夕刊
掲載面

「夕刊」

西日本新聞夕刊に掲載されたニュースを提供します。

2019 12/12 16:30
読書

『日本近現代史講義 成功と失敗の歴史に学ぶ』

『日本近現代史講義成功と失敗の歴史に学ぶ』 山内昌之・細谷雄一編 著 (中央公論新社、990円)

 最新の研究成果を織り交ぜながら、日本近現代史についてまとめた一冊。「令和から見た日本近現代史」や明治維新、日清・日露戦争、東京裁判、戦後日中関係などについて第一線の研究者が分担執筆し、歴史の流れを概観できる。

2019 12/12 13:10
長崎社会

竹工房に子どもの笑顔 平戸の元船長 ものづくりに発信

竹とんぼ作りに精を出す杉山安信さん=長崎県平戸市

 長崎県平戸市獅子地区にある「体験工房竹とんぼ」が、子どもたちのものづくり体験や交流の場としてにぎわっている。主宰するのは貨物船の船長だった杉山安信さん(69)。

2019 12/10 17:00
くらし

香ばしくてヘルシー 熊本・水俣の香り米と玄米餅

愛林館の香り米と玄米餅

 「香り米ができたよ~」。熊本県水俣市の地域づくり施設、久木野ふるさとセンター愛林館で館長を務める沢畑亨さんから、袋入りの香り米「万石(まんごく)」(150グラム、334円)と、万石の「発芽玄米餅」(5個入り1080円)を送ってもらった。

2019 12/10 13:13
長崎

無声映画と活弁、体験を 長崎市で定期鑑賞会、12日第1弾

 活動弁士(活弁)の語りと、楽器の生演奏が独特の世界を創出する無声映画の鑑賞会が長崎市で定期的に開催されることになり、第1弾「オペラの怪人」(1925年、米ユニバーサル作品、92分)が12日、同市興善町の市立図書館多目的ホールで上映される。 主催は日本で唯一、無声映画を専門に扱っている「マツダ映画社」(東京)。

2019 12/9 17:00
文化

アイドル編<444>懐かしさではなく

アイドル歌謡について語る森本登志男  

 ICT(情報通信技術)の分野で活躍する森本登志男(57)=元佐賀県最高情報統括監(CIO)・東京都在住=は京都大学時代、アイドル研究会の会長をしていた。現在でもAKB48などのコンサートに足を運ぶアイドル歌謡派だ。

2019 12/9 16:30
読書

『間宵(まよい)の母』 歌野 晶午 著 (双葉社、1650円)

『間宵(まよい)の母』 歌野 晶午 著 (双葉社、1650円)

 『葉桜の季節に君を想うということ』などの作品で知られる著者の近作ホラーミステリー。詩穂と紗江子は親友同士だったが、それぞれの親に関わる出来事をきっかけに、地獄のような人生を送ることになる。

2019 12/9 13:31
くらし

大邱(韓国) おしゃれ都市は文化のゆりかご 

1950年代の大邱の街並みを再現している「香村文化館」

 「『文学』をキーワードに、韓国・大邱(テグ)を旅しませんか」。そんなツアーの誘いをもらった。

2019 12/6 17:36
読書

『図解 人生を思い通りに操る 片づけの心理法則』

『図解 人生を思い通りに操る 片づけの心理法則』メンタリストDaiGo 著 (学研プラス、1210円)

 著者は本書について「片づけて集中できる環境」をつくり、「本当に大事なことに集中」し、「目標を達成して幸福になる」ことがゴールだと述べる。図解を交え、片づけることについての独自の理論を提案する。

2019 12/6 17:34
読書

『現代農業特選シリーズ7最高!薪&ロケットストーブ』

『現代農業特選シリーズ7最高!薪&ロケットストーブ』農山漁村文化協会編(農文協、1980円)

まきストーブなどの暖房器具や燃料自給などに関心のある人に向けた実用書。DVDが付録として入っており、動画も交え「よく燃える薪づくり」や「ロケットストーブのつくり方」などを分かりやすく紹介している。

2019 12/5 16:30
読書

『セバット・ソング』 谷村志穂 著 (潮出版社、1980円)

『セバット・ソング』 谷村志穂 著 (潮出版社、1980円)

 北海道を舞台にさまざまな作品を世に送り出してきた谷村志穂の近作。北海道のある施設。

2019 12/4 16:30
文化

ウィーンプレミアムコンサート 世界最高水準の室内楽堪能

  本公演のためにウィーンフィルとウィーン国立歌劇場などのメンバーで特別編成された30人の演奏家「トヨタ・マスター・プレイヤーズ、ウィーン」による世界最高水準の室内オーケストラが堪能できる。 福岡ではJ・Sバッハ、ベートーベンの名曲を演奏する。

2019 12/4 13:57
社会

突然五輪マラソン「道民十色」「東京思うと喜べぬ」 

五輪マラソン・競歩の札幌開催賛否の円グラフ

 札幌開催が決まった2020年東京五輪のマラソン・競歩。北海道新聞の「みんなで探る ぶんぶん特報班」が、無料通信アプリ「LINE」などで通信員登録する読者らに札幌開催について意見を募ったところ、回答者68人のうち、半数以上の37人が開催に反対だった。

2019 12/4 13:51
社会文化

中野三敏さん死去 九州大名誉教授 江戸研究第一人者

 日本を代表する近世文学研究者で九州大名誉教授の中野三敏(なかの・みつとし)さんが11月27日午後1時50分、急性肺炎のため東京都の病院で死去した。84歳。

2019 12/3 17:00
くらし

地元の幸輝く和菓子に 福岡・福津の「海の琥珀糖」

「おもむき屋」(福岡県福津市)の海の琥珀糖

 福岡県福津市でなんとも美しいお菓子を見つけた。その名も「海の琥珀(こはく)糖」。

2019 12/3 13:45
社会

記憶喪失、だから前を向く 「50歳・神戸良明さん」神戸税関に就職

勤務中の神戸さん。明るい人柄で本人はもちろん周囲も笑顔が絶えない(まいどなニュース)

 「白紙の履歴書」に1行刻む 「神戸税関に記憶喪失の人が働いている」との情報が、関西の地方紙や放送局で作るウェブサイト「まいどなニュース」の「どなどな探検隊」に寄せられた。六甲アイランド出張所(神戸市)に勤める彼の名は神戸(かんべ)良明さん(50)。

2019 12/2 17:00
文化

アイドル編<443>青春のH・B・S

当時の応援スタイルで語る中島英樹

 鉢巻き、ペンライト、ユニホーム。福岡市の中島英樹(56)にとってこれは応援のための「三種の神器」といえた。

2019 12/2 16:30
読書

『クローバーナイト』 辻村深月 著 (光文社、858円) 

『クローバーナイト』 辻村深月 著 (光文社、858円)

 雑誌「VERY」に連載された小説の文庫版。直木賞作家、辻村深月が家族にとって「普通」とは何かを描く。

2019 11/30 13:28
社会

トラック業界 働き方改革進むが… 運転手不足 加速の懸念

パーキングエリアに並ぶトラック。運送業界では働き方改革による人手不足が懸念されている=兵庫県南あわじ市(写真の一部を加工しています)

 「トラック運転手の働き方改革を巡り、国は労働時間の削減を協議するばかりで、賃金や就労環境の改善に関する議論が置き去りにされている」。徳島新聞(徳島市)の「あなたとともに~こちら特報班」に声が届いた。

2019 11/30 13:23
熊本

八代の晩白柚 今年は上出来 出荷始まる

選別される今季初出荷の晩白柚=熊本県八代市

 熊本県八代地域特産で世界最大級とされるかんきつ類「晩白柚(ばんぺいゆ)」の出荷作業が、同県八代市豊原下町のJAやつしろ八代果実選果場で始まった。 18日以降に収穫したハウス栽培の約3500玉を集荷し、28日に4種類の大きさに選別した。

2019 11/29 16:30
読書

『三体』 劉慈欣 著 (早川書房、2090円)

『三体』 劉慈欣 著 (早川書房、2090円)

 中国の作家による大ヒット小説「三体」3部作の第1作。惑星「三体」の異星人による地球侵略の物語が壮大なスケールで描かれる。

PR

PR

注目のテーマ