コーナー

「参院選・九州」

「参院選・九州」に関するこれまで扱われたニュース一覧を最新順に掲載しています。

2019 7/22 6:00
政治

九州の6女性候補落選 推進法追い風吹かず

 九州の7選挙区には女性候補者が計6人立候補していたが、全員が落選した。今回の参院選は、政党に男女の候補者数をできるだけ均等にするよう求める「政治分野の男女共同参画推進法」が昨年5月に施行して初めての大型国政選挙だったが、九州では同法の追い風が吹かなかった。

2019 7/22 6:00
社会

九州、低投票率際立つ 大雨影響か

 参院選で共同通信が集計した投票率は、宮崎県が41・79%(前回比7・97ポイント減)で全国ワースト2位、福岡県が42・85%(同10・00ポイント減)で3番目に低かった。佐賀県が45・25%(同11・44ポイント減)となるなど、大分県を除き九州6県で全国平均推計48・80%(22日午前1時20分現在)を下回った。

2019 7/22 6:00
社会

消去法の「安定」選択 有権者、疑念追及より暮らし

どの候補、どの政党に国の進路を託したか。1票1票に有権者の思いが宿る=21日夜、佐賀県唐津市

 変化は望まず「安定」を選択‐。参院選で自民党に投票した有権者の本音を探ると、「安倍勝利」の実相が浮かび上がる。

2019 7/20 6:00
政治

九州1人区 与野党が対決 参院選21日投開票

 第25回参院選は21日に投票日を迎える。九州の7選挙区(改選数計9)では、計26人が最終盤の攻防を繰り広げている。

2019 7/15 6:00
経済福岡社会政治

【参院選あなたの声から】新規就農「壁」厚く 中山間地維持へ支援必要

コープファームのミニトマト生産施設で収穫を体験する親子連れ。「事業が順調だからこそ、こうした催しもできる」と同社=福岡県うきは市

 「農家の高齢化対策は大丈夫か」「就農希望者の育成は」…。特命取材班に農業の今後を心配する声が寄せられた。

2019 7/14 6:00
政治

原発の針路かすむ議論 「反発強い」避ける与党 参院選

99%が埋まった状態の日本原燃再処理工場の使用済み燃料プール=6月、青森県六ケ所村

 参院選で原発エネルギー政策を巡る論争がかすんでいる。政府は「(野党が主張する)原発ゼロは責任あるエネルギー政策とは言えない」(安倍晋三首相)として原発再稼働を進める一方で、新増設の是非は語らず、将来像をあいまいにしているためだ。

2019 7/14 6:00
政治

原発立地県、口閉ざす候補者 佐賀、鹿児島議論聞こえず

 九州で原発が立地する佐賀、鹿児島両選挙区では、原発に関する議論はほぼ聞こえてこない。 昨年再稼働した九州電力玄海原発(佐賀県玄海町)を抱える佐賀選挙区。

2019 7/12 6:00
政治

改憲、今度は積極発信 首相、参院選公示後初の九州入り

与党候補の応援演説を終えて有権者とハイタッチする安倍晋三首相=午後6時すぎ、福岡市・天神

 安倍晋三首相(自民党総裁)は11日、参院選公示後初めて九州入りし、大分、福岡両県で自民候補らへの支持を呼び掛けた。報道各社の序盤情勢調査で好調な滑り出しを見せたことを受け、持論の憲法改正を前面に出して聴衆にアピール。

2019 7/7 6:00
政治

九州の候補者、東奔西走 参院選公示後初の週末

買い物客らでにぎわう街中に繰り出し、有権者と握手を交わす候補者=6日午後、福岡市・天神

 参院選(21日投開票)の公示後、初の週末となった6日、梅雨の中休みで晴天が広がった九州の各選挙区では、候補者が買い物客でにぎわう街や人口減少に直面する中山間地に繰り出し、閣僚や党幹部らとともに支持を訴えた。 事実上の与野党一騎打ちとなった長崎選挙区(改選数1)には、与野党とも党本部の応援弁士が入った。

2019 7/5 23:30
福岡政治

【参院選・福岡】各候補の「第一声」ありのままに紹介

候補者の出陣式に訪れた有権者たち=4日午前、福岡市・天神(一部加工しています)

 参院選が4日に公示され、福岡選挙区(改選数3)には9人が立候補した。投開票は21日。

2019 7/5 6:00
政治

九州26人立候補 参院選公示、21日投開票

 第25回参院選が4日公示され、九州の7選挙区(改選数計9)は26人の立候補が確定した。2016年の前回選挙より3人少ない。

2019 7/5 6:00
政治

大雨、第一声に水差す 会場変更や出陣式中止

 九州南部を襲った記録的大雨は、論戦がスタートした参院選にも影響を与えた。出陣式の取りやめや会場変更を余儀なくされた陣営が出たほか、選挙担当の職員が災害対応に追われる自治体もあった。

2019 7/5 6:00
政治

年金不安語らぬ与党 野党、政権批判前面に 改憲論議、訴え乏しく

出陣式で「頑張ろう」と気勢を上げる候補者と支援者たち=4日午前9時40分、長崎市

 4日公示された参院選で、九州の候補者らは各地で第一声を上げた。老後資金2千万円問題を受けた年金制度、消費税率引き上げといった主要争点について、自民候補が言及を避ける一方、野党候補は前面に打ち出し、安倍政権批判を展開。

2019 7/3 6:00
政治

1強自民 内部対立の種 参院選九州7選挙区 分裂の懸念締め付けも

「自民1強」による危機感の薄さへ懸念が示された松山政司参院議員(前列左から3人目)の国政報告会=1日夕、福岡県築上町

 「夏の政治決戦」となる参院選の公示が4日に迫った。九州7選挙区では、自民が全選挙区に現職を擁立。

2019 6/28 6:00
政治

決戦へ候補予定者始動 参院選公示まで1週間

福岡市内の駅前で通勤客らに手を振る立候補予定者=27日朝(画像の一部を加工しました)

 参院選公示(7月4日)まで、あと1週間。通常国会閉会から一夜明けた27日、地元に戻った現職など立候補予定者らは、早朝から街頭に繰り出すなど活動を活発化。

2019 6/8 6:00
政治

参院鹿児島「国民」で決着へ 全1人区で野党一本化

 社民党の吉川元幹事長は7日、国民民主党の平野博文幹事長と国会内で会談し、両党が候補者擁立を目指していた夏の参院選鹿児島選挙区(改選数1)について、国民の公認候補が無所属で立候補することなどを条件に候補を取り下げることを提案した。国民は提案を受け入れる方針。

2016 11/5 3:05
政治

投票意欲 経年で低下 18-20歳“教員の卵” 福教大生参院選調査

 今夏の参院選で国政選挙では初めて導入された「18歳選挙権」を巡り、教育学部の学生18~20歳を対象にした意識調査を、福岡教育大の小田泰司教授(社会科教育学)が行った。投票率は49・3%にとどまり、年を重ねるほど投票意欲が低い傾向が判明。

2016 7/11 6:47
政治

熊本は過去最低51・46% 参院選投票率

 10日に投開票された参院選の確定投票率は、九州7選挙区では、福岡、佐賀、長崎、大分、鹿児島は前回2013年を上回ったが、熊本、宮崎は前回をやや下回った。熊本地震の影響が懸念された熊本は、過去最低となった。

2016 7/10 0:32
政治

参院選10日投票 有権者未来を誰に

大分選挙区の候補者の最後の集会に集まった支持者たち=9日午後7時49分(写真の一部を加工しています)

 巨大与党に野党が異例の共闘態勢で挑んだ参院選は9日、選挙戦の最終日を迎えた。「いまの野党に任せるわけにはいかない」「数の横暴にストップをかけよう」-。

2016 7/10 0:32
政治

託す~被災地から 記者ノート 先送り課題地震で露呈

 6月22日の参院選公示以降、熊本地震の被災地を歩き、多くの有権者の声に耳を傾けた。交通網が寸断され、集落離散の現実味が増す地域があった。

PR

PR

注目のテーマ