まとめ

「竜王戦」

「竜王戦」に関するこれまで扱われたニュース一覧を最新順に掲載しています。

2020 8/21 6:00
文化社会

藤井二冠、「天下統一」なるか 将棋界は新たな戦国時代に

記者会見で笑顔を見せる藤井聡太新王位=20日午後6時59分、福岡市内のホテル(撮影・佐藤雄太朗)

 第61期王位戦7番勝負で4連勝し、最年少二冠となった藤井聡太新王位(18)。最年少の14歳2カ月でプロ入りしてから、歴代1位の29連勝をはじめ数々の記録を打ち立ててきた。

2020 8/19 14:04
文化

藤井棋聖、最年少八段に王手 達成年齢を加藤一二三・九段と比べると

加藤九段と藤井棋聖の昇段記録

 現在、最年少八段の記録を持っているのは、福岡県嘉麻市出身の加藤一二三・九段(80)。藤井聡太棋聖の出現までは、加藤九段がさまざまな最年少記録を保持していたが、次々と塗り替えられている。

2019 10/12 20:23
文化

将棋竜王戦、挑戦者の豊島が先勝

 将棋の第32期竜王戦7番勝負の第1局は11、12の両日、東京都渋谷区のセルリアンタワー能楽堂で指され、挑戦者で先手の豊島将之名人(29)が173手で広瀬章人竜王(32)を破り、先勝した。  豊島名人は初の竜王位が懸かり、広瀬竜王は初防衛を目指す。

2019 9/27 6:00
文化

46歳木村 新王位 最年長

木村一基・新王位

 将棋の豊島将之王位(29)=名人=に木村一基九段(46)が挑戦していた第60期王位戦7番勝負(西日本新聞社主催)の最終第7局は26日、東京都千代田区の都市センターホテルで指し継がれ、午後6時44分、後手番の木村が110手で勝ち、対戦成績4勝3敗で初の王位を獲得した。 木村は46歳3カ月での初タイトル獲得となり、有吉道夫九段が持つ最年長記録(37歳6カ月)を大幅に更新した。

2019 9/25 11:03
社会文化

王位戦第7局 最終局は角換わりに

豊島将之王位(左)の先手で始まった王位戦第7局。右は木村一基九段=25日午前9時、東京都千代田区

 将棋の豊島将之王位(29)=名人=に木村一基九段(46)が挑戦する第60期王位戦7番勝負(西日本新聞社主催)の第7局が25日午前9時、東京都千代田区の都市センターホテルで始まった。 豊島の2連勝で始まった今シリーズは、木村が2連勝を返して追い付いた後、豊島、木村の順に勝って、両者3勝3敗で最終決戦を迎えた。

2018 12/19 17:15
芸能文化文化

将棋、羽生は100期か無冠か 20日から竜王戦最終局

 羽生善治竜王

 将棋の羽生善治竜王(48)に広瀬章人八段(31)が挑戦している第31期竜王戦7番勝負の第7局は20、21の両日、山口県下関市で指される。羽生竜王は最終局で勝てば前人未到のタイトル通算100期獲得、負けると27年ぶりに無冠となる。

2018 11/25 19:22
文化芸能文化

将棋、広瀬が勝ち2勝2敗に 竜王戦第4局

 将棋の第31期竜王戦7番勝負の第4局は24、25の両日、京都府福知山市で指され、挑戦者で先手の広瀬章人八段(31)が133手で羽生善治竜王(48)を破り、対戦成績を2勝2敗のタイとした。 羽生竜王はタイトル通算100期が懸かる。

2018 11/2 19:25
文化芸能文化

広瀬勝ち1勝2敗、将棋の竜王戦 第3局、羽生を破る

 将棋の第31期竜王戦7番勝負の第3局は1、2の両日、茨城県鹿嶋市で指され、挑戦者で後手の広瀬章人八段(31)が130手で羽生善治竜王(48)を破り、対戦成績を1勝2敗とした。第4局は24、25日に京都府福知山市で行われる。

2018 10/24 20:27
文化芸能文化

将棋の竜王戦、羽生が2連勝 第2局、通算100期獲得に前進

 羽生善治竜王

 将棋の第31期竜王戦7番勝負の第2局は23、24の両日、福岡県福津市で指され、後手の羽生善治竜王(48)が150手で挑戦者の広瀬章人八段(31)を破って2連勝、前人未到のタイトル通算100期獲得に前進した。 第3局は11月1、2日に茨城県鹿嶋市で行われる。

2018 10/11 18:39
文化芸能文化

将棋の羽生、通算100期に挑む 竜王戦が開幕

 第31期竜王戦7番勝負の第1局で、広瀬章人八段(手前)と対局する羽生善治竜王=11日午前、東京都渋谷区

 将棋界で前人未到のタイトル通算100期獲得を目指す羽生善治竜王(48)に広瀬章人八段(31)が挑戦する第31期竜王戦7番勝負は11日、東京都渋谷区のセルリアンタワー能楽堂で開幕した。午後6時、羽生竜王が49手目を封じて第1局の1日目を終えた。

2018 7/17 19:21
文化芸能文化

将棋、豊島が初タイトル棋聖獲得 羽生の100期はお預け

 豊島将之八段

 将棋の第89期棋聖戦5番勝負第5局は17日、東京都千代田区で指され、挑戦者で後手の豊島将之八段(28)が108手で羽生善治棋聖(47)を破り、3勝2敗で初タイトルとなる棋聖を獲得した。羽生棋聖は前人未到のタイトル通算100期獲得にあと1期と迫っていたが、10月に開幕する竜王戦に持ち越された。

2018 7/2 18:34
文化芸能文化

将棋、藤井七段の着手に注意 「反則ではない」と将棋連盟

 藤井聡太七段

 日本将棋連盟は2日、最年少プロの藤井聡太七段(15)が6月29日の竜王戦で、反則の「待った」を疑われるような着手があったとインターネット上で指摘されたことについて、「反則ではなくマナーの問題なので、師匠(杉本昌隆七段)から本人へ注意すると聞いております」とのコメントを出した。 対局後、連盟の常務理事らが映像で確認し、反則ではないと判断した。

2018 6/29 23:05
文化芸能文化

藤井七段が竜王戦敗退 将棋、決勝T2回戦

 第31期竜王戦決勝トーナメント2回戦で、増田康宏六段に敗れた藤井聡太七段=29日夜、東京都渋谷区の将棋会館

 将棋の最年少プロ、藤井聡太七段(15)は29日、東京都渋谷区の将棋会館で指された八大タイトル戦の第31期竜王戦決勝トーナメント2回戦で増田康宏六段(20)に敗れて3回戦に進めず、同棋戦の敗退が決まった。 これでタイトル戦のうち、年内に挑戦者となる可能性があるのは王座戦、棋王戦となった。

2018 6/25 23:09
文化芸能文化

将棋、藤井聡太七段が2回戦へ 竜王戦決勝トーナメント

 第31期竜王戦決勝トーナメント1回戦で勝利し、笑顔で対局を振り返る藤井聡太七段=25日夜、大阪市の関西将棋会館

 将棋の最年少プロ、藤井聡太七段(15)は25日、大阪市の関西将棋会館で指された八大タイトル戦の一つ、第31期竜王戦決勝トーナメント1回戦で都成竜馬五段(28)を破り、2回戦に進出した。29日に増田康宏六段(20)と対戦する。

2018 6/5 22:39
文化芸能文化

将棋、藤井七段が決勝Tへ 竜王戦5組優勝

 竜王戦ランキング戦5組決勝で石田直裕五段を破って優勝し、決勝トーナメント進出を決めた藤井聡太七段=5日夜、大阪市の関西将棋会館

 将棋の最年少プロ、藤井聡太七段(15)は5日、大阪市の関西将棋会館で指された八大タイトル戦の竜王戦ランキング戦5組決勝で石田直裕五段(29)を破って優勝し、2期連続で決勝トーナメントに進んだ。初戦で、6組1位の都成竜馬五段(28)と対戦する。

2018 5/18 23:31
文化芸能文化

最年少、藤井七段が誕生 将棋、61年ぶり加藤九段抜く

 将棋の竜王戦ランキング戦5組の準決勝で勝利し、史上最年少の15歳9カ月で昇段した藤井聡太七段=18日午後、大阪市の関西将棋会館

 将棋の藤井聡太六段(15)は18日、竜王戦ランキング戦5組の準決勝で勝ち、規定により史上最年少の15歳9カ月で七段に昇段した。1957年、加藤一二三・九段(78)が記録した17歳3カ月を61年ぶりに塗り替える快挙を成し遂げた。

2018 5/18 11:00
文化芸能文化

将棋、藤井が最年少七段懸け対局 竜王戦5組

 将棋の竜王戦ランキング戦5組の準決勝で、七段昇段に挑む藤井聡太六段=18日午前、大阪市の関西将棋会館

 将棋の藤井聡太六段(15)が、史上最年少の七段昇段に挑む竜王戦ランキング戦5組の準決勝が18日、船江恒平六段(31)を相手に大阪市の関西将棋会館で始まった。 これまでは1957年、加藤一二三・九段(78)が記録した17歳3カ月。

2018 5/7 22:05
文化芸能文化

将棋、藤井六段が王座戦8強入り タイトル初挑戦まであと3勝

 藤井聡太六段

 将棋の最年少プロ、藤井聡太六段(15)は7日、東京都渋谷区の将棋会館で指された王座戦本戦トーナメントの1回戦で屋敷伸之九段(46)を破ってベスト8に進出、タイトル初挑戦まであと3勝とした。準々決勝で、羽生善治二冠(47)―深浦康市九段(46)の勝者と対戦する。

2018 4/24 21:10
文化芸能文化

将棋の藤井六段、予選決勝へ 棋王戦

 藤井聡太六段

 将棋の最年少プロ、藤井聡太六段(15)は24日、大阪市の関西将棋会館で指された棋王戦のブロック別予選準決勝で大石直嗣七段(28)を破り、決勝に進んだ。挑戦者を決める本戦トーナメント進出にあと1勝とした。

2018 4/10 23:42
文化芸能文化

将棋の藤井六段、昇段に王手 最年少七段

 竜王戦のランキング戦5組準々決勝で阿部光瑠六段(右)に勝利し、笑顔で対局を振り返る藤井聡太六段=10日夜、東京都渋谷区の将棋会館

 将棋の最年少プロ、藤井聡太六段(15)は10日、東京都渋谷区の将棋会館で指された竜王戦ランキング戦5組の準々決勝で阿部光瑠六段(23)を破り、ベスト4に進出した。準決勝に勝てば、規定により史上最年少の七段に昇段する。

PR

PR

注目のテーマ