ワタシの職場
連載

「ワタシの職場」

「ワタシの職場」に関するこれまで扱われたニュース一覧を最新順に掲載しています。

2020 4/27 15:30
福岡

航空機に憧れ自衛官に…火災現場で活躍する2児の母

破壊機救難消防車の前で、消防ホースを手にする上田由佳さん

 航空事故に対応できる「破壊機救難消防車」(総重量約30トン)を自在に操り、航空自衛隊芦屋基地(福岡県芦屋町)内の火災に備える。2等空曹で基地消防班の上田由佳さん(36)の顔つきは、コックピットで操縦かんを握るパイロットのようだった。

2020 4/26 6:00
福岡

「格好良かった」CAに憧れた少年、かなえた夢 きっかけは父の後押し

「緊急時の脱出の手順確認など、ベテランでも訓練は欠かせません」と語る西山淳さん(手前)

 機内を再現した訓練施設の内部には、上空にいるような緊張感が漂う。北九州空港そばにある航空会社スターフライヤーのトレーニングセンター(北九州市小倉南区)。

2020 4/19 6:00
福岡

「怒るばかりで向いてない」元刑務官の男性、化粧品の販売員に

「仕事に向き合う人の疲れをケアしたい」と語る立山健斗さん=3月27日撮影

 多くの化粧品販売ブースからの芳香に包まれた福岡市・天神の百貨店1階。女性店員に交じり、黒いTシャツ姿で異彩を放つのが、男性向け化粧品販売員立山健斗さん(27)=同市博多区=だ。

2020 4/12 6:00
福岡連載

乳児おんぶして包丁握ることも 34歳の子連れすし職人

見た目でも楽しめるすしを握る女性職人の坂井史絵さん

 生後7カ月の長男がぐずりだすと、仕込み中におんぶしたまま包丁を握ることがある。すし店「花寿し」(福岡県大牟田市)の店主坂井史絵さん(34)は、夫が仕事の都合で不在のときなど、板場で職人と育児の両立に努める。

2020 4/6 6:00
福岡連載

母娘で林業、重機操る20歳「何となくやってみようかなと」

重機を使って木材を丁寧に積み上げる原田世羅さん

 福岡県八女市の山林にチェーンソーの音が響き渡る。同僚の男性が伐採した木材を、専用の重機でトラックに積んで運搬するのが原田世羅さん(20)の役割だ。

2020 4/5 6:00
福岡連載

「おしゃれよりも仕事が楽しい」17歳の女性左官職人

「自分の仕事が家やマンションとして形に残るのが面白い」と語る和田汐里さん

 配管がむき出しになった建設中のマンション15階の一角。左官職人2年目の和田汐里さん(17)=北九州市小倉南区=がコテを滑らせ壁の下地を塗り上げる。

2020 3/29 6:00
福岡連載

男性目線での美しさ提供したい ネイリストの卵・待永啓資さん

「お客さんの喜ぶ顔を見るのが楽しみ」と話す待永啓資さん

 名刺を渡す時など指先は意外と見られますよ-。福岡県内でも数少ない男性ネイリストを目指す福岡市中央区の待永啓資(まちなが・けいすけ)さん(23)は4月から、市内のネイルサロンで働きだす。

PR

PR

注目のテーマ