コーナー

「あなたの福岡」 (3ページ目)

「あなたの福岡」に関するこれまで扱われたニュース一覧を最新順に掲載しています。

2021 1/15 6:00
社会教育

受験生、コロナ禍立ち向かう「心配ない」 16日から大学共通テスト

福岡県立大の会場で、問題用紙の配布が終わるのを待つ受験生=2020年1月18日

 新型コロナウイルス特別措置法に基づく緊急事態宣言が福岡など11都府県に出る中で、大学入試センター試験に代わる初の大学入学共通テストが16、17日、全国681会場で行われる。感染防止に気を配りながら、「思考力重視」になる新試験への準備を迫られた受験生たち。

2021 1/6 11:05
福岡

延期、近場、短縮の末に…翻弄される修学旅行 相次ぐ中止、保護者も苦悩

昨年11月、大分県日田市を修学旅行で訪れた同県国東市の中学生。年が明けた今、修学旅行を巡る状況はさらに厳しくなっている

 中高生にとって最大のイベントとも言える修学旅行。新型コロナウイルスの感染再拡大に伴い、中止を決断する学校が福岡県で相次いでいる。

2021 1/1 6:00
福岡社会

老人ホームで消えた1140万円 施設は関与否定、福岡市が調査へ

遺族側が入手した口座の取引履歴コピー(写真の一部を加工しています)

 「福岡市内の老人ホームに入居していた認知症の叔母の口座から、計約1140万円が複数のコンビニなどで引き出されていた」。めいに当たる女性から、西日本新聞「あなたの特命取材班」に情報が寄せられた。

2020 12/30 10:00
福岡社会

申請から3カ月、持続化給付金いまだ届かず 自営業男性「蓄え尽きる」

今も持続化給付金を受け取れていない男性。コールセンターからは「対応は年明けになります」と言われたという=30日午後5時すぎ、福岡市(撮影・宮下雅太郎)

 年の瀬、西日本新聞「あなたの特命取材班」に悲痛な声が寄せられた。新型コロナウイルスの感染拡大で経営難に陥った個人事業主の男性が国の持続化給付金の支給決定が大幅に遅れ、まだ届いていないというのだ。

2020 12/28 12:32
福岡社会

停電で給湯器が故障、50万円で買い替えた 補償を求め連絡を取ると…

九州電力側から男性宅に届いた「停電証明」(写真の一部を加工しています)

 「停電で給湯器が故障して使えなくなり、買い替えざるを得なかった。補償はしてもらえるのか」。

2020 12/27 6:00
福岡社会

療育施設に通えず、空白の4カ月 福岡市で長期手続き常態化

未就学児の療育開始までの流れ

 「長男が4カ月間、幼稚園にも療育施設にも通えず自宅で過ごしている」。転勤で福岡県外から福岡市に転居した男性(30)が西日本新聞「あなたの特命取材班」に声を寄せた。

2020 12/24 6:00
福岡社会

コロナ禍の生活に抱く不安…年末年始「自粛」広がる 通信員アンケート

年末年始、控えようと思っていること

 国内で新型コロナウイルスの累計感染者が20万人を突破し、「第3波」の流行が衰えない中、西日本新聞「あなたの特命取材班」は無料通信アプリLINE(ライン)でつながる「あな特通信員」にアンケートを実施した。緊急事態宣言が発令された4月と比べて、生活が「苦しくなった」と答えた人が半数を超え、7割弱が年末年始に旅行や初詣を控えると回答。

2020 12/24 6:00
福岡社会

コロナ感染再拡大 見えぬ収束、心にも負担 あな特通信員アンケート

政府の施策で「良かった」と思うもの

 新型コロナウイルスに関する「あな特通信員」へのアンケートには2千人超から声が寄せられた。コロナ禍の収束がまったく見えない中で、経済的にも心理的にも負担が重くなっている現状が浮き彫りになった。

2020 12/24 5:00
社会社会

コロナ禍アンケ「困ったこと」「前向きになれたこと」134の意見を紹介

マスクを着けての地下鉄利用を呼び掛けるポスター。当たり前となったマスク生活の長期化に疲れを感じる人も少なくない

 新型コロナウイルスの「第3波」が猛威を振るう中、西日本新聞は「あなたの特命取材班」のフォロワーを対象に「困りごと」などを聞くアンケートを行いました。短期間で2000を超える回答があっただけでなく、その内容の深刻さに取材班は驚きました。

2020 12/21 16:09
社会

残価設定ローン、もらい事故で失った下取りの価値 賠償請求は可能?

事故に遭い、後部などが壊れた男性の軽乗用車。昨年購入したばかりだった(本人提供、一部修正しています)

 軽乗用車の購入時に5年後の残価(下取り価格)を設定し、それを差し引いた額を分割払いする「残価設定型」ローンを使った男性から、「こちらに全く非のない事故に巻き込まれ、残価が失われた」という不満の声が、西日本新聞「あなたの特命取材班」に届いた。停車時に追突されたが、相手方の賠償額は修理代にとどまり、約70万円の残価を失った。

2020 12/19 6:00
福岡社会

教室で防寒着ダメ?コロナ対策で真冬も窓全開…凍える生徒

福岡市立中の生徒に配られた防寒具に関するプリント

 「コロナ禍で換気のために窓を開けて寒いのに、防寒着の着用が認められない」「一日中、窓の開放が必要なのか」-。日増しに寒くなる中、学校の換気や防寒着に関する調査依頼が本紙「あなたの特命取材班」に複数届いた。

2020 12/16 12:00
社会経済

自動販売機の横の「ごみ箱」、投入口だけ分別しているのはなぜ?

自販機横にあるリサイクルボックス。投入口は分かれているが、中に仕切りはない

 「自動販売機の横にあるごみ箱の投入口はペットボトルと缶で分別しているけど、中は一緒になっている。あまり意味がないような…」。

2020 12/8 10:30
九州ニュース社会くらし

「備えできた」「大げさ」台風10号の厳重警戒呼び掛けに多様な意見

台風10号接近で、窓ガラスの破損防止や玄関先への土のう積みなど個人の備えも目立った

 今年9月に九州に接近した台風10号に関し、西日本新聞「あなたの特命取材班」フォロワー(通信員)の協力を得て実施したアンケートの結果を詳報する。 Q 気象庁の「特別警戒級」という厳重警戒の呼び掛けは、現時点でどう感じていますか。

2020 11/22 6:00
社会

コロナ禍の冬…効果的な換気は? 窓を開ける時の注意点

冬場の効果的な換気の方法(ダイキン工業ホームページなどを参考に作成)

 新型コロナウイルスの感染防止対策として有効とされている換気。気温や湿度が下がり、感染リスクが高まるとされる冬場は特に欠かせないものの、窓を開けるのがおっくうな季節でもある。

2020 11/20 16:00
くらし

「60万円」に倍増?新婚生活費用補助、実施は15%のみ 広がり不透明

結婚新生活支援事業を実施している九州の市町村(2020年11月1日現在)

 「結婚給付金が倍増するとの報道を見たが、私のめいはもらっていない」。本紙「あなたの特命取材班」に福岡市内の男性から困惑する声が寄せられた。

2020 11/18 6:00
国際

【動画あり】中国、NHKニュース遮断の裏側は…「より巧妙になった」

衛星放送が遮断されたNHKニュースの画面。中国当局にとって不都合な内容だったとみられる=10月下旬、北京

 【北京・坂本信博】中国でNHKニュースを見ていると突然、放送が中断される場面に度々出くわす。当局が不都合な情報を庶民に見せないようにするための措置だが、「どんな内容がカットされるの。

2020 11/18 6:00
福岡社会医療・健康

忘年会は「少」「短」「専」で 感染リスク減らして

コース料理を大皿ではなく、1人ずつ盛り付けて提供している居酒屋=14日、福岡市博多区

 新型コロナウイルスの感染リスクが高まる場面の一つが「飲酒を伴う懇親会」。感染急拡大を受け、飲食は「4人以下で」という声も上がる中、飲食店にとっては稼ぎ時の忘年会シーズンが近づく。

2020 11/14 9:48
社会

積極派と消極派の「板挟み」…コロナ禍の同窓会、幹事の悩み深く

コロナ拡大直前の今年1月に行われた福岡市の成人式。来年1月の状況は予測がつかない(撮影・柿森英典)

 「『いっそ世論から批判されれば、楽に中止できる』という考えに至るまで、疲弊しています」-。このコロナ禍に、同窓会幹事を担う男子大学生(20)の悲痛な声が、西日本新聞「あなたの特命取材班」に寄せられた。

2020 11/13 16:30
福岡くらし

「不便」発行まで2カ月待ちも…福岡市の高齢者・福祉乗車券で混乱

福岡市が交通費の一部を助成する5種類の高齢者乗車券

 高齢者や障害者の外出を促すために福岡市がJRや西鉄、地下鉄などの乗車料金を一部助成する制度を巡り、新型コロナウイルスの影響で申請方法が変更され、混乱が生じている。対象者は例年、各区役所の窓口で申請していたが、本年度は郵送やオンラインでの申請に。

2020 11/13 6:00
社会医療・健康福岡

インフルエンザワクチン足りる? 医師会「遅くとも12月中に接種を」

イメージ(写真と記事本文は直接関係ありません)

 新型コロナウイルスとの同時流行を警戒し、季節性インフルエンザの予防接種に例年以上の希望者が殺到したため、ワクチンが品薄になっている医療機関がある。「あなたの特命取材班」には、接種を断られたという読者から「足りていないのでは?」と疑問の声が相次いで寄せられた。

PR

開催中

緑のコンサート

  • 2021年12月3日(金)
  • 福岡市健康づくりサポートセンター あいれふホール

PR