コーナー

「参院選・長崎」 (2ページ目)

「参院選・長崎」に関するこれまで扱われたニュース一覧を最新順に掲載しています。

2019 6/1 6:00
政治

参院選へ野党共闘整う 共産岩永氏、立候補取り下げ

 夏の参院選長崎選挙区(改選数1)で共産党公認で立候補を予定していた岩永千秋氏(65)が31日、長崎市内で記者会見し、立候補を取り下げることを正式に表明した。29日に国会内で開かれた野党党首会談で、長崎では国民民主の白川鮎美氏(39)に候補者を一本化することで合意していた。

2019 5/28 6:00
長崎

参院選長崎、野党一本化に合意 週内にも候補者決定

 夏の参院選長崎選挙区(改選数1)で立憲民主、国民民主、共産、社民の4野党の県組織が27日、長崎市内で協議し、候補者の一本化に合意した。各党本部での調整を待ち、国民が公認している新人白川鮎美氏(39)か、共産の新人岩永千秋氏(65)のどちらかを「共同候補」とする方針でまとまり、地方レベルでは一本化に向けた地盤が固まった。

2019 5/23 6:00
長崎政治

野党「結束力」示せるか 夏の参院選長崎、一本化へ調整

 夏の参院選を控え、立憲民主など野党が各地の選挙区で候補者の一本化に向けた協議を進めている。長崎選挙区(改選数1)では再選を目指す自民現職の古賀友一郎氏(51)に対し、国民民主は白川鮎美氏(39)、共産は岩永千秋氏(65)をそれぞれ擁立する構えだが、各党本部での協議が調えば白川氏に一本化される見通し。

2016 7/11 4:43
政治

金子氏、手堅く再選 自民、衆参議席独占守る

支持者と万歳する自民現職の金子原二郎氏(右)

 10日に投開票された参院選長崎選挙区(改選数1)は自民現職の金子原二郎氏(72)=公明推薦=が、民進新人の西岡秀子氏(52)=社民、生活推薦=と政治団体「幸福実現党」新人の江夏正敏氏(48)を破って再選した。自民の同選挙区での勝利は2010年から3回連続で、県内の衆参選挙区での議席独占を守った。

2016 7/11 4:43
政治

西岡氏「私の力不足」 民進新人追い上げ届かず

敗戦の弁を述べた後、事務所で支持者と握手する西岡秀子氏

 「私の力不足以外にない。皆さまにご支援をいただいたが勝利という形で示せなかった」。

2016 7/11 4:43
政治

投票率上昇55・89% 前回を1・85ポイント上回る

 県選挙管理委員会は10日、参院選長崎選挙区の投票率を55・89%と発表した。2013年の前回参院選の54・04%を1・85ポイント上回った。

2016 7/11 4:43
政治

県内で投票用紙の交付ミス相次ぐ

 10日の参院選で県内の投票所でミスが相次いだ。 長崎市三原2丁目の投票所では、島原市の選挙人名簿に登録されている長崎市在住の男性が不在者投票用紙を持って来場。

2016 7/10 3:42
政治

期日前投票17万2042人に 20市町で前回上回る

 県選挙管理委員会は9日、参院選公示翌日から16日間(6月23日~7月8日)の期日前投票者数が17万2042人だったと発表した。今回は選挙運動期間が1日多いため単純比較はできないが、前回2013年の15日間と比べて約3万3千人多い。

2016 7/10 1:44
政治

3候補最後の訴え 10日投票

 10日に投開票される参院選は9日、選挙戦最終日を迎え、長崎選挙区(改選数1)に立候補している3人は、有権者数が最も多い長崎市を中心に遊説。繁華街で最後の訴えに声をからした。

2016 7/10 1:44
政治

離島の29ヵ所で繰り上げ投票 4市1町

 投開票日に悪天候などで投票箱が運べない事態を防ぐため、長崎市や佐世保市など県内4市1町の離島29カ所で9日、参院選の繰り上げ投票があった。 県内で最多の20カ所で実施された五島市。

2016 7/8 0:16
政治

比例代表巡り熱戦 選挙区に候補ない公、共、社、生

 10日投開票の参院選で、長崎選挙区(改選数1)に公認候補を擁立していない政党の県組織は、比例代表の票を巡って選挙戦を展開している。 自民と連立政権を組む公明は、現職の秋野公造氏(49)が6月30日に長崎市入り。

2016 7/8 0:16
政治

投票所増設を検討 雲仙市選管、高齢者の不便解消へ

 雲仙市内の投票所が統廃合され高齢者の投票に支障が出ている問題で7日、金沢秀三郎市長は定例記者会見で、市選挙管理委員会が投票所の増設を検討していることを明らかにした。増設に向け金沢市長は「(予算措置を)前向きに検討する」と述べた。

2016 7/8 0:16
政治

投票率50%割れ懸念 「18歳選挙権」効果は未知数

 10日投開票の参院選は「18歳選挙権」が適用される初の国政選挙。気になる若い世代の投票率だが、1998年以降の6回の参院選では20~24歳の投票率がいずれも年代別で最低で、全体の投票率を押し上げることができるのかは未知数だ。

2016 7/6 0:34
政治

現場で聞いた@五島市福江港 島を訪れやすくして

観光客やビジネス客が乗り降りする福江港

 五島市の海の玄関口、福江港。連日、観光客やビジネス客が降り立つ。

2016 7/6 0:30
政治

平戸、松浦高に期日前投票所 新有権者、昼休みに1票

投票用紙を渡すのも、受け取るのも平戸高の3年生

 「18歳選挙権」が適用された参院選で5日、平戸市の平戸高と松浦市の松浦高に期日前投票所が設けられ、3年生計25人が昼休みに初めての1票を投じた。 両市の選挙管理委員会が昼休みの45分間限定で、県内の高校では初めて設置した。

2016 7/6 0:25
政治

台風進路に選管ピリピリ 投票箱の代替輸送検討も 長崎

 参院選投開票日が10日に迫る中、台風1号が北上し、県内の各選挙管理委員会が進路を注視している。10日に県内に最も接近する可能性もあるからだ。

2016 7/4 0:09
政治

インターネット選挙、工夫こらす 動画発信、検索やりやすく

インターネットを使って発信しようと、集会の様子を撮影する陣営関係者

 インターネットを使った選挙運動が解禁されてから2回目となる参院選。長崎選挙区(改選数1)に立候補した3陣営はインターネット交流サイトのフェイスブック(FB)や短文投稿サイトのツイッターを使って候補者の活動の様子を発信している。

2016 7/3 0:09
政治

投票所、統廃合で遠のく 高齢集落、交通手段なく 雲仙・愛野

 雲仙市が4年前、投票所を41から28に統廃合したことで投票所までの距離が遠くなり、高齢化が進み公共交通機関がない地域などでは、今回の参院選で「投票を諦めざるを得ない」と話す高齢者が出ている。投票所の統廃合は同市議会でも問題視されたが、解決策は打ち出せていない。

2016 6/29 0:07
政治

諫干 聞こえぬ論戦 野党共闘…全候補 開門反対に

国営諫早湾干拓事業の潮受け堤防排水門。参院選長崎選挙区で、開門の是非は争点になっていない

 参院選長崎選挙区(改選数1)で、国営諫早湾干拓事業(長崎県諫早市)の開門問題が語られていない。自民現職と民進新人、諸派新人の3人が争うが、いずれも「開門反対」。

2016 6/28 12:23
政治

「若者よ投票へ」長崎の選管懸命 PRダンス「選挙権の変」

投票を呼び掛ける「選挙権の変」のダンスを披露するエグスプロージョン

 改正公選法の施行により選挙権年齢が「18歳以上」に引き下げられたことを受け、7月10日投開票の参院選に向けて若者の関心を高めようと、長崎県内の選挙管理委員会があの手この手で投票を呼び掛けている。 前回2013年の参院選の投票率は54・04%。

PR

PR

注目のテーマ