コーナー

「篠栗5歳餓死事件」

「篠栗5歳餓死事件」に関するこれまで扱われたニュース一覧を最新順に掲載しています。

2021 4/24 6:00
社会福岡

5歳男児餓死受け福岡県が虐待リスク評価 国通知から4年で導入

提示された新たな取り組みの流れ

 福岡県篠栗町で昨年4月に5歳の男児が餓死し、母親と知人の女が保護責任者遺棄致死罪で起訴された事件を受け、県は4月から、児童相談所(児相)と市町村が虐待疑いなど事案の緊急性を把握し、共有する評価表「共通リスクアセスメントシート」を導入した。訪問時の体重測定を必須とするなど、児童保護の取り組みを強化する。

2021 4/7 6:00
デスク日記

かかりつけ医の悔い

デスク日記・水

 かかりつけ医だった小児科医は悔やむ。「亡くなる前日でいい。

2021 3/30 6:00
社会福岡

福岡県、虐待リスク評価未導入 児相と町、連携不足に

篠栗5歳餓死事件

 福岡県篠栗町で昨年4月、5歳の男児が餓死した事件で、対応した福岡児童相談所(同県春日市)が、事案の緊急性などを評価して町と共有する「共通リスクアセスメントシート」を作成していなかったことが、関係者への取材で分かった。厚生労働省は作成を求めているが、福岡県は仕組みを導入していなかった。

2021 3/27 6:00
社会福岡連載

児相に助け求めた18日後、孫は餓死した

「気づいてあげられなくてごめんね」。事件が起きたマンションには翔士郎ちゃんへの手紙やお菓子、花が供えられていた=9日午後、福岡県篠栗町

 福岡県粕屋郡の柔道場。幼稚園児が小学生に交じって受け身の練習をしていた。

2021 3/26 6:00
社会

「周りは敵だらけ」母親には違う世界が見えていた

碇利恵被告が息子たちと暮らしたマンションの一室=3月、福岡県篠栗町(撮影・佐藤雄太朗)

 福岡県篠栗町の2階建てアパート。夕方になると、女性が車でやって来た。

2021 3/25 6:00
福岡社会連載

ママ友が「別人」に変えた 母親、うそ信じ孤立

「虚言の果てに-福岡5歳児餓死」

 ブランコのある庭で、歓声を上げて遊ぶ子どもたち。その様子をママ友たちが見守り、お茶をしながら談笑している。

2021 3/23 6:00
社会福岡

5歳餓死の前月、15日以上食べさせず 女指示か

篠栗5歳餓死事件

 福岡県篠栗町で5歳の男児を餓死させたとして保護責任者遺棄致死容疑で逮捕された母親と知人の女が、死亡する前月の昨年3月に計15日間以上も男児に食事を与えていなかった疑いがあることが、捜査関係者への取材で分かった。県警は、知人の女がしつけ名目で食事を抜くよう母親に指示したとみている。

2021 3/17 11:30
福岡社会政治

篠栗町、5歳児餓死事件受け「命を守る条例」制定へ

 篠栗町で昨年4月に5歳児を餓死させたとして、保護責任者遺棄致死容疑で母親と知人の女が逮捕された事件を受け、三浦正町長は16日、町議会最終本会議で、地域の人間関係の再構築などを目的とした「篠栗町の子どもの命を守る条例」を制定する考えを明らかにした。

2021 3/9 6:00
社会

渡した額や日付、心境をメモ 5歳餓死事件、母の手帳やスマホに 

逮捕された母親が子ども3人と暮らしていたマンションの一室=福岡県篠栗町

 福岡県篠栗町で昨年4月、5歳の男児を餓死させたとして保護責任者遺棄致死容疑で母親の碇利恵容疑者と知人の赤堀恵美子容疑者が逮捕された事件で、県警が碇容疑者から押収したスマートフォンや手帳に、赤堀容疑者に現金を渡した日付や金額が詳細に記載されていたことが、捜査関係者への取材で分かった。 関係者によると、碇容疑者は、赤堀容疑者が見ていないときに、金額や日付だけでなく当時の状況や心境も記していた。

2021 3/9 6:00
社会福岡

荒唐無稽なうそ信じ続け 不安につけこまれた母

篠栗5歳餓死事件

 福岡県篠栗町で昨年4月、5歳の男児を餓死させたとして、保護責任者遺棄致死容疑で母親の碇(いかり)利恵容疑者(39)と知人の赤堀恵美子容疑者(48)が逮捕されてから、9日で1週間となる。捜査関係者などへの取材から、身近な作り話にだまされた碇容疑者が次第に荒唐無稽なうそも信じるようになり、孤立と生活困窮を深めていった経緯が明らかになってきた。

2021 3/9 6:00
社会福岡

警察が通告、親族も相談…児相の対応を検証へ

5歳児が餓死した事件について対応を説明する福岡児童相談所の森本浩所長(右から2人目)ら=3月3日、福岡県篠栗町

 福岡県篠栗町で昨年4月、5歳の男児を餓死させたとして保護責任者遺棄致死容疑で母親の碇(いかり)利恵容疑者と知人の赤堀恵美子容疑者が逮捕された事件で、福岡児童相談所や篠栗町は、碇容疑者の一家を見守り対象にしていたが、事件を防ぐことはできなかった。県は8日、児相や町の対応が適切だったのか、第三者による検証を行う方針を明らかにした。

2021 3/7 6:04
社会福岡

ボスと呼ばれた女性「利用され、許せない」

事件の構図

 福岡県篠栗町で昨年4月、5歳の男児を餓死させたとして保護責任者遺棄致死容疑で母親の碇利恵容疑者と知人の赤堀恵美子容疑者が逮捕された事件。赤堀容疑者は、事件と無関係の女性を暴力団との関係がある「ボス」と呼び、ボスの指示だと偽って、碇容疑者に金銭要求したり食事制限をしたりしていた。

2021 3/5 6:00
社会福岡

「ママ友たちが監視」女が母親にうそ、孤立図る

逮捕された母親が子ども3人と暮らしていたマンションの一室=福岡県篠栗町

 福岡県篠栗町で昨年4月、5歳の男児を餓死させたとして保護責任者遺棄致死容疑で母親と知人の女が逮捕された事件で、知人の女が母親に対し「外出中はママ友たちから監視されている」とうそを言って信じさせていたことが、捜査関係者などへの取材で分かった。県警は、母親を友人たちから孤立させることで、現金をだまし取って十分な食事を与えていないことが発覚しないようにしたとみている。

2021 3/4 6:00
社会福岡

福岡5歳餓死 篠栗町や児童相談所、母と40回接触を図る

 篠栗町と県福岡児童相談所は3日、記者会見を開き、2019年9月以降、少なくとも40回、碇容疑者と接触を図ったことを明らかにした。児相は亡くなる約1カ月前に翔士郎ちゃんと最後に接触したが、森本浩所長は「傷やあざはなく、差し迫った危険はないと判断した。

2021 3/4 6:00
社会福岡

「昨日はご飯食べられたよ」 死亡の5歳、幼稚園で食べ物描き

 十分な食事を与えられずに亡くなった翔士郎ちゃん。小学生の兄2人と仲が良く、亡くなる少し前には母親の碇利恵容疑者を気遣うような言葉を口にしたこともあった。

2021 3/3 6:00
社会福岡

「幸せな一家なぜ」 篠栗町5歳児餓死 母から借金申し込まれた人も

5歳児が亡くなった事件の経過

 「幸せそうな一家だったのに」-。福岡県篠栗町で5歳の男児が餓死し、母親の碇(いかり)利恵容疑者(39)とママ友の赤堀恵美子容疑者(48)が逮捕された事件。

2021 3/3 6:00
社会福岡

5歳餓死、知人女1000万円超詐取か 食事管理も

事件が起きたマンションの一室=福岡県篠栗町

 福岡県篠栗町で5歳男児を餓死させたとして保護責任者遺棄致死の疑いで逮捕された赤堀恵美子容疑者(48)が、男児の母親の碇(いかり)利恵容疑者(39)からだまし取った総額が、1千万円を超えるとみられることが捜査関係者への取材で分かった。赤堀容疑者は、碇容疑者が2019年6月~20年3月に受給した生活保護費のほぼ全額など計約200万円を詐取したとして起訴されたが、これ以外にも車を売却させたり、貯金を取り崩させたりしていたという。

PR

PR