コーナー

「どうぶつ記事」 (2ページ目)

「どうぶつ記事」に関するこれまで扱われたニュース一覧を最新順に掲載しています。

2020 10/27 8:00
福岡社会

〝捜査能力〟発揮 シェパードなど11頭 嘱託警察犬の審査会

遺留物を探す参加者と犬

 一般家庭やドッグスクールなどから警察犬として嘱託する犬を決める福岡県警主催の審査会が26日、同県直方市の遠賀川河川敷であり、シェパードなど11頭が訓練の成果を披露した。 合格すれば1年間、警察犬として嘱託される。

2020 10/20 6:00
福岡

宝満川に「ヤギの大将」 話題のおじさんに会いに行ってみた

ヤギをかわいがる成田さん

 福岡県小郡市の宝満川の河川敷で、ヤギの群れを散歩させているおじさんがいる。口笛でヤギを呼び寄せる、その姿には「ヤギの大将」のような貫禄が漂う。

2020 10/18 11:00
長崎社会

ハロウィーンカボチャ「がぶり」カピバラの食べっぷり見に来て!

プレゼントされたカボチャを食べるカピバラ

 長崎県西海市の民間動植物園「長崎バイオパーク」は、ハロウィーン(31日)前の毎週日曜午後1時半、ランタンを模してくりぬいたカボチャをカピバラに贈るイベントを実施し、来園者に人気だ。 今回で3年目。

2020 10/18 6:02
福岡社会

冬の使者ミヤコドリ飛来 福岡

雁の巣海岸の浅瀬で餌をついばむミヤコドリ=福岡市東区

 冬の渡り鳥として知られるミヤコドリが、今年も福岡市東区の博多湾に飛来している。 ミヤコドリは体長約45センチで、白黒の羽と赤いくちばしが特徴。

2020 10/15 6:04
社会

なぜ?山登るヒキガエルの子 麓から1カ月かけ山頂へ 市民遺産認定

福岡県の宝満山を登る「宝満山のヒキガエル」

 福岡県の宝満山(829メートル)を登る「宝満山のヒキガエル」が14日、同県太宰府市の市民遺産に認定された。地域固有の物語や文化遺産など、これまで15件が認定されてきたが、生物は初めて。

2020 10/13 11:00
長崎

佐世保の長寿ライオン22歳に 人間なら100歳近く

誕生日にシカ肉をプレゼントされたアサヒ

 長崎県佐世保市の九十九島動植物園森きららで飼育されている雄のライオン「アサヒ」が10日、22歳の誕生日を迎えた。人間の年齢で100歳近いおじいちゃんライオンは、多くの来園客が集まった誕生会で長寿を祝ってもらった。

2020 10/10 6:00
大分

【動画あり】「アイドル呼び戻せ」池の水ぜんぶ抜いたら…外来種300匹

放生池の水を抜いて魚を捕獲する造園業者ら

 大分県日田市の大原八幡宮の「放生池」で、約30年ぶりに水を抜いてきれいにする大がかりな清掃作業が始まった。ヘドロが堆積し、水質が悪化。

2020 10/2 8:00
大分社会

12年6カ月18日 イルカの「ハルカ」国内最長飼育記録更新

大分マリーンパレス水族館「うみたまご」のハセイルカ「ハルカ」(メス、推定12歳)

 大分市の大分マリーンパレス水族館「うみたまご」のハセイルカ「ハルカ」(メス、推定12歳)が、国内最長飼育記録を更新中だ。 2008年、宮崎県で定置網にかかっていたところを保護され、同館に移送された。

2020 9/27 8:00
福岡社会

秋告げるハチクマの「渡り」 西へ飛ぶ姿、北九州市などで観察

翼を大きく広げるハチクマ(北九州市若松区の高塔山公園から撮影)

 秋の訪れを告げる夏鳥の「渡り」の季節を迎え、北九州市など九州北部でタカの仲間であるハチクマの群れが、大陸を目指して西へ飛ぶ姿が観察されている。 ハチクマは翼を広げると幅が約130センチあり、ハチの幼虫などを餌にする。

2020 9/23 6:02
福岡

「ミライ」と「ミナミ」サイの名前決定 福岡市動物園

サイの体をブラッシングする名付け親の林田美央さん

 「世界サイの日」の22日、福岡市動物園(同市中央区)でミナミシロサイ2頭の名前が発表された。インターネットなどで募集した1919件の中から、雄は「ミライ」(22件)、雌は「ミナミ」(117件)に決定。

2020 9/18 13:40
佐賀

「登校見守り犬」シュン君にサプライズ 警察官が制服手作り、5年の活動に感謝

名前入りの制服と帽子を着用した見守り犬のシュン君

 21日から始まる「秋の交通安全県民運動」に先立ち、佐賀県神埼市神埼町で見守り犬として活躍するシュン君(雄、8歳)に手作りの制服を渡す贈呈式が17日、神埼署であった。 ミニチュアシュナウザー犬のシュン君は約5年前から毎朝、家の前で子どもたちの登校を見守っている。

2020 9/17 6:02
福岡

福岡市動物園で多彩な秋の催し 19日から検定や特別ガイド

秋の催しの「主役」でもあるレッサーパンダのノゾム(福岡市動物園提供)

 福岡市動物園(同市中央区)は4連休が始まる19日以降、多彩な催しで来場者を迎える。同園は「動物のイベントを楽しみたい人はもちろん、屋外でのんびり過ごしたい人にも来てもらいたい」と呼び掛ける。

2020 9/9 11:16
福岡

あなたもハマる…「ネコと穴の関係」写真集に 九州の離島巡り撮影

「敵はいるか?」-。偵察さながらに外の様子をうかがう

 福岡市在住のフリー写真家繁昌良司さんが、狭い穴を好むネコの姿をユーモラスに捉えた写真集「あなねこ」(集英社)を出版した。約4年間、九州の離島を巡って撮りためた中から、小さな穴からひょっこりと顔をのぞかせるしぐさや、ちょっとはみ出したしっぽなど約80カットを厳選。

2020 9/7 6:00
熊本

「VR動物園」開園 熊本市動植物園がホームページでスタート

VR動画に映るフンボルトペンギン(熊本市動植物園提供)

 熊本市動植物園(東区)が、仮想現実(VR)の技術を使って園内を疑似体験できる「VR動植物園」を園ホームページに開設した。新型コロナウイルス感染防止が求められる中、来園しなくても動植物園の様子を楽しんでもらおうと始めた。

2020 9/6 6:00
福岡

【動画あり】ミナミシロサイに名前付けて 福岡市動物園が公募

名前を公募するミナミシロサイ。左が雄で右が雌(福岡市動物園提供)

 福岡市動物園(同市中央区)は昨年12月に来園したミナミシロサイ2頭の名前を公募している。13日まで園内やインターネットで募集する。

2020 9/3 6:00
熊本社会

医療従事者にクラゲも感謝? 青いタコクラゲ展示始まる

荒尾干潟水鳥・湿地センターで展示されているタコクラゲ=熊本県荒尾市

 熊本県荒尾市のラムサール条約登録湿地、荒尾干潟の水鳥・湿地センターで、タコクラゲの展示が始まった。大半が茶色っぽいが、中には青色の個体もいることから、新型コロナウイルス感染症治療の最前線で働く医療従事者への感謝の思いを込めた。

2020 9/1 11:50
長崎

「目が離せない」繊細なクラゲ、飼育員の奮闘 餌は直接口元に

クラゲの消化を助けるため、ミンチにしたシラスはスポイトで口元へ運ぶ

 展示するクラゲの種類が九州で最も多い長崎県佐世保市の九十九島水族館「海きらら」。飼育しているクラゲは全て九十九島の海に生息しており、他の水族館では見られない希少種もいる。

2020 8/27 16:32
福岡

日本最多のオオカンガルー、木陰で寝そべる~

日差しを避けて、木陰に集まったり寝そべったりするカンガルーの群れ=北九州市若松区のひびき動物ワールド(撮影・古瀬哲裕)

 九州各地で厳しい暑さが続く中、オオカンガルーの飼育頭数が日本最多の「ひびき動物ワールド」(北九州市若松区)では、群れが日差しを避けて木陰に集まり、寝そべって暑さをしのいでいる。 同園では約110頭のオオカンガルーを飼育。

2020 8/22 6:00
佐賀

猫専用“美”食器 猫目線にこだわった逸品 愛猫家が開発

ラカレンが販売する猫専用食器。右がフード用、左が水用

 佐賀県神埼市千代田町の食器販売「LaKaren(ラカレン)」(末永由貴子代表)が、嬉野市の肥前吉田焼窯元と協力し、磁器の猫専用食器を製作した。愛猫家の末永代表が「猫目線での食べやすさと安全性」にこだわった逸品で、インターネットを通じて販売する一方、猫の保護活動を行う団体に無償提供していく。

2020 8/17 18:32
佐賀社会

「エイリアン」100体が干物に! 佐賀「1万円ショップ」で大人気

有明海のエイリアン100体セット

 新型コロナウイルスの影響で売り上げが落ちた佐賀県内の農林水産業や食品製造業を支援しようと、さが県産品流通デザイン公社はインターネット上に「佐賀1万円ショップ」を開設した。有明海の珍魚ワラスボの干物を100本集めた「有明海のエイリアン100体セット」や最高級ブランド「佐賀海苔(のり)有明海一番」のセットなどを1万円で販売している。

PR

PR

注目のテーマ