「安楽死」を考える~神経難病患者の訴え
連載

「「安楽死」を考える~神経難病患者の訴え」

60回の入院、友人もいない。実験用の「ラット」のような「スッカスカの人生」―。北部九州に住む難病患者は、外国で安楽死する権利を得た。苦痛からの解放を願って。

2021 6/21 17:30
医療・健康

読者も向き合った“命のしまい方" 連載「安楽死を考える」

本文とは直接関係ありません

 5月中旬から下旬にかけて連載した「安楽死を考える-神経難病患者の訴え」(全3回)に、読者から多くの反応が寄せられた。苦痛を感じながら生きている患者を思い「そろそろ安楽死の議論を始める頃では」と提案する声があった一方で、「それでも生き続けてほしい」と訴える人もいた。

2021 6/21 6:00
九州ニュース医療・健康

【取材後記】安楽死望む真理さんに言えないままの「生きてほしい」

スイスで安楽死をする権利を得た真理さん

 話していると、死を決意しているとは思えない。明るくて聡明(そうめい)な女性だ。

2021 5/31 17:32
医療・健康

安楽死「死ぬ義務」生じかねない 生ききるための支援を

オランダで安楽死をした人の疾患別割合

 完治が望めず耐え難い苦しみがある患者の意思に基づき、医師が致死薬を投与し死期を早める安楽死。欧米を中心に認める国が少しずつ増える一方で、フランス議会は4月、合法化を見送るなど各国の対応は揺れている。

2021 5/24 17:32
医療・健康

車椅子での外出を”実況中継” 不便でも、自分らしさが前向く力に 

2019年には福岡ソフトバンクホークスの宮崎春季キャンプに行った田中雄平さん。「職人気質な中村晃選手の大ファン」という

 アイドルグループ「AKB48」のヒット曲を熱唱し、車椅子での外出を「時速6キロで疾走しております」と自ら面白おかしく実況中継。大好きな福岡ソフトバンクホークスも熱く語る。

2021 5/17 6:00
医療・健康

6歳から病院漬け…誰にも迷惑を掛けない「死」探した29歳

 欧州を中心に海外で安楽死を合法化する動きが出てきた。日本では昨夏、安楽死を望んだ筋萎縮性側索硬化症(ALS)の女性の嘱託殺人事件が社会に波紋を広げた。

PR

開催中

第13回あんぱんパーク

  • 2021年10月21日(木) 〜 2021年10月28日(木)
  • ベイサイドプレイス博多 海側イベントスペース
開催中

第5回写遊会 写真展

  • 2021年10月15日(金) 〜 2021年10月29日(金)
  • まいなびギャラリー(北九州市立生涯学習総合センター1階)

PR