海老原靖芳さん聞き書き「悲しいから、笑ってきた。」
コーナー

「海老原靖芳さん聞き書き「悲しいから、笑ってきた。」」

放送作家・海老原靖芳さんの聞き書き連載「悲しいから、笑ってきた。」 人気テレビ番組「ドリフ大爆笑」や「風雲たけし城」「コメディーお江戸でござる」などのコント台本を書いてきた海老原さんが、涙あり、笑いありの人生を語ります。

2020 7/5 6:00
文化芸能長崎

複雑な出生、愛犬の死… 36回から105回に膨らんだ“わが半生”

佐世保のアーケード街でおどける海老原さん。これからも故郷で笑いの文化を広める

 とうとう最終回です。6月に始まったこの連載は、当初36回の予定でした。

2020 7/4 6:00
文化芸能長崎

父の優しさは偽りだったのか? 疑問解けた一枚の写真

写真の裏には、海老原さんの父が「愛児」と記していた。海老原さんへの愛情が伝わる

 父は私にはとても優しい人でした。母の妹である叔母が産みの母という、普通の家庭ではあり得ないような出生の秘密があった私。

2020 7/3 6:00
文化芸能長崎

実の母は同居していた叔母 死期迫る父に抱いた疑念

海老原さんが3歳の時のこどもの日の写真。その裏には…

 10月も半ばを過ぎ、ここ、佐世保もずいぶん涼しくなりました。思えばこの連載が始まったのは6月。

2020 7/2 6:00
文化芸能長崎

強烈な赤い遊覧船 余計なことは言うまい、でも…胸に秘めていた不満

島々を縫うように進む遊覧船「みらい」。船体は赤が基調で、黄色のラインも目立つ

 またも突然ですが、告白します。私は新聞を購読していません。

2020 7/1 6:00
文化芸能長崎

投票券付きCD…「モー娘。」の番組手掛けた作家が言いたいこと

AKB48の「選抜総選挙」の開票イベントに集まった大勢のファン=2018年6月、名古屋市のナゴヤドーム

 突然ですが、告白します。私は放送作家でありながら、テレビは見ません。

2020 6/30 6:00
文化芸能長崎

全国初?校長同士でコント 「2人が見せてくれた」笑いの必要性

500人の校長の前でコントを演じる「ザ・コウチョーズ」の松瀬伸吾さん(左)と吉本哲也さん

 昨年5月、佐世保市で開催された長崎県の校長会研究大会で記念講演を頼まれました。テーマは「笑いの力」。

2020 6/29 6:00
文化芸能長崎

校長500人の前でコント 人選は難航し…わが目疑った“逆提案”

コントの練習をする「ザ・コウチョーズ」の松瀬伸吾さん(左)と吉本哲也さん

 初対面で武闘家だと思った鴨川純一郎さんは、佐世保市立清水中の校長先生でした。その鴨川さんから中学校での講演を頼まれ、そのときに提案したのがコントの実演。

2020 6/28 6:00
文化芸能長崎

落語会の終演後、訪ねてきた見知らぬ男 殺気を感じ身構えると…

佐世保かっちぇて落語会で司会をする海老原さん。6年前、楽屋に現れた謎の中年男性は校長先生だった

 その男性と初めて会ったのは、6年前の6月。6回目の「佐世保かっちぇて落語会」の終演後でした。

2020 6/27 6:00
文化芸能長崎

トップクラスの噺家が熱演する落語会 良心的な値段で続けるわけ

海老原さんが落語を聞き入った五代目古今亭志ん生さん

 私が主宰する「佐世保かっちぇて落語会」は指定席2500円、自由席2千円で、小中高生は指定席も自由席も千円です。毎回トップクラスの噺家(はなしか)さんたちが熱演してくれる内容からして「良心的な値段ですね」と言われますが、私なりの思いがあります。

2020 6/26 6:00
文化芸能長崎

ドリフやたけしの番組手掛けた作家 故郷で気付いた笑いの原点

博多大吉さん(左端)、華丸さん(左から2人目)、内場勝則さん(左から4人目)らお笑い芸人と共演する市民たち

 2003年1月26日、させぼ版新春吉本新喜劇の公演日です。会場のアルカスSASEBO大ホールは3階席まであり、2千人を収容できます。

2020 6/25 6:00
文化芸能長崎

吉本新喜劇と市民100人が共演 準備中に知った故郷の残念な状況

佐世保版吉本新喜劇の制作発表をする海老原さん(左)や島木譲二さん(中央)ら=2002年7月

 17年前。わが故郷、佐世保の市制100周年の記念イベントとして、翌年1月に吉本新喜劇の公演が行われることになりました。

2020 6/24 6:00
文化芸能長崎

酔いの勢いで約束した「佐世保に新喜劇」豪華メンバー集結へ

海老原さんが書いた佐世保版の吉本新喜劇「失われた時を求めて」の台本

 放送作家になって以来、多忙を極めていましたが、毎年のように里帰りしていました。その頃は健在だった両親や生みの親である叔母の様子を見るのと、友人たちに会うためです。

2020 6/23 6:00
文化芸能長崎

ロールスロイスでやってきた子犬 生家は世界的ミュージシャンの豪邸

海老原家の「娘」レディ。エルトン・ジョンの豪邸で育ったセレブ犬は佐世保で楽しく暮らしている

 皆さん、最近映画をご覧になりましたか。私は映画も好きで、大学時代は東京の安い名画座で鑑賞していました。

2020 6/22 6:00
文化芸能長崎

「イヤ~ン」気難しいと思われていた落語家 メールで見せた一面

打ち上げの後、ファンと記念写真に納まる柳家喜多八さん(前列左)。気持ちよく酔ったのか、林家正蔵さん(同中央)に寄り掛かった

 今年12月で21回目の開催となる「佐世保かっちぇて落語会」と、10月で9回目を迎える「信州ずくだせ落語会」。二つの会を話芸で大いに盛り上げてくれた柳家喜多八さんが亡くなって3年がたちます。

2020 6/21 6:00
文化芸能長崎

柳家喜多八さんの訃報に涙止まらず 落語家三人の気遣いでさらに涙

柳家喜多八さんのサインが印刷された手ぬぐい。「清く 気だるく 美しく」とモットーが記されている

 あれは「佐世保かっちぇて落語会」の準備に忙しかった2016年5月18日だったと記憶しています。その4日後、12回目となる公演には入船亭扇遊さん、柳家喬太郎さん、春風亭一之輔さんと、人気も実力もてっぺんに立つお三方が来てくれるので、弾む気持ちで仕事をしていました。

2020 6/20 6:00
文化芸能長崎

死期迫る柳家喜多八さん 客に悟らせない軽妙な話芸に身震い

落語会の打ち上げでサインする柳家喜多八さん。「清く 気だるく 美しく」と書いた

 本土最西端の佐世保といえども、12月は日が暮れるのが早く、冷え込みます。2015年12月の「佐世保かっちぇて落語会」も寒い日でしたが、柳家喜多八師匠、林家正蔵師匠による二人会に会場は熱気に包まれました。

2020 6/19 6:00
文化芸能長崎

歩行ままならず…それでも東京から長崎の落語会へ 喜多八さんの覚悟

2015年5月の第10回佐世保かっちぇて落語会の記念写真。前列で柳家三三さん(左)と桃月庵白酒さん(右)に挟まれ、笑顔を見せる柳家喜多八さん

 がんを患いながらも2015年10月の「信州ずくだせ落語会」の高座に上がってくれた柳家喜多八さん。12月には「佐世保かっちぇて落語会」があり、そこで林家正蔵さんとの二人会が予定されていました。

2020 6/18 6:00
文化芸能長崎

わずか5カ月で進行した病状…柳家喜多八さんの異変に血の気引き

柳家喜多八さんと親しかった入船亭扇遊さん。古典落語の名手でもある

 故郷での「佐世保かっちぇて落語会」とともに、縁あって長野県でも「信州ずくだせ落語会」を主宰しています。会を通じて親しくなった柳家喜多八さんはレギュラーになってくれて、玄人筋も認める話芸で観客を楽しませてくれました。

2020 6/17 6:00
文化芸能長崎

「俺のことが好きなんだよ」柳家喜多八さん、イルカの芸にドヤ笑顔

佐世保市の九十九島水族館「海きらら」のイルカショー。柳家喜多八さんも観客席で楽しんだが…

 私が主宰する「佐世保かっちぇて落語会」と「信州ずくだせ落語会」に出演してもらった柳家喜多八さんは、意外なことに学習院大卒。それゆえに「柳之宮喜多八殿下」と呼ばれ、得意の持ちネタは「周りはみんな、でんか、でんかって言うけど、俺はオール電化か!」なんてね。

2020 6/16 6:00
文化芸能長崎

好き嫌いが激しいと評判の落語家 意外なところで見せた心根

「ジャズスポット いーぜる」で想い出のサンフランシスコを上機嫌で歌う柳家喜多八さん

 柳家喜多八さんとは、2011年9月に開催した第1回「信州ずくだせ落語会」のときに初めて出会いました。瀧川鯉昇(たきがわりしょう)さんとの二人会。

PR

PR

注目のテーマ