写真の一部を加工しています)

 LGBTなど性的少数者への配慮や機能性向上を目的に福岡市が本年度から導入し、ほとんどの学校で採用されている市立中学校の新標準服について、保護者から「陳列や表記を男女で分けている販売店がある」との情報が西日本新聞「あなたの特命取材班」に寄せられた。店を訪れた新中学生の中には「嫌な気持ちになった」と語る子も。

2020 9/23 6:00
社会

なぜ?子ども食堂に政府備蓄米届かず 無償制度なのに…実績わずか1件

政府備蓄米の無償交付の流れ

 農林水産省が5月末に導入した政府の備蓄米を子ども食堂に無償で交付する制度の利用がなかなか広がらない。新型コロナウイルス感染が拡大する中、子ども食堂の存在が再認識されて設けられ、西日本新聞「あなたの特命取材班」にも「生活困窮家庭の食料不足は深刻」として評価する声が届いていたが、これまでの交付実績は全国でわずかに1件のみ。

2020 9/21 6:00
社会

「家賃支援給付金」複雑な契約関係が申請の"壁"

1990年代に交わされ、変色してきた賃貸借契約書。更新されていないと、給付金申請時に新たな証明書が必要となる(写真の一部を加工しています)

 国が7月に受け付けを始めた「家賃支援給付金」の利用が伸び悩んでいる。新型コロナウイルスの感染拡大で収入が激減した個人事業主などの家賃負担を軽減する目玉政策だが、「申請に必要な資料が多く、準備が難しい」と悩む声が西日本新聞「あなたの特命取材班」に寄せられた。

2020 9/20 6:00
国際

料理配達員の過酷労働、中国で問題に 「逆走や信号無視をしないと…」

飲食店の前には調理が終わるのを待つ配達員のバイクが連なる=北京市

 外出自粛が続いた新型コロナウイルスの影響で、「ウーバーイーツ」など、スマートフォンで注文を受けて配達員が飲食店で料理を受け取り配送するサービスが日本で広がりつつある。福岡市の女性から「先行する中国の現状を知りたい」という声が、海外特派員が読者の調査依頼にこたえる西日本新聞「あなたの特派員」に寄せられた。

2020 9/18 12:23
社会医療・健康

接触通知、開くと「接触なし」 コロナ確認アプリに不具合か 厚労省、問い合わせ数千件

(1)記者のスマートフォンに通知された画面

 新型コロナウイルスの感染者と接触した可能性をスマートフォンに通知する「接触確認アプリ」の導入から3カ月。「スマホに接触通知が届くけど、アプリ画面を開くと『接触は確認されていない』となります」。

2020 9/17 6:00
政治社会

「5(ファイブ)G=爺(じい)内閣」あな特通信員が新内閣 命名

名付けて「〇〇内閣」

 16日に発足した菅義偉内閣について、西日本新聞「あなたの特命取材班」は、無料通信アプリLINE(ライン)でつながる「あな特通信員」にアンケートを行った。新内閣、名付けるとしたら何と呼びますか、その理由は-。

2020 9/11 6:00
社会政治

「安倍政治」見直し要望多く あな特通信員に聞く自民総裁選

自民党総裁選に出馬した石破茂氏、菅義偉氏、岸田文雄氏(左から届け出順)

 西日本新聞「あなたの特命取材班」は自民党総裁選の告示を受け、無料通信アプリLINE(ライン)でつながる「あな特通信員」にアンケートを行った。安倍政権の政策や政治姿勢について「一部見直すべきだ」「大幅に見直すべきだ」が合わせて9割近くに達した。

PR

PR

注目のテーマ