コーナー

「エンタメ」

「エンタメ」に関するこれまで扱われたニュース一覧を最新順に掲載しています。

2020 9/28 12:00
福岡文化連載

『陸軍』(下)「不敗神話」巡る口論 忍ばせたか軍国への疑問符

進軍ラッパを吹き鳴らし、福博の街を行軍する福岡連隊。正面は建設中の岩田屋=1936年4月10日

 プロ野球の福岡ソフトバンクホークスの必勝祈願でおなじみの筥崎宮(福岡市東区)が、戦時中の映画「陸軍」(1944年、木下恵介監督)に登場する。 日中戦争への暗雲垂れ込めてきた頃、日本軍に協力する鉄工所の奉仕団の若者たちが参拝し、日本の必勝を祈願する。

2020 9/21 12:00
福岡文化連載

『陸軍』(上)息子の出征、福博の街を駆けだす「軍国の母」の真情

「木下惠介生誕100年 陸軍」DVD2800円(税別) 発売、販売元・松竹 (c)1944 松竹株式会社

 「陸軍」(1944年)のクライマックスは、出征兵として福岡市の中心街を行進する息子を、母親の高木わか(田中絹代)が追いかけて見送るシーンだ。 「(息子は)もう立派に天子様(天皇陛下)に差し上げたもんじゃけん」と周囲に言い、街頭の見送りはしないはずだった。

2020 9/14 12:00
福岡文化連載

『狂い咲きサンダーロード』響くロック、バイクの爆走 根っこに山笠

「狂い咲きサンダーロード」より©ISHII GAKURYU

 主人公のジン(山田辰夫)は暴走とけんかがすなわち生きること、みたいな不良。やせて小さいのに突っ張りまくって、痛々しくて、目をそらしたくなるほどだ。

2020 9/12 15:31
芸能

出会いに恵まれ半世紀 著書2冊を刊行 草刈正雄さん

草刈正雄さん

 デビューから50年を迎え、生い立ちから役者魂までつぶさに語った「人生に必要な知恵はすべてホンから学んだ」(朝日新書)、「ありがとう!僕の役者人生を語ろう」(世界文化社)の2冊を刊行した草刈正雄さん(68)。半世紀の歩みと旬のお仕事、素顔の暮らしまで聞きました。

2020 9/11 9:30
福岡文化

【動画あり】ツェッペリンのおやじバンド、ライブハウス支える配信

迫力満点の演奏を繰り広げる「グラーフ・ツェッペリンJP」=9月5日夜、福岡市早良区

 福岡を拠点に英人気ロックバンドのカバー演奏活動を続けるアマチュアバンド「グラーフ・ツェッペリンJP(ジャパン)」が、新型コロナウイルス禍の地元ライブハウスを演奏で支援している。9月に計2施設でライブ配信イベントを企画し、配信興行を軌道に乗せたい両施設を物心両面で後押し。

2020 9/10 10:36
福岡

【動画あり】平和台を創った「岡部平太」感動の人生、13日から上演

上演作冒頭シーンのポーズを決める劇団員たち(撮影・三笘真理子)

 明治-昭和に活躍した日本スポーツの先駆者、岡部平太(1891~1966)=福岡県糸島市出身=を主人公にした演劇「Peace Hill 天狗(てんぐ)と呼ばれた男 岡部平太物語」が13日を皮切りに、福岡県内3カ所で上演される。福岡市内の人気劇団「ギンギラ太陽’s」と「劇団ショーマンシップ」の合同公演。

2020 9/7 12:00
福岡文化連載

『君の膵臓をたべたい』正反対の2人、思い伝える福博であい橋

「君の膵臓をたべたい」ブルーレイ4700円(税別)、DVD3800円(税別) 発売・博報堂DYミュージック&ピクチャーズ、販売・東宝 ©2017「君の膵臓をたべたい」製作委員会 ©住野よる/双葉社

 福岡市の中心街・天神と九州一の歓楽街・中洲を結び、那珂川をまたぐ歩道橋「福博であい橋」。かつての武士のまち・福岡と商人のまち・博多が出合い、つながるという意味がある。

2020 9/3 19:55
福岡経済社会文化芸能

キャナル劇場がマルチ舞台に 名称変えず座席数も維持 22年7月から

キャナルシティ博多

 福岡市の商業施設「キャナルシティ博多」を運営する福岡地所グループのエフ・ジェイエンターテインメントワークス(福岡市)は3日、施設内のキャナルシティ劇場について、企画運営会社サンライズプロモーション東京(東京)と2022年7月から10年間の専用使用契約を結んだと発表した。劇団四季の専用劇場から転換し、多彩な舞台芸術を展開する。

2020 9/2 11:37
福岡芸能

福岡応援ソング Beat goes on 完成 ミュージシャンら100人出演MV公開

楽曲発表の配信イベントで対談する、左から深町健二郎さん、松隈ケンタさん、戸田清章さん、タレントの斉藤ふみさん=1日夜、福岡市

 「僕らの生まれたこの街には 愛と歌声があふれているよ」-。福岡ゆかりのミュージシャンやタレント約100人が参加した応援ソング「Beat goes on」が完成した。

2020 9/1 11:25
福岡大分文化

「今こそ人生歌いたい」71歳こうせつさん、先陣切りツアー コロナ禍打破へ9月再開

ツアー再開について電話インタビューに答える南こうせつさん

 コロナ禍で音楽業界の活動自粛が続く中、フォークシンガーの南こうせつさん(71)=大分県杵築市在住=が、9月からコンサートツアーを再開する。観客を入れて公演するミュージシャンがほとんどいない今、先陣を切っての決断。

2020 8/21 18:41
福岡芸能芸能

福岡発“乳歯”ソング「みんなのうた」に 平山カンタロウがデビュー

シングル「キミと歯のうた」で8月5日にドリーミュージックからメジャーデビューした平山カンタロウ

 福岡を拠点に活動するシンガー・ソングライター、平山カンタロウがメジャーデビューした。デビュー曲は、幼児期の歯の生え替わりが題材というユニークな歌「キミと歯のうた」。

2020 8/21 11:00
福岡

「小さなステージ守りたい」福岡のプロ音楽家26人タッグ 13カ所結びリレー演奏動画【動画あり】

リレー演奏動画の企画を提案したバイオリニストの太田圭亮さん

 福岡市を拠点に活動するプロの音楽家26人が、コロナ禍で困窮する「小さなコンサートステージ」を守ろうと、新たな挑戦を始めた。会場となってきたカフェやレストランなど13カ所でリレー演奏する動画を制作し、各店を紹介するウェブサイトも立ち上げる。

2020 7/31 20:14
福岡社会芸能

「野球で言うとペイペイドーム」華丸大吉ら、吉本新劇場を語る

新劇場オープンの記者会見に駆け付けた博多華丸・大吉(右の2人)とロバート(左の3人)

 「僕らのホーム。野球で言うとペイペイドーム」-。

2020 7/31 12:00
福岡文化

「福岡のビートは鳴りやまない」音楽プロデューサー深町健二郎さん

「配信で福岡の音楽を世界に拡散したい」と語る深町健二郎さん

 音楽都市・福岡を象徴するイベントとして、2014年から開催されている「福岡ミュージックマンス」が、今年は中止に追い込まれた。9月の毎週末にジャンルの異なる音楽フェスが5カ所で開かれるという、世界にも誇れるステージをコロナ禍が直撃した。

2020 7/31 12:00
福岡文化

福岡ミュージックマンス中止 コロナ超え特設動画サイト、世界に発信

聴衆の目の前でバンドが演奏する中洲ジャズ=2018年9月(撮影・古瀬哲裕)

 毎年9月に福岡市を中心に開催される音楽の祭典「福岡ミュージックマンス」が、コロナ禍で全面中止されることが決まった。多くのミュージシャンを輩出してきた「音楽都市」の象徴として、約26万人を動員するまでに成長したイベントだけに、影響は大きい。

PR

PR

注目のテーマ