まとめ

「回天」

「回天」に関するこれまで扱われたニュース一覧を最新順に掲載しています。

2019 9/4 11:00
社説・コラム

人間機雷を命じる狂気 水江 浩文

 その異様な兵器は、映画「ゴジラ」(1954年)で巨大怪獣の息の根を止めるため、酸素破壊剤「オキシジェン・デストロイヤー」とともに海中へ潜っていく隻眼の科学者(芹沢博士)の悲壮な潜水服姿を連想させた。 人間機雷「伏龍」である。

2019 3/26 6:00
福岡

しだれ桜、幻想の世界 築上町 30、31日に祭り

試験的にライトアップされたしだれ桜=24日午後8時ごろ、築上町本庄

 「第10回天神山しだれ桜祭り」が30、31の両日、築上町本庄で開かれる。津軽三味線や琴などの演奏があり、地元の特産品の販売もある。

2018 8/20 16:17
文化

全日本バスケット福岡県代表決定戦 26日、太宰府市・日本経済大学

昨年の福岡県代表決定戦

■高いレベルの熱戦展開へ 第94回天皇杯・第85回皇后杯全日本バスケットボール選手権大会の福岡県代表決定戦が26日、太宰府市の日本経済大学・都築貞枝記念体育館で開かれる。 同県内の実業団、クラブ、大学、高校から、男女それぞれ4チームが出場し、トーナメント方式で熱戦が展開される。

2018 2/18 6:00
大分

「青い目の人形」抱きパレード 日田市・三隈幼稚園の園児たち 平和の大切さ伝える

「青い目の人形」を抱いて人力車でパレードする園児

 日田市で開催中の「第35回天領日田おひなまつり」(3月31日まで)に合わせて、同市の三隈幼稚園(藤原しげ子園長)の園児たち約200人が17日、園が保管する「青い目の人形」とともにパレードを行った。 人形は約90年前、米国の排日運動に心を痛めた宣教師の呼び掛けで、平和や友好の証しとして日本各地に約1万2千体が贈られた。

2018 1/6 17:00
社会

旧日本軍の潜水艦をVRに 五島沖海底に沈む24隻 九工大チーム「戦争遺構を後世に」

3次元コンピューターグラフィックスで作製した「伊47」の前部(九工大の浦環特別教授提供)

 九州工業大(北九州市)の浦環(たまき)特別教授らでつくる調査チームが、長崎県五島列島沖に沈む旧日本海軍の潜水艦「伊47」をバーチャルリアリティー(VR、仮想現実)で再現する計画を進めている。米艦船への特攻作戦にも加わった伊47を「戦争遺構」として保存するのが狙いで、年内の公開を目指している。

2014 7/29 6:00
連載

【海外の見方】特攻、米兵士らは「狂信的な自爆戦術」と恐れる

 米国の研究者らの推定では特攻で約120隻の米艦船が沈没。約3千人の米兵が死亡し、約6千人が負傷した。

2014 7/29 6:00
連載

やってはいけない作戦 人間魚雷「回天」元搭乗員の証言

手作りした回天の模型を見つめる元搭乗員の東努さん

 航空兵は敵を撃ち落とすのを目的に飛行機の操縦を覚える。一方、人間魚雷「回天」の搭乗員は自爆するために操縦法を数カ月かけて学ぶ。

2014 7/29 6:00
連載

特攻6400人の悲劇 「戦争の不条理」伝え

出撃 九州の主な拠点

 彼らが乗り込み、南の空へと向かった戦闘機の一つ「飛燕(ひえん)」を囲むように、1036人の遺影と遺書などが展示されている。  鹿児島県南九州市にある知覧特攻平和会館には、年間50万人を上回る見学者が訪れる。

PR

PR