コーナー

「知っとう?」

「知っとう?」に関するこれまで扱われたニュース一覧を最新順に掲載しています。

2019 12/4 15:43
くらし

お経は生きる人のため【坊さんのナムい話・1】

寺を舞台に数々のイベントを仕掛ける筆者

 皆さんは、お坊さんにどんなイメージをお持ちですか。みんなベンツに乗っている? 税金を払っていない?(いえいえ、そんなことはありません)。

2019 12/3 15:30
くらし

「転ばぬ先の杖」課題も 任意後見、移行型で不適切事例

任意後見契約を結んだ佐々木美智江さん(右)と司法書士の安藤裕成さん。佐々木さんが行く温泉の話で盛り上がった

 福岡県行橋市の佐々木美智江さん(80)は12年ほど前、夫を亡くした。子どもはいない。

2019 11/26 13:17
くらし

適正な類型、どう判断 「後見偏重」修正これから

90代男性が暮らす部屋のドアを開ける司法書士。本人の意思の尊重と、財産管理の折り合いをどう付けるか悩む(写真の一部を加工しています)

 90代の男性が、質問によどみなく答えていく。 「全く。

2019 11/19 13:30
くらし

自己破産寸前、無償で後見人に 困窮者支援に悩む現場

司法書士に無報酬で後見人になってもらっている福岡県の女性(左)。生活に関するお金の出入りは、ノートに書き込んでいる

 10月下旬、福岡県内のアパートの一室。成年後見制度を利用する80代女性が、面会に訪れた30代の女性司法書士にとつとつと話した。

2019 11/13 13:04
くらし

「親の貯金は親のために」叶わず 望む老後は後見人次第

年金を家族に奪われていたが、成年後見制度で生活が安定した女性(左)。入院時と比べ、体調も回復したという

 認知症や知的、精神障害で判断能力が低下した人の生活と財産を、親族や法律の専門家が守る「成年後見制度」の利用が伸び悩んでいる。認知症患者が2025年に約700万人に達すると国が推計する中、利用者は約21万8千人(18年末)にとどまる。

PR

PR

注目のテーマ