まとめ

「天照大神」

「天照大神」に関するこれまで扱われたニュース一覧を最新順に掲載しています。

2020 9/29 18:00
佐賀

ご神体が点在…人気のパワースポット 佐賀の「巨石パーク」の魅力

高さ10メートルを超す巨石が隣り合う「天の岩門」

 数々の巨石が点在する「巨石パーク」(佐賀市大和町梅野)が近年、パワースポットとして人気を集めている。取材に乗じてパワーを授かれば、高額宝くじに当選するような笑いが止まらなくなるほどの幸運に恵まれるかも-。

2019 11/22 6:00
福岡

旧蔵内邸に干支「子」人形ズラリ 二代西頭哲三郎さん作品展 築上町

来年の干支「子」の作品などが並ぶ旧蔵内邸

 博多人形の伝統工芸士、二代西頭哲三郎さん(71)=福岡市早良区=の人形作品展が21日、築上町上深野の旧蔵内邸で始まった。博多人形など約100点を展示。

2019 11/17 6:00
宮崎社会

冬の訪れ、神々の舞 高千穂の夜神楽始まる

「高千穂の夜神楽」で古式ゆかしく舞う舞い手=16日午後9時すぎ、宮崎県高千穂町押方

 神話の里、宮崎県高千穂町で16日、山村に冬の訪れを告げる「高千穂の夜神楽」(国指定重要無形民俗文化財)が始まった。秋の実りに感謝し、翌年の五穀豊穣(ほうじょう)を願う神事。

2019 10/30 15:02
文化

【二足の靴 白秋ぶらり旅】美々津・高千穂編 船出の朝日 捉えられたか

美々津海岸より眺める「御船出の瀬戸」に昇る朝日

 年号が「令和」へ移り、皇室の歴史に注目が集まったことで、北原白秋の埋もれていた歌に再びスポットが当たり始めている。白秋が亡くなる2年前、1940(昭和15)年に発表された交声曲(カンタータ)「海道東征(かいどうとうせい)」。

2019 7/30 6:00
福岡社会

高千穂の夜神楽、宗像大社で奉納

宗像大社で奉納された「高千穂の夜神楽」=29日午前10時40分ごろ

 宮崎県高千穂町に伝わる国指定重要無形民俗文化財「高千穂の夜神楽」が29日、福岡県宗像市の宗像大社で奉納された。 氏子の舞い手らでつくる高千穂の夜神楽伝承協議会のメンバーら22人が訪れ、高千穂神楽33番のうち、手力雄命(たぢからおのみこと)が天岩戸を開いて天照大神(あまてらすおおみかみ)を迎え、世の中に光が戻った「戸取りの舞」など3番を披露した。

2019 7/6 6:00
福岡社会

【動画あり】子供たちもオイサ 博多祇園山笠

威勢良い掛け声ともに街中を走る子供山笠=5日午後4時10分ごろ、福岡市博多区

 福岡市の夏祭り「博多祇園山笠」の舁(か)き山笠が動き始めるのを前に5日、子供山笠の流(ながれ)舁きが博多区であった。同区奈良屋町の博多小児童が中心の博多流では、約240人が「オイサ」と掛け声を町に響かせた。

2019 6/27 15:57
読書

『伊勢神宮と斎宮』 西宮秀紀著 (岩波書店・907円)

『伊勢神宮と斎宮』 西宮秀紀著 (岩波書店・907円)

 皇祖神である天照大神を祭る伊勢神宮。天照大神に奉仕する天皇家の皇女や女王を指す斎宮(さいくう)。

2019 4/18 19:24
社会

両陛下、伊勢神宮の内宮も参拝 「親謁の儀」、退位報告終了

 伊勢神宮の参拝を終え、近鉄宇治山田駅前に集まった人たちに手を振られる天皇、皇后両陛下=18日午後、三重県伊勢市(代表撮影)

 三重県伊勢市を訪れている天皇、皇后両陛下は18日午後、天皇陛下の退位を報告するため、皇室の祖神とされる天照大神を祭る伊勢神宮の内宮を参拝された。陛下の退位に関連した儀式の一つ「親謁の儀」で、午前は外宮を参拝した。

2019 4/18 11:34
社会

両陛下、伊勢神宮の外宮を参拝 退位を報告

 伊勢神宮外宮を参拝された天皇陛下=18日午前、三重県伊勢市

 三重県伊勢市を訪れている天皇、皇后両陛下は18日午前、天皇陛下の退位を報告するため、伊勢神宮の外宮を訪問された。陛下と皇后さまが順に参拝。

2018 11/18 6:00
社会

冬告げる神々の舞 高千穂夜神楽始まる

夜を徹して舞う高千穂の夜神楽=17日午後8時50分ごろ、宮崎県高千穂町の下永の内公民館

 国の重要無形民俗文化財「高千穂の夜神楽」が17日、宮崎県高千穂町で始まった。秋の実りに感謝し、来年の五穀豊穣(ほうじょう)を願って夜を徹して33番の舞を奉納する。

2018 11/17 20:21
くらし

出雲大社で八百万神お迎え、島根 稲佐の浜で神事

 稲佐の浜で営まれた八百万神を迎える「神迎神事」=17日夜、島根県出雲市

 全国から八百万神が出雲大社(島根県出雲市)に集まるとされる旧暦10月10日の17日夜、同市の稲佐の浜で「神迎神事」があった。暗闇にかがり火がたかれる中、神職が祝詞をあげ神々をサカキに宿らせた。

2018 3/29 6:00
福岡

「神々は田川に実在した」 研究家・福永氏が自説、ファン楽しむ 田川古代史フォーラム詳報

「田川古代史フォーラム」は500人の来場者の熱気に包まれた

 弥生時代、田川は神々と王の故郷だった-。田川市の県立大で21日に開かれた田川古代史フォーラム「古代田川の隠された歴史」(田川広域観光協会主催)。

2017 11/27 21:09
芸能

全国八百万の神々お迎え、島根 出雲大社

 稲佐の浜で営まれた八百万神を迎える恒例の「神迎神事」=27日夜、島根県出雲市

 年に1度、全国から出雲大社(島根県出雲市)に集まるとされる八百万神を迎える恒例の「神迎神事」が旧暦10月10日の27日夜、同市の稲佐の浜で営まれた。 稲佐の浜では、出雲大社に祭られる大国主命が天照大神の使者と国譲りの話し合いをしたといわれる。

2017 5/4 20:53
芸能

宗像・大島でバス路線開設、福岡 世界遺産のにぎわいへ先手

 沖津宮遥拝所(左奥)前を走る定時運行の路線バス=4月11日、福岡県宗像市・大島

 今年の世界文化遺産登録を目指す「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」がある福岡県宗像市の離島・大島で、遺産を巡回する路線バスが4月から走り始めた。島にはこれまで定時運行のバスがなかった。

2017 5/1 17:22
社会

台湾東部 日本の足跡残る 開墾、風土病と闘った移民村 当時伝える民家、神社 先住民の暮らしに影響も

花蓮県の旧豊田神社の鳥居には「碧蓮寺」の文字が付けられている

 都市部や観光地が集まる台湾西部に比べて日本人になじみが薄い台湾東部。しかし、そこには約70年前まで日本からの移民が村をつくって生活していた。

PR

PR

注目のテーマ