コーナー

「子育て・学校」 (3ページ目)

「子育て・学校」に関するこれまで扱われたニュース一覧を最新順に掲載しています。

2020 10/5 19:00
教育

ハンドメード用の「着物ヤーン」って何? 不用品から新素材を開発

藤枝瀬里子さん

 各家庭に眠る着物を集め、縫い目をほどいて反物に戻し、数センチ幅のひも状に切る。この新たな素材を「着物ヤーン」と名付け、手工芸用に販売している。

2020 10/5 11:00
福岡

待望の定期演奏会「楽しくやりきった」 近大付属福岡高吹奏楽部

マーチングを披露する近畿大付属福岡高吹奏楽部

 福岡県飯塚市の近畿大付属福岡高吹奏楽部は4日、同市のコスモスコモンで定期演奏会を開いた。新型コロナウイルス感染症の影響で活動に制限があった今年。

2020 10/5 6:00
福岡社会政治

コロナ禍、若い世代の意識高まり 政治と"密"に「行動すれば変わる」

距離を取りながら、地元商店主と地域活性化について意見交換する議員インターン活動中の竹内伸吾さん(右)と熊本県立大1年久保日向子さん=9月25日、福岡市

 新型コロナウイルス流行で社会課題が次々と表面化する中、若い世代の政治意識の高まりをうかがわせる動きが生まれている。議員活動を学ぶインターンシップの参加学生が例年より大幅に増えたり、若者の政策提言団体が休校で窮状にある研究者の声を政治家に積極的に発信したり-。

2020 10/3 6:00
熊本社会

涙が止まらない、物を壊す…被災児童のSOS 熊本で寄り添う認定NPO

熊本県球磨村にある仮設住宅の集会所で、カタリバのスタッフやボランティアの大人と遊ぶ子どもたち

 熊本県南部を襲った豪雨は多くの家屋に被害を与え、子どもたちにも過大なストレスをもたらした。涙が止まらない、食事の量が減る、物を壊す…。

2020 10/1 11:00
福岡

元ギラ選手引きこもり支援 サッカーに心開く力 4月引退の川島さん

子どもたちを教える川島大地さん

 サッカーJ2のギラヴァンツ北九州の選手として6年間活躍し4月に引退した川島大地さん(33)が、クラブが取り組む引きこもりの人などの社会復帰支援に携わっている。9月から運動教室やスタジアムでの観戦を通した交流を始めた。

2020 9/29 6:04
福岡

不登校など長期欠席者3500人超 福岡市、6年連続で最多更新

福岡市役所本庁舎

 福岡市は、不登校などで長期欠席する小中学生の実態や支援のあり方を有識者らがまとめた報告書を公表した。2009年度に1600人だった長期欠席者は年々増え、17年度に3千人を突破。

2020 9/29 6:00
福岡社会

性差なくすはずでは…新標準服、男女別に販売 長年の慣習?福岡市

「女子向け」「男子向け」と分けて案内していた販売店のウェブサイト(写真の一部を加工しています)

 LGBTなど性的少数者への配慮や機能性向上を目的に福岡市が本年度から導入し、ほとんどの学校で採用されている市立中学校の新標準服について、保護者から「陳列や表記を男女で分けている販売店がある」との情報が西日本新聞「あなたの特命取材班」に寄せられた。店を訪れた新中学生の中には「嫌な気持ちになった」と語る子も。

2020 9/27 14:50
教育

全国学力テスト問題点 指導と政策、目的が矛盾 福教大川口氏に聞く

全国の小6、中3を対象に行われた昨年の全国学力テスト。今年は新型コロナウイルスの影響で中止となった=昨年4月、佐賀県小城市

 毎年4月に全国の小6と中3を対象に行われる「全国学力・学習状況調査」(全国学力テスト)。今年は新型コロナウイルスの影響で中止されたが、学校現場の負担が大きいなどとして見直しの議論が進んでいる。

2020 9/25 6:00
長崎

英検1級3人合格 コロナ休校生かし猛勉強 聖和女子学院高3年生一緒に

英検1級に合格した(左から)河原沙月さん、黒崎伊織さん、田端愛寧さん

 長崎県佐世保市の聖和女子学院高の3年生3人が、日本英語検定協会の英検1級に合格した。1級は大学上級程度の英語力が必要とされ、論理的な思考や正確な発音が求められる。

2020 9/23 14:05
くらし

子に異変…鉛筆の握り方、大丈夫?「体と精神は表裏一体の関係」

【鉛筆の正しい握り方】(1)鉛筆を親指と人さし指でつかみ、中指で支える(2)鉛筆の軸に人さし指を沿わせるように持つ(3)人さし指は折り過ぎず、親指よりやや先に出る(4)鉛筆の角度は横から見て約30度、前から見て外側に約20度傾ける。

 児童の鉛筆の握り方に不安を抱いた長崎県佐世保市立広田小の福田泰三教諭(53)。昨年から正しい握り方の定着に取り組む中、長崎百合野病院(同県時津町)の理学療法士、村田広志さん(34)の指導を受け、握り方と併せて姿勢を正す必要もあることを知った。

2020 9/22 6:00
社会教育

「県内修学旅行」じわり拡大 魅力再発見へ行政が支援

宮崎県内の小学校が修学旅行で訪れる宮崎ブーゲンビリア空港屋上のエアプレインパーク

 新型コロナウイルスの影響で修学旅行の中止や延期が検討される中、短い移動で、学びを深める「県内旅行」を九州の各県が模索している。宮崎や福岡は、地域の魅力を再発見し、防災についても学ぶコースを作った。

2020 9/21 6:00
福岡社会

通り魔事件を機に朝の通学路に…みんなのおじいちゃん「ありがとう」

登校中の児童を見守る田中欽一さん=15日午前7時59分、福岡市南区塩原(撮影・宮下雅太郎)

 15年間、小学校の通学路で児童の安全を見守り続けている“おじいちゃん”がいる。福岡市南区塩原1丁目の田中欽一さん(86)。

2020 9/20 14:10
教育

教員も、生徒も、住民も「知らない」だから学ぶ 地域での試行錯誤

戦争体験者の証言を聞いて、感じたことなどを地域の行事で発表する福岡市早良区の飯倉校区の住民たち

 8、9月のテーマ「平和学習」では、学校現場の取り組み、識者の視点を通じて現状や課題を探ってきた。そこで問われていたのは、主体的に平和について考える力だった。

2020 9/20 6:04
福岡社会

逆境吹奏楽部世界と心一つ ルワンダに生配信 画面越し笑顔見えた

嘉穂劇場からルワンダに向けて演奏する飯塚高吹奏楽部=8月28日、福岡県飯塚市

 新型コロナウイルスの影響で、例年通りの部活動になかなか取り組めない高校生たち。そんな中、福岡県飯塚市の飯塚高吹奏楽部は、他の部活と合同でビデオ会議アプリ「Zoom(ズーム)」を使った演奏会を開き、東アフリカのルワンダに生配信した。

2020 9/19 6:00
社会教育

コロナ禍の大学生、悩み深刻 九大4割が孤独感、APU6割「困っている」

オンライン授業を受ける大学生は「早く対面授業になってほしい」と語る(写真の一部を加工しています)=福岡市

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、大学ではオンラインによる遠隔授業が中心となり、学生がキャンパスに足を運ぶ機会が激減している。友人関係や学業、経済面と多くの学生がさまざまな悩みを抱えていることが、各大学の調査で浮き彫りになった。

2020 9/18 14:31
くらし

マスクでも笑顔が届きますように…コロナで一変した生活 保育士の思い

園庭で園児に囲まれる保育士の中島季歩さん。子どもたちとの距離は近く、マスクは必須だ(撮影・佐藤雄太朗)

 ぐずる乳幼児には笑顔がいちばん効く。言葉がまだうまく通じなくても、満面の笑みで「大丈夫だよ」と伝えるとそう感じてくれる。

2020 9/13 14:34
教育

「戦争は悲惨だ」の前になすべきこと 出口治明APU学長に聞く「平和学習」のあり方

立命館アジア太平洋大学長 出口治明さん

 戦後75年に合わせて考えている「平和学習」。世界史や教育の意義を読み解く多くの著書がある立命館アジア太平洋大(APU)の出口治明学長に現状や課題を聞いた。

2020 9/13 6:02
教育福岡

大野城に「もう一つの学校」NPO法人が10月開設

新型コロナウイルスの影響で学校が一斉休校する中、オンラインで授業を行う「エデュケーションエーキューブ」=4月、福岡市

 福岡市内でフリースクールや学習塾、通信制高校サポート校を運営している認定NPO法人「エデュケーションエーキューブ」は10月、新たな学びの拠点を大野城市に開設する。今月15日までクラウドファンディング(CF)で施設の整備費などを募っており、公教育とは別の選択肢となる「オルタナティブスクール(もう一つの学校)」を目指す。

2020 9/13 6:00
社会政治教育

大人の都合で教育再生「子どものことより、日本の繁栄」

寺脇研さん

 貧困や虐待にあえぎ、「保護者」以外の大人との接点は乏しく、周囲に助けを求めるすべも知らない-。元文部科学省官僚、寺脇研さん(68)が企画に携わった映画「子どもたちをよろしく」には、そんな暮らしの子たちが登場する。

2020 9/13 6:00
福岡社会教育

コロナに揺れる高校入試 九州7県で出題範囲巡る対応が割れる

高校入試の出題範囲を巡る九州各県教育委員会の動き

 新型コロナウイルスの影響による中学校の臨時休校を受けた高校入試の出題範囲を巡る対応が、九州7県の教育委員会で割れている。長崎、熊本両県は今後の休校にも備えて範囲縮小を決定。

PR

PR

注目のテーマ