まとめ

「竜王戦」

「竜王戦」に関するこれまで扱われたニュース一覧を最新順に掲載しています。

2021 10/9 20:03
文化

将棋、藤井三冠が初戦飾る

 第34期竜王戦7番勝負第1局2日目、対局を再開した藤井聡太三冠(左)と豊島将之竜王=9日午前、東京都渋谷区のセルリアンタワー能楽堂(代表撮影)

 将棋の藤井聡太三冠(19)が豊島将之竜王(31)に挑む第34期竜王戦7番勝負の第1局は8、9の両日、東京都渋谷区のセルリアンタワー能楽堂で指され、123手で先手の藤井三冠が先勝した。藤井三冠は最年少での4タイトル同時保持を目指し、豊島竜王は3連覇が懸かる。

2021 10/8 9:18
文化

藤井聡太、最年少四冠を目指す

 藤井聡太三冠、豊島将之竜王

 将棋の藤井聡太三冠(19)が豊島将之竜王(31)に挑む第34期竜王戦7番勝負の第1局は8日、東京都渋谷区のセルリアンタワー能楽堂で始まった。藤井王位・叡王・棋聖は今シリーズ、最年少での4タイトル同時保持を目指す。

2021 10/7 15:58
文化

藤井四冠か、豊島3連覇か

 藤井聡太三冠、豊島将之竜王

 将棋の藤井聡太三冠(19)が豊島将之竜王(31)に挑む第34期竜王戦7番勝負第1局は8、9日、東京都渋谷区のセルリアンタワー能楽堂で行われる。藤井王位・叡王・棋聖が最年少四冠となるか、豊島竜王が3連覇か。

2021 8/27 6:00
文化

藤井王位「次につなげたい」 初防衛達成、早くも引き締め

王位初防衛から一夜明け、穏やかな表情で記者会見する藤井聡太王位=26日午前9時ごろ、徳島市

 将棋の「お~いお茶杯第62期王位戦」(西日本新聞社主催、伊藤園特別協賛)で初防衛を果たした藤井聡太王位(19)=棋聖=が対局から一夜明けた26日、徳島市のホテルで会見した。 前夜は家族らに電話で王位防衛を報告。

2021 6/28 6:00
文化

【特集】藤井王位の初防衛なるか 7番勝負、「最強」豊島竜王が挑む

王位戦への意気込みを話す藤井聡太王位㊨と豊島将之竜王(中日新聞社)

 将棋の藤井聡太王位(18)=棋聖=に、豊島将之竜王(31)=叡王=が挑む「お~いお茶杯第62期王位戦」(西日本新聞社主催、伊藤園特別協賛)7番勝負が29日に開幕する。昨年、棋聖と王位を続けて獲得し二冠となった藤井の防衛戦。

2020 10/10 17:12
文化

豊島、将棋竜王戦で先勝

 第33期竜王戦7番勝負の第1局で羽生善治九段(左)を破り、感想戦で対局を振り返る豊島将之竜王=10日午後、東京都渋谷区(代表撮影)

 将棋の第33期竜王戦7番勝負の第1局は9、10の両日、東京都渋谷区のセルリアンタワー能楽堂で指され、後手の豊島将之竜王(30)が52手の短手数で挑戦者の羽生善治九段(50)を破り、先勝した。豊島竜王は初防衛が懸かり、羽生九段は前人未到の通算タイトル100期を目指す。

2020 10/9 9:21
文化

将棋、羽生が大台100期に挑む

 竜王戦7番勝負第1局の1日目、封じ手を立会人(右)に手渡す羽生善治九段。中央奥は豊島将之竜王=9日午後、東京都渋谷区(代表撮影)

 将棋の羽生善治九段(50)が豊島将之竜王(30)に挑む第33期竜王戦7番勝負は9日、東京都渋谷区のセルリアンタワー能楽堂で開幕し、羽生九段が27手目を封じて第1局の1日目を終えた。羽生九段は、前人未到のタイトル通算100期獲得を目指す。

2020 8/21 6:00
文化社会

藤井二冠、「天下統一」なるか 将棋界は新たな戦国時代に

記者会見で笑顔を見せる藤井聡太新王位=20日午後6時59分、福岡市内のホテル(撮影・佐藤雄太朗)

 第61期王位戦7番勝負で4連勝し、最年少二冠となった藤井聡太新王位(18)。最年少の14歳2カ月でプロ入りしてから、歴代1位の29連勝をはじめ数々の記録を打ち立ててきた。

2020 8/19 14:04
文化

藤井棋聖、最年少八段に王手 達成年齢を加藤一二三・九段と比べると

加藤九段と藤井棋聖の昇段記録

 現在、最年少八段の記録を持っているのは、福岡県嘉麻市出身の加藤一二三・九段(80)。藤井聡太棋聖の出現までは、加藤九段がさまざまな最年少記録を保持していたが、次々と塗り替えられている。

PR

開催中

第13回あんぱんパーク

  • 2021年10月21日(木) 〜 2021年10月28日(木)
  • ベイサイドプレイス博多 海側イベントスペース
開催中

第5回写遊会 写真展

  • 2021年10月15日(金) 〜 2021年10月29日(金)
  • まいなびギャラリー(北九州市立生涯学習総合センター1階)

PR