教育はいま
連載

「教育はいま」

かつてない教育改革の波が押し寄せています。月ごとのテーマを決め、記者たちが最前線に出向いて密着・追跡リポートしていきます。

2020 11/22 14:06
教育

失われた部活の「区切り」 充実はあった校内の発表会 そして受験へ

自宅近くの公園を歩くシンジさん(右)と妹のサトミさん

 「おはようございます」。近くまで山が迫る住宅街。

2020 11/15 12:34
教育

剣道、感染防止の「規制」に戸惑い 声出せず、「つばぜり合い」も…

12月の昇段審査会を楽しみにしている小野絢菜さん

 プラスチックのマウスシールドとマスクを着用して動いてみると、想像以上に息苦しい。剣道にはおなじみの大声は出せず、本調子が出しづらい。

2020 11/8 11:49
教育

わが子の「やる気スイッチ」どこに? 教育ジャーナリストの秘策とは

加藤紀子さん

 わが子のやる気を引き出したいけど、どうすればいいの…。そんな保護者向け書籍「子育てベスト100」(ダイヤモンド社)が6月の発行から15万部を超えた。

2020 11/1 11:14
教育

突然奪われた晴れ舞台 部員を導く目標模索 演奏会でかみしめた喜び

福岡県大野城市の平野中で吹奏楽部部長として奮闘する2年の本多眞麻さん

 「何を目標に練習すればいいのだろう」。福岡県大野城市の平野中2年、本多眞麻さん(14)は、そんな思いでアルトサックスを吹く日々が続く。

2020 10/25 14:00
福岡社会教育

休校で1日8時間“テレワーク”の高校生 手腕認められ有給のインターン

卒業した福岡市の当仁中を訪れた上野貴映之さん

 全国の学校が長期休校になった今春、高校2年に進級した上野貴映之(たかゆき)さん(16)=福岡市=は自宅で「テレワーク」をしていた。愛用するのは、貯金をはたいて購入したばかりのノート型パソコン。

2020 10/18 11:31
教育福岡社会

長期休校中、勉強に没頭 在宅の父に質問 「やるだけ成績が上がる」

算数の問題を素早く解いていくシュンさん(仮名)

 シャープペンシルを素早く操り、ノートに数字を書き込む。紙からペン先を離している間も小刻みに動いたまま。

2020 10/11 14:04
福岡社会教育

全員前向きで給食、アプリで連絡…中1の新学期「制約ある日常」続く

イメージ

 福岡県内の公立中に今年入学した、アミさん(12)=仮名=が初めて校舎に足を踏み入れたのは5月中旬だった。 新型コロナウイルスによる長期休校が明け、まずは分散登校が始まる。

2020 9/27 14:50
教育

全国学力テスト問題点 指導と政策、目的が矛盾 福教大川口氏に聞く

全国の小6、中3を対象に行われた昨年の全国学力テスト。今年は新型コロナウイルスの影響で中止となった=昨年4月、佐賀県小城市

 毎年4月に全国の小6と中3を対象に行われる「全国学力・学習状況調査」(全国学力テスト)。今年は新型コロナウイルスの影響で中止されたが、学校現場の負担が大きいなどとして見直しの議論が進んでいる。

2020 9/20 14:10
教育

教員も、生徒も、住民も「知らない」だから学ぶ 地域での試行錯誤

戦争体験者の証言を聞いて、感じたことなどを地域の行事で発表する福岡市早良区の飯倉校区の住民たち

 8、9月のテーマ「平和学習」では、学校現場の取り組み、識者の視点を通じて現状や課題を探ってきた。そこで問われていたのは、主体的に平和について考える力だった。

2020 9/13 14:34
教育

「戦争は悲惨だ」の前になすべきこと 出口治明APU学長に聞く「平和学習」のあり方

立命館アジア太平洋大学長 出口治明さん

 戦後75年に合わせて考えている「平和学習」。世界史や教育の意義を読み解く多くの著書がある立命館アジア太平洋大(APU)の出口治明学長に現状や課題を聞いた。

2020 9/6 11:49
教育

保守政権の「偏向」批判でイメージ悪化 識者に聞く日教組の実態 

広田照幸さん

 全国各地の小中学校で行われる平和学習は日教組がリードしてきた。朝鮮戦争中の1951年の定期大会では「教え子を再び戦場に送るな」というスローガンを採択した。

2020 8/30 12:24
教育

AI活用授業の塾や予備校、コロナ影響で増加 理解度に応じて問題選択

学習塾「1対1ネッツ」の生徒のパソコンには、AIが表示した問題や解説が並ぶ

 新型コロナウイルスの影響による一斉休校でオンライン学習が広がる中、授業に人工知能(AI)を活用する塾や予備校が増えている。AIは生徒の理解度に応じて問題や解説動画をパソコン画面に表示、課題をクリアすると次の段階に進むことができる。

2020 8/30 12:21
教育

夏休みもオンライン学習 福岡・春日市の小中学校、指導法習熟も狙い

パソコンの画面に表示した資料について生徒に解説する春日東中の教員

 福岡県春日市の市立小中学校は、新型コロナウイルスの影響による臨時休校を機にオンラインによる授業を始め、夏休み中も学習支援に活用した。学習意欲を高めると同時に、教員側も情報通信技術(ICT)に継続的に触れ、指導法を習熟する狙いがあるという。

2020 8/23 14:09
教育

教員たちが守り広めた平和学習 「被爆の風化」を発端に青空授業も

教員が集まる平和に関する学習会で発言する梶村晃さん=昨年11月、福岡市東区

 夏休み中に福岡県内の小中学校で行う平和学習は、広島に原爆が投下された8月6日のケースが多い。平和学習が始まったきっかけは、半世紀前の教員たちが抱いた「被爆の風化」への危機感だった。

2020 8/16 12:05
教育

「どこが試験に出ますか」近現代史教える教員のジレンマ

1月にあった大学入試センター試験。来年からは大学入学共通テストが始まる

 75年前の大戦から現代に至る過程を学ぶ歴史の授業。戦争と平和について考える機会でもあるが、受験勉強に追われる高校ではどのように実践しているのだろうか。

2020 8/9 6:00
教育

平和実現へ「わたしたちの宣言」 福岡・筑紫野市の中学生がまとめる

福岡県筑紫野市立中の生徒会連合体について振り返る山本桃子さん(右)と坂田康亮教諭

 戦争やいじめ、差別をなくし、平和な社会を実現する―。福岡県筑紫野市立の全5中学校が今年、そんな思いを込めた「わたしたちの宣言」をまとめた。

2020 8/2 16:35
教育宮崎

進路選択につながる本の購入費を 宮崎・日向高生、CFで支援募る

クラウドファンディングを実施している宮崎県立日向高の生徒たち(同校提供)

 宮崎県日向市の県立日向高3年の生徒や司書が、進路選択につながる本の購入費をクラウドファンディング(CF)で集めている。新型コロナウイルスの影響で学校は2カ月余り休校。

2020 8/2 16:30
教育

コロナ下の学校、「子どもファースト」視点を 教育担当4記者座談会

これからの教育について意見を交わす取材班メンバー=7月28日(撮影・宮下雅太郎)

 新型コロナウイルスの影響により2カ月遅れで始まった2020年度。学校現場は感染をにらみながらの難しい運営が続いている。

2020 7/19 11:56
教育

消毒“自腹“切り作業も…業務増「対応は現場に丸投げ」 教員は嘆き

登校する子どもがランドセルに下げた健康チェックのシートをチェックする教員たち(本文とは関係ありません)

 学校の役割は年々拡大、多様化している。いじめや不登校の増加にとどまらず、通学路の安全確保、学校評価の説明責任、情報教育や消費教育なども。

2020 7/12 13:47
教育

「やりがいって何」教員、綱渡りの日々 コロナで業務増大

福岡県内の高校では感染対策で教員も生徒もマスクを着用し、教室の窓も開けるなどして授業を行っている(本文とは関係ありません)

 新型コロナウイルスによる長期休校が明けた学校現場で、学習の遅れや感染予防に追われる教員たちが悲鳴を上げている。急ぎ足の授業に子ども同士の触れ合いも促せず、検温、消毒や給食の配膳といった業務も増大する。

PR

PR

注目のテーマ