まとめ

「メルケル首相」 (2ページ目)

「メルケル首相」に関するこれまで扱われたニュース一覧を最新順に掲載しています。

2019 10/16 18:26
福岡文化

ドイツはなぜ脱原発できたか 記録映画「モルゲン、明日」 25日から北九州で上映

ベルリンのホロコースト記念碑を訪ねた坂田雅子監督

 福島第1原発事故の後、2022年までに全原発を停止することを決めたドイツの各地を旅し、なぜ脱原発へ方針転換できたのか、答えを探って歩いたドキュメンタリー映画「モルゲン、明日」が北九州市で上映される。枯れ葉剤被害をテーマにした「花はどこへいった」の坂田雅子監督の作品。

2019 10/8 21:14
国際

独、英の離脱条件新提案に否定的

 【ロンドン共同】英国の欧州連合(EU)離脱を巡り、BBC放送などは8日、ドイツのメルケル首相がジョンソン英首相と電話会談し、英側がEUに示した離脱条件に関する新提案について「著しく合意の可能性は低い」と伝えたと報じた。英首相官邸筋の話としている。

2019 9/25 13:30
国際

仏英、米イラン首脳会談を要請

 トルコ・アンカラで記者会見に出席したイランのロウハニ大統領=16日(AP=共同)

 【ニューヨーク共同】ロイター通信によると、フランスのマクロン大統領と英国のジョンソン首相は24日、ニューヨークでイランのロウハニ大統領と会談し、トランプ米大統領との首脳会談に応じるよう呼び掛けた。ドイツのメルケル首相も同日、ロウハニ師と会談した。

2019 9/21 6:08
科学・環境

独、包括的な温暖化対策を発表

 新たな温暖化対策について発表するドイツのメルケル首相=20日、ベルリン(ロイター=共同)

 【ベルリン共同】ドイツのメルケル政権は20日、2030年までに二酸化炭素(CO2)排出量を1990年比で55%減らす政府目標を達成するための行動計画を発表した。23年末までで計540億ユーロ(約6兆4千億円)規模の計画で、CO2排出量が少ない鉄道利用を割安にする一方、排出量の多い飛行機は割高とする。

2019 9/6 18:42
国際

独首相、香港住民の権利保護訴え

 6日、北京での歓迎式典に出席するドイツのメルケル首相(左)と中国の李克強首相(AP=共同)

 【北京共同】AP通信などによると、ドイツのメルケル首相は6日、北京を訪れ、中国の李克強首相と会談した。会談後の共同記者発表で、抗議活動が続く香港情勢について「香港住民の権利と自由は守られなければならない」と強調した。

2019 9/2 10:45
国際

ドイツ州議会選、右派政党躍進

 1日、ドイツ・ザクセン州議会選の結果を喜ぶ「ドイツのための選択肢(AfD)」のモイテン代表(右)ら=ドレスデン(ゲッティ=共同)

 【ベルリン共同】1日に行われたドイツ東部ブランデンブルク、ザクセン両州議会選で、反難民を掲げ、メルケル首相を敵視する右派野党「ドイツのための選択肢(AfD)」が第2党に躍進した。首位と小差だった。

2019 9/1 17:20
国際

反難民のドイツ右派、首位争う

 ドイツ東部ブランデンブルク州の投票所で、州議会選の投票をする社会民主党の候補者=1日(ロイター=共同)

 【ベルリン共同】ドイツ東部のブランデンブルク州とザクセン州で1日、州議会選が行われた。反難民を掲げ、メルケル首相を敵視する右派「ドイツのための選択肢(AfD)」が躍進し、ブランデンブルク州では州政権を担う中道左派の社会民主党(SPD)と首位を争う。

2019 8/28 18:40
国際

G7、ロシア復帰巡り衝突

 24日、フランス・ビアリッツで、マクロン大統領との昼食会に出席するトランプ米大統領(AP=共同)

 【ワシントン共同】フランス南西部ビアリッツで開かれた先進7カ国首脳会議(G7サミット)で、ロシア復帰の是非を巡り首脳らが激論を交わし、衝突していたことが27日、明らかになった。米CNNテレビが伝えた。

2019 8/26 20:40
国際

来年のG7候補地にマイアミ

 【ビアリッツ共同】トランプ米大統領は26日、来年米国で予定される先進7カ国首脳会議(G7サミット)の開催都市は「(南部フロリダ州)マイアミになるだろう」と述べた。施設として、自身の一族が所有するマイアミ近郊のゴルフリゾートが「ベストな」候補だと明らかにした。

2019 8/25 5:37
政治

サハラ南部安定へ連携

 ドイツのメルケル首相と握手する安倍首相=24日、フランス南西部のビアリッツ(共同)

 【ビアリッツ共同】安倍晋三首相は24日夕、訪問先のフランスでドイツのメルケル首相と会談した。イスラム過激派の活動で治安が悪化している西アフリカのサハラ砂漠南部・サヘル地域の安定に向け協力する方針を確認。

2019 8/23 6:35
国際

「30日間で解決要請」否定

 22日、オランダ・ハーグで記者会見するドイツのメルケル首相(ロイター=共同)

 【ベルリン、ブリュッセル共同】ドイツのメルケル首相は22日、オランダ・ハーグで記者会見し、英国の欧州連合(EU)離脱日である10月末までに、懸案のアイルランド国境問題が解決することに期待を示した。21日に同問題解決に向けた案を「30日」以内に示すよう英国に求めたと伝えられたが、これを否定。

2019 8/22 22:32
国際

仏大統領、離脱協定変更要求検討

 22日、パリで握手を交わすフランスのマクロン大統領(左)と英国のジョンソン首相(ゲッティ=共同)

 【パリ共同】フランスのマクロン大統領は22日、パリの大統領府でジョンソン英首相と会談した。7月下旬のジョンソン氏の就任以来、両氏の直接会談は初めて。

2019 8/22 10:31
国際

EU離脱代替案、英に要請

 21日、ベルリンで初会談後に記者会見するジョンソン英首相(左)とドイツのメルケル首相(ゲッティ=共同)

 【ベルリン、ロンドン共同】ドイツのメルケル首相は21日、英国の欧州連合(EU)離脱を巡り、ベルリンでジョンソン英首相と初会談した。メルケル氏は、懸案のアイルランド国境問題で代替案を30日以内に示すよう求めた。

2019 8/20 6:48
国際

英首相、EUに再交渉迫る

 【ロンドン共同】ジョンソン英首相は19日、欧州連合(EU)離脱問題を巡りトゥスクEU大統領に宛てた書簡を公表、EUとまとめた離脱協定案の変更が必要だと改めて訴えた。懸案のアイルランド国境問題を巡り新たな解決策を早期に見いだすと強調し再交渉を迫る考えだが、一貫して拒んできたEU側が応じるかは不透明だ。

2019 8/19 22:44
国際

ドイツ首相、「人道の欧州」強調

 記者会見するドイツのメルケル首相(左)とハンガリーのオルバン首相=19日、ハンガリー・ショプロン(AP=共同)

 【ウィーン共同】ドイツのメルケル首相は19日、1989年に当時の東ドイツ市民らが西側の「自由世界」へと集団越境してから30年になるのを記念し、ハンガリー西部ショプロンで演説、「連帯と自由、人道の欧州の価値が反映されていた」と振り返った。ドイツメディアなどが伝えた。

2019 7/20 9:16
国際

EU首脳がトランプ氏批判

 【ブリュッセル共同】米国の非白人女性議員4人に「国へ帰れ」と差別的発言をしたトランプ大統領や「送り返せ」と大合唱した支持者らに対し、欧州の首脳から強い批判が起きている。19日のベルギー紙によると、欧州連合(EU)のトゥスク大統領は18日、カナダ・モントリオールでの記者会見で「モントリオールは居心地が良い。

2019 7/11 23:27
国際

異例の着席で国歌演奏

 式典での国歌演奏中、着席するドイツのメルケル首相(手前右)とデンマークのフレデリクセン首相=11日、ベルリン(ゲッティ=共同)

 【ベルリン共同】体が小刻みに震える症状で健康の不安説が出ているドイツのメルケル首相は11日、ベルリンを訪れたデンマークの女性首相フレデリクセン氏と式典に出席、国歌演奏は両首脳が着席した状態で行われた。演奏中の着席は異例。

2019 7/10 21:48
国際

独メルケル首相、三たび体の震え

 10日、ベルリンでフィンランドのリンネ首相(左)の歓迎式典に参加したドイツのメルケル首相(AP=共同)

 【ベルリン共同】ドイツのメルケル首相(64)が10日、フィンランドのリンネ首相を招いたベルリンでの式典に参加した際、立っている間に体全体を小刻みに震わせた。ロイター通信などが伝えた。

2019 6/29 12:03
国際

イバンカ氏「女性に熱意と才能」

 G20大阪サミットで行われた女性活躍推進のイベントであいさつするトランプ米大統領の長女イバンカ大統領補佐官=29日午前、大阪市(ロイター=共同)

 20カ国・地域首脳会議(G20大阪サミット)に合わせ、女性活躍推進のイベントが29日、主会場の国際展示場「インテックス大阪」で開かれた。特別ゲストとして出席したトランプ米大統領の長女イバンカ大統領補佐官は「世界で最も過小評価されている資源は女性の熱意と才能だ」と述べ、女性の労働参画の重要性を訴えた。

2019 6/29 6:34
国際

メルケル独首相は病気?

 ウクライナのゼレンスキー大統領(左)の歓迎式典の際に体を震わせるドイツのメルケル首相=18日、ベルリン(AP=共同)

 【ベルリン共同】複数のドイツ紙は28日、メルケル首相(64)が最近2度も公の場で体を震わせる事態が起きたことを受け、健康状態を不安視する記事を相次いで掲載した。メルケル氏は2005年の首相就任以来、健康面で目立った問題はなかったが、今回の騒動でさまざまな臆測が飛び交っている。

PR

PR