まとめ

「小澤征爾」

「小澤征爾」に関するこれまで扱われたニュース一覧を最新順に掲載しています。

2019 8/17 12:00
九州ニュース鹿児島文化

薩摩からロシアへ、世界初の露日辞典の著者・少年ゴンザを捜して

ゴンザの死から18年後に建設が始まったショッピングモール「ゴスチーヌイ・ドヴォール」のアーケード。古都には18世紀の面影が多く残っている

 今から300年ほど前、ダミアン・ポモルツェフという少年がいた。生まれは薩摩、本名はゴンザ。

2019 5/29 16:17
福岡

ステッカー、名演の記憶 プロ、高校生…25年かけ 福岡シンフォニーホールの舞台袖に200枚 

舞台袖の柱に所狭しと張られたステッカーを指さす小牧達彦さん

 国内有数の音響設備を誇る福岡市中央区天神の福岡シンフォニーホールの舞台袖に約200枚ものステッカーが張られている。ウィーンフィルハーモニー管弦楽団など世界的なオーケストラから地元高校生まで、内外の音楽家たちがコンサートの記念に残した。

2019 5/28 21:34
文化

小澤征爾さんが水戸で指揮

 演奏会に出演した小澤征爾さん(左)とマルタ・アルゲリッチさん=28日夜、水戸市(水戸芸術館提供、大窪道治撮影)

 体力的な理由で26日の公演を降板した指揮者の小澤征爾さん(83)が28日、水戸芸術館(水戸市)で開かれた公演で指揮した。  自身が総監督を務める水戸室内管弦楽団の定期演奏会で、ソリストに世界的ピアニストのマルタ・アルゲリッチさんを迎え、ベートーベンのピアノ協奏曲第2番を振った。

2019 5/25 21:34
文化

小澤征爾さんが演奏会降板

 小澤征爾さん

 水戸芸術館(水戸市)は25日、館長で指揮者の小澤征爾さん(83)が、26日に水戸市で開かれる水戸室内管弦楽団の定期演奏会を降板すると発表した。上皇ご夫妻が鑑賞された24日の東京公演で約2カ月ぶりに指揮を務めたが、体力の消耗が著しいため大事を取って静養する。

2019 4/13 0:06
ニュースリリース

日本経済大学、吹奏楽部を新たに始動「個」を高め合い美しいハーモニーを紡ぐ

日本経済大学(所在地:福岡県太宰府市、学長:都築 明寿香)は、トランぺッター、かつ、指揮者・指導者としての第一人者であり、大学吹奏楽団を幾度も全国大会に導いた輝かしい経験のある柴田裕二氏を教授に迎え、2019年4月より、吹奏楽部を始動させました。今年春、17人の学生が入部。

2018 8/28 19:21
文化芸能

小澤征爾さん軽度の胸椎骨折 静養中、10月公演降板

 小澤征爾さん

 水戸芸術館(水戸市)は28日、館長を務める指揮者の小澤征爾さん(82)が今月中旬に軽度の胸椎圧迫骨折と診断されたと発表した。現在は治療を終え、東京都内で静養しているという。

2018 7/28 23:39
文化芸能

世界のオザワ、9カ月ぶりに指揮 長野で国際室内楽アカデミー公演

 約9カ月ぶりに指揮を執った小澤征爾さん=28日、長野県山ノ内町(大窪道治氏撮影、2018OICMA提供)

 世界的指揮者の小澤征爾さん(82)が28日、長野県山ノ内町のホール「森の音楽堂」で開かれた「小澤国際室内楽アカデミー」の奥志賀公演に出演し、約9カ月ぶりに指揮を執った。昨年10月の水戸市での公演後は体調面の不安から降板が続き、4月には大動脈弁狭窄症の手術も受けたが、約300人の観客の前で復活をアピールした。

2018 5/11 12:03
文化芸能

小澤征爾さんが松本フェス降板 「体力回復に時間かかる」

 長野県松本市で8~9月に開かれる音楽祭「セイジ・オザワ松本フェスティバル」の実行委員会は11日、指揮する予定だった小澤征爾さん(82)が、体調面の大事を取って計3公演全てを降板すると発表した。 実行委によると、小澤さんは大動脈弁狭窄症のため4月に手術を受け、現在は治療を終えて順調にリハビリが進んでいるが、体力や筋力の回復に時間がかかると判断したという。

2018 4/25 18:59
文化芸能

小澤征爾さんが手術受け退院 松本フェスで復帰へ

 小澤征爾さん

 水戸芸術館(水戸市)は25日、大動脈弁狭窄症のため入院していた館長で指揮者の小澤征爾さん(82)が手術を受けて退院し、自宅で療養中だと発表した。 8~9月に開催される長野県松本市の音楽祭「セイジ・オザワ松本フェスティバル」での復帰を目指すという。

2018 3/26 18:09
文化芸能

治療専念で小澤さん音楽祭、降板 5月開幕、別府

 2017年5月、別府アルゲリッチ音楽祭で、演奏後に花束を手にする小澤征爾さん(左)とマルタ・アルゲリッチさん=大分市

 アルゲリッチ芸術振興財団(大分県別府市)は26日、同県を中心に5月から開幕する「別府アルゲリッチ音楽祭」に出演予定だった小澤征爾さん(82)が、大動脈弁狭窄症の治療に専念するため降板すると発表した。 アルゼンチン出身で世界的ピアニストのマルタ・アルゲリッチさんが総監督を務める同音楽祭は、今年で20回目。

2018 3/8 17:13
文化芸能

小澤征爾さんが入院、公演を降板 大動脈弁狭窄症で約1カ月

 小澤征爾さん

 指揮者の小澤征爾さん(82)の事務所は8日、小澤さんが大動脈弁狭窄症と診断され、入院したことを明らかにした。治療と精密検査で約1カ月間入院する予定という。

2017 10/20 21:37
芸能

小澤征爾さん、1月の指揮降板へ ベルリン・フィル発表「残念だ」

 小澤征爾さん

 【ベルリン共同】世界最高峰のオーケストラとされるドイツのベルリン・フィルハーモニー管弦楽団は20日、小澤征爾さん(82)が来年1月19日と21日にベルリンで予定していたコンサートを降板すると発表した。航空機での長い移動時間が負担になるとの医師の助言があったためだと説明している。

2017 10/12 20:35
芸能

小澤さんが水戸で子ども音楽会 リハーサル公開も

 「子どものための音楽会」で指揮する小澤征爾さん(中央)=12日、水戸市

 指揮者の小澤征爾さん(82)が総監督を務める水戸室内管弦楽団が12日、水戸市の体育館に小学生らを招待して「子どものための音楽会」を開いた。同市の水戸芸術館では、13日と15日に予定している第100回定期演奏会のリハーサルも公開した。

2017 9/10 20:01
芸能

オザワフェス華やかに閉幕 小澤さんと内田さんが共演

 「セイジ・オザワ松本フェスティバル」で共演した小澤征爾さん(手前左)と内田光子さん(同右)=10日午後、長野県松本市((C)大窪道治)

 長野県松本市で開かれていた音楽祭「セイジ・オザワ松本フェスティバル」で10日、総監督を務めた指揮者の小澤征爾さん(82)がピアニストの内田光子さん(68)と最後のプログラムで共演した。内田さんは今年2月、2回目の米グラミー賞を受賞しており、小澤さんと内田さんという2人のグラミー賞受賞者の登場で、音楽祭は華やかに幕を閉じた。

2017 7/21 14:50
芸能

「日野原氏は命を大事に考えた」 小澤征爾さんがコメント

 小澤征爾さん

 18日に105歳で死去した東京・聖路加国際病院の名誉院長日野原重明さんと親交のあった指揮者の小澤征爾さん(81)が21日、「細かいところまで人の命を大事に考えた方でした」などとする追悼コメントを発表した。 小澤さんは、自身の母が聖路加国際病院に転院する手続きを日野原さんがしてくれたことなどを明かし、「生きている喜びを死ぬまで味わう、そういった姿勢を持っていました。

2017 5/17 22:56
芸能

大分の音楽祭で小澤氏協演 アルゲリッチ氏と協奏曲

 別府アルゲリッチ音楽祭で、演奏を終え花束を手にする小澤征爾さん(左)とマルタ・アルゲリッチさん=17日夜、大分市(代表撮影)

 大分県で開かれている「別府アルゲリッチ音楽祭」に、世界的指揮者の小澤征爾さん(81)が17日、初めて参加し、総監督を務める水戸室内管弦楽団とアルゼンチン出身のピアニスト、マルタ・アルゲリッチさんがベートーベンの「ピアノ協奏曲第1番」で協演した。 アルゲリッチさんは小澤さんと視線を交わしながらピアノを弾き、繊細さと大胆さを併せもつ旋律で観客を魅了。

2017 5/11 20:27
芸能

小澤さんがリハーサル公開 水戸市内の高校生ら650人に

 リハーサルの合間に聴衆に話しかける小澤征爾さん(中央左)=11日午後、水戸市(大窪道治氏撮影、水戸芸術館提供)

 世界的指揮者の小澤征爾さん(81)が11日、水戸芸術館(水戸市)で総監督を務める水戸室内管弦楽団のリハーサルの様子を公開し、市内の高校生ら約650人が迫力の演奏に聞き入った。 公開したのは12日から開かれる定期演奏会で演奏するグノーの「小交響曲」など2曲。

2017 5/3 23:28
芸能

小澤さん、来年1月指揮へ ベルリン・フィルで

 小澤征爾さん

 【ベルリン共同】世界最高峰のオーケストラとされるドイツのベルリン・フィルハーモニー管弦楽団は3日、小澤征爾さん(81)が来年1月19日と21日に、ベルリンでのコンサートで指揮者を務めると発表した。 小澤さんは2010年の食道がん摘出手術後に活動を一時休止したが、16年4月に約7年ぶりにベルリン・フィルを指揮し、話題になった。

PR

PR

注目のテーマ