復刻連載・夫婦でいる理由(わけ)
連載

「復刻連載・夫婦でいる理由(わけ)」

21世紀に入って20年が過ぎた。この間、女性の社会進出が進み、男女の関係も変化したように見える。では、夫婦のカタチは…。1999年の連載「夫婦でいる理由(わけ)」を読み返してみると、その答えが見えてくる。

2020 11/9 15:56
くらし

ひとり親、悪戦苦闘の日々…「肩の力がすっと抜けた」きっかけは

イメージ(本文と直接関係ありません)

 「子どものため」が、唯一の「夫婦でいる理由」になっている人も少なくない。その裏側には「両親そろった家庭の方が、ひとり親の子より幸せだ」という固定観念が見え隠れする。

2020 11/6 12:52
くらし

消極的な選択から始まった「週末婚」 しかし、願ってもない方向に

イメージ(本文と直接関係ありません)

 福岡でイベント企画会社を経営する卓さん(46)=仮名=と妻(36)は、2年前に「週末婚」を決意した。卓さんが妻子と過ごすのは金、土、日で、平日は卓さんが母と、妻は2人の息子と暮らしている。

2020 11/6 12:52
くらし

「家を出たい」寝耳に水の妻の言葉…夫の出した意外な結論

イメージ(本文と直接関係ありません)

 金曜日の夜、福岡市・中洲のネオン街のにぎわいには目もくれず、卓さん(46)=仮名=は、妻(36)と2人の息子の待つアパートに向かっていた。 5日ぶりの再会。

2020 11/5 15:46
くらし

「できちゃったけど…」34歳、非婚を選んだ3つの理由

イメージ(本文と直接関係ありません)

 「結婚はしなくても、子どもだけは欲しい」という女性の声をよく耳にする。かたや「できちゃった婚」も少なくない。

2020 11/4 13:35
くらし

「将来は未定です」バツイチ女性が同棲を選ぶ理由

イメージ

 朝、彼を送り出した後、出社時間までワイドショーを見るのが、早苗さん(30)=仮名=の日課だ。最近では、「羽賀研二・梅宮アンナ破局-同棲生活にピリオド」の話題から目が離せなかった。

2020 10/29 15:22
くらし

「冬彦さん」ならぬ「冬子さん」 でき愛する義父、実家依存症の末に

イメージ(本文と直接関係ありません)

 マザコン夫を描いたテレビドラマが1992年、話題を呼んだ。主人公の名は「冬彦さん」。

2020 10/28 15:49
くらし

愚痴から始まった“会話” 1年続いた不倫の末に…

イメージ(本文と直接関係ありません)

 1997年、不倫を描いた小説「失楽園」がベストセラーになった。夫、妻という立場にありながら、恋におぼれる中年男女。

2020 10/27 16:19
くらし

倒産で見えた“本性” 夫を見捨てた妻の言い分

イメージ(本文と直接関係ありません)

 週刊誌の広告に「見捨てられ離婚」という言葉を見つけた。病気で長期休職したり、左遷された夫の能力や将来性を妻が見限ったりしたときに起こる“悲劇”らしい。

2020 10/26 15:19
くらし

「僕のせりふは“子どもだらけ”だった」受け止めきれなかった妻の夢

イメージ(本文と直接関係ありません)

 「もっと本腰を入れてやってみたいの。 「この不況下で、新しい会社を興すなんてばくちだよ。

2020 10/22 14:57
くらし

「夫の顔がダブった」別れたきっかけは義父母の離婚

イメージ(本文と直接関係ありません)

 福岡市内でブティックを経営するサヤカさん(36)は、バツイチ。2人の子を育てながら、2年前に自力で店を開いた。

2020 10/21 14:40
くらし

一緒に散歩、会話も…それでも夫婦が別れる理由「家族になったから」

イメージ(本文と直接関係ありません)

 日曜日の昼下がり。京子さん(32)は、浩さん(30)とよく犬の散歩に出かける。

PR

PR

注目のテーマ