コーナー

「参院選・九州」 (3ページ目)

「参院選・九州」に関するこれまで扱われたニュース一覧を最新順に掲載しています。

2016 6/23 1:07
政治

九州では29人立候補 参院選公示

 九州の7選挙区(改選数計9)では2013年の前回参院選よりも3人少ない29人の立候補が確定した。アベノミクスの評価や憲法改正、安全保障関連法などを巡る論戦が始まった。

2016 6/22 0:28
政治

準備大詰めさあ決戦 参院選22日公示

公示前日、立候補予定者の事務所に運び込まれた法定ビラを確認する事務所スタッフ=21日午前、福岡市内(写真の一部を加工しています)

 22日の参院選公示を前に、九州7選挙区で立候補を予定する各陣営は21日、出陣式や掲示用のポスターの準備に追われた。立候補予定者も支持者回りや街頭活動に駆け回り、18日間の選挙戦本番に向けて、決戦ムードが高まってきた。

2016 6/21 1:52
政治

自民VS野党共闘 九州全1人区 参院選22日公示

 九州の7選挙区(改選数計9)には20日現在、計28人が立候補を表明している。福岡を除く改選数1の1人区は、民進や共産、社民各党などによる野党の統一候補と、自民党の公認候補による与野党激突型の構図。

2016 6/21 1:50
政治

不ぞろいの野党共闘 民進と共産、目立つ温度差

 22日に公示される参院選で、九州の全ての改選1人区でも野党共闘が成立したが、共闘の軸となる民進、共産両党の足並みがそろっていない。保守層の取り込みも狙う民進側に、共産アレルギーが根強いためだ。

2016 6/19 2:03
政治

17歳、うっかり選挙違反注意 SNS世代、教育現場は恐々

 19日施行の改正公選法で選挙権年齢が18歳に引き下げられる中、高校3年生が同じようにツイッターで「この候補を応援して」とつぶやいても、年齢が17歳の生徒は公選法に触れる可能性があることに教育現場が恐々としている。インターネットを利用した選挙運動は3年前に解禁されたが、選挙権のない17歳は一切の選挙運動ができないからだ。

2016 6/15 3:21
政治

社民背水、存亡の機 二枚看板 議席減に危機感

 夏の参院選は社民党にとって背水の陣だ。吉田忠智党首と福島瑞穂副党首ら7人が比例代表に立候補予定だが、前回の2013年に獲得したのは1議席のみ。

2016 6/7 1:43
政治

世論調査対象ケータイにも 若者の動向把握へ加速 居住地特定など課題

携帯電話やスマホを愛用する若者世代の「動向」をどう把握するのか。世論調査の課題となる=6日、福岡市・天神

 今夏の参院選から「18歳選挙権」が導入されるのに伴い、政党などが情勢把握のために行う世論調査の対象を、従来の固定電話に加えて携帯電話にも広げる動きが加速しつつある。携帯電話やスマートフォンしか持たない若年層の“心中”にアプローチするためだ。

2016 6/6 0:02
政治

「18歳」懐柔へ各党手探り イメージ戦略、効果未知数

自民党福岡県連学生部の設立大会後、街宣車の上でマイクを握る大学生たち=5日、福岡市

 「18歳選挙権」が導入される参院選に向け、九州でも与野党の若者対策が本格化してきた。自民党福岡県連は5日に「学生部」を設立し、大学生が街頭デビュー。

2016 6/3 12:01
政治

九州7選挙区に26人立候補表明

 参院選の九州7選挙区(改選数計9)には、計26人が立候補を表明している。内訳は現職7、元職1、新人18。

2016 6/2 1:45
政治

各陣営、本格始動 政権評価巡り各地で論戦

党の政策が書かれたチラシを駅前で配る立候補予定者=1日午前8時すぎ、福岡県大野城市

 通常国会の閉会で、参院選の九州7選挙区の立候補予定者は事実上の選挙戦に突入した。六つの改選1人区すべてが自民候補と野党統一候補の激突構図となる中、安倍晋三首相が消費税増税の再延期を発表。

2016 5/30 0:02
政治

共通投票所 九州はゼロ 各自治体 費用負担に懸念

 各種選挙の投票率アップを狙い、本来の投票所以外に駅やショッピングセンターなどでも投票できる「共通投票所」を今夏の参院選で設ける市町村が、九州ではゼロとなる見通しとなった。唯一、設置を検討していた長崎県島原市が見送りを決めたため。

PR

PR

注目のテーマ