筑後版
掲載面

「筑後版」

西日本新聞朝刊の筑後面に掲載されたニュースを提供します。筑後面の対象地域は大牟田市、久留米市、柳川市、八女市、筑後市、大川市、小郡市、うきは市、みやま市、三潴郡、八女郡です。

2019 10/23 6:00
福岡

シジミ貝殻のお守り配布 三井高生が手作り 小郡市・七夕神社

三井高のスイーツ部員が作った「幸せの貝守り」

 「即位礼正殿の儀」があった22日、小郡市の七夕神社(正式名媛社(ひめこそ)神社)で、御朱印を求める参拝客に、シジミの貝殻を用いた手作りのお守りが配られた。 お守りは、菓子や料理の開発に取り組む三井高(同市)のスイーツ部員が作った。

2019 10/23 6:00
福岡

石包丁で古代米刈り取り 小郡市・三沢遺跡の森

弥生人の衣装で古代米を刈り取る子どもたち

 小郡市三沢の「三沢遺跡の森」で21日、のぞみが丘小(同市)の5年生約110人が石包丁を使い、古代米の稲刈りを体験した。 丘陵の住宅地に位置する同小の周辺には水田が少ない。

2019 10/22 6:00
福岡

明治期の建物でブラジル音楽 23日、旧八女郡役所「地方に多様性を」住民企画

舞台や客席が手作りで用意された八女市の旧八女郡役所

 八女市本町の旧八女郡役所で23日、ブラジル人ミュージシャン、バジ・アサドさんによるライブが開催される。明治期の建物を再生した同役所で、海外アーティストが公演するのは初めて。

2019 10/22 6:00
福岡

自転車愛好家、九州一円から 整備や競技 精通スタッフそろえ オーナー岩井さん「お客様と遊びながら」

「お客さんと一緒に遊びながら商売を続けていきたい」と語る岩井公一さん

 久留米市野中町のスポーツ自転車専門店「イワイスポーツサイクル」が、1919(大正8)年の創業から100年を迎えた。老舗であるだけでなく、スポーツ自転車の世界では熱心なファンがつく有名店でもある。

2019 10/21 6:00
福岡

市民熱演、ちくご大歌舞伎 観客から大きな拍手

大歌舞伎の演目「白浪五人男」の一場面

 市民が企画、出演する久留米ちくご大歌舞伎(実行委員会など主催、西日本新聞社後援)が20日、久留米市の久留米シティプラザで開かれた。華やかな舞台での熱演に、約3千人の観客が大きな拍手を送った。

2019 10/21 6:00
福岡

【動画あり】「北野くんち」舞奉納 稚児ら参道練り歩く

かねや太鼓を打ち鳴らす稚児行列

 久留米市北野町の北野天満宮で20日、例大祭「北野くんち」が開かれた。天満宮は菅原道真が祭神で、毎年10月第3日曜に催す例大祭の神幸行事は県無形民俗文化財に指定されている。

2019 10/20 6:00
福岡

児童が新「大牟田スイーツ」 JC企画で試作、27日販売

完成した試作スイーツを前に記念撮影する子どもたち

 みんなで新たな大牟田名物のスイーツを作ろう-。大牟田青年会議所(JC)は19日、子どもたちの地元愛を育もうと、新しいお菓子作りに挑戦するイベントを同市の大牟田高調理科実習室で開いた。

2019 10/20 6:00
福岡

【動画あり】「新開能」を奉納 みやま・宝満神社

専用舞台で披露された「新開能」

 みやま市の県指定無形民俗文化財の「新開能」が19日、同市高田町北新開の宝満神社に奉納された。小学生を含む地元の氏子延べ60人以上が境内にある専用舞台に立ち、「嵐山」「羽衣」など能と狂言の五つの演目を披露した。

2019 10/19 6:00
福岡

観光大使にタイのチャオさん 柳川高現地校の副理事長、訪日客誘致に期待

テムラック・チャオ(前列右)さんと柳川高付属タイ中学校の生徒たち

 タイからの観光客誘致を本格化しようと、柳川市は18日、タイ南部のナコンシータマラート県で旅行会社を営み、柳川高が同県に設けた同高付属中副理事長を務めるテムラック・チャオさん(55)を27人目の柳川観光大使に任命した。 チャオさんは金沢大大学院経済学研究科修士課程を1998年に修了。

2019 10/19 6:00
福岡

うきはの足、共助で守る 地元自治協が高齢者送迎 30日、市民向け運転講習会

病院へ行くために送迎バスに乗り込む妹川地区の高齢者

 高齢化が進み、公共交通機関も少ないうきは市で、住民同士の支え合いにより「交通弱者」とされる人たちの暮らしを守る取り組みが始まっている。鍵となるのが送迎車両を運転するボランティアの確保だ。

2019 10/18 6:00
福岡

大刀洗の翼、新たな舞台へ 旧陸軍飛行場100年 ギンギラ太陽’s20日記念上演

「幻の翼 震電」初演の様子。かぶり物が特徴の劇団だがシリアスな演技もみせる

 現在の大刀洗町、筑前町、朝倉市にまたがって広がっていた「旧陸軍大刀洗飛行場」が今月、創設100周年を迎えた。大刀洗町は記念事業として20日午後1時半、大刀洗町冨多の大刀洗ドリームセンターで、福岡市の人気劇団「ギンギラ太陽’s」による舞台「幻の翼 震電」を上演する。

2019 10/18 6:00
福岡

雨中、勇壮に毛槍行列 うきは市 若宮おくんち開幕

毛槍を振って白壁の町並みを練り歩く保存会メンバー

 うきは市吉井町の若宮八幡宮(安元良孝宮司)で17日、秋の例大祭「筑後吉井 若宮おくんち」が始まった。雨の影響で稚児行列や関連行事の一部が中止になったものの、勇壮な毛槍(けやり)行列が白壁の町並みを練り歩き、祭りに花を添えた。

2019 10/18 6:00
福岡

自分らしさ、認め合おう みやま市・大江小で「性の多様性」公開授業

「男らしさ 女らしさ」について考えた大江小の5年生

 みやま市瀬高町の大江小で17日、「性の多様性」がテーマの公開授業があった。同小は昨年度から、性別による固定観念の解消や、性的少数者の理解につなげる授業に、市内では先進的に取り組む。

2019 10/17 13:44
福岡

インスハートがライブ 「いのちスケッチ」主題歌担当 20日、大牟田市で 

インスハートのToshiさん(左)とJyunさん

 大牟田市が舞台の映画「いのちスケッチ」の主題歌を担う現役医師2人の音楽ユニット「Insheart(インスハート)」のスペシャルライブが20日、同市岬町のイオンモール大牟田1階の「ありあけコート」で開かれる。 2人は、形成外科医でボーカル兼バイオリンのToshiさんと、精神科医でギターのJyunさん。

2019 10/17 13:42
福岡

キリンになりきり朗読 大牟田市動物園で「ポエトリー」

キリンを背にしながら子どもたちが詩を朗読した「動物の気持ちポエトリー」

 動物が思っていることを想像し、言葉にして自ら朗読するイベント「どうぶつの気持ちポエトリー」が12日、大牟田市動物園で開かれた。小中学生約40人が園内を自由に見学しながら詩作し、キリン舎の前で、命を見つめる真っ直ぐな気持ちを声に出した。

2019 10/17 6:00
福岡

「軽トラ市」思い継ぎ150回 八女市 13年から続く交流の場

八女市中心部に生産者が軽トラックで野菜や手工芸品を持ち寄って販売する「軽トラ市」

 八女市中心部に生産者が軽トラックで野菜などを持ち寄って販売する「軽トラ市」がこのほど、150回目を迎えた。13日は八女市本町の八女観光物産館駐車場に29店が並び、朝から買い物客でにぎわった。

2019 10/16 6:00
福岡

助けたい、でも有害鳥獣 側溝に弱ったアナグマ 発見の男性「何とか元気に」

側溝でじっとしているアナグマ。時折、側溝内を動き回っている

 「自宅近くに弱ったタヌキがいる。治療して助けられないか」。

2019 10/14 6:00
福岡

歌と踊りでうきは盛り上げ 女性団体がミュージックビデオ 魅力を紹介、園児も一役

うきは市の千草保育園であった撮影。園児や市公式キャラクター「うきぴー」も加わってダンスを楽しんだ

 うきは市の女性地域おこしグループ「白壁レディース21」(高橋和子代表)が、同市の魅力を紹介するミュージックビデオ「うきは City Days」を制作している。映像や歌詞には市内の名所や史跡が数多く登場し、老若男女が楽しめる振り付けも印象的。

2019 10/13 6:00
福岡

「いのちスケッチ」大牟田で完成特別上映会 主演の佐藤さんらあいさつ

舞台あいさつする瀬木直貴監督、佐藤寛太さん、林田麻里さん(左から)

 大牟田市が舞台の映画「いのちスケッチ」の完成披露特別上映会が12日、同市岬町のセントラルシネマ大牟田で開かれた。主演の佐藤寛太さん、同市出身の林田麻里さん、瀬木直貴監督の3人が上映前、約300人の満席の客席に向かって舞台あいさつし、撮影秘話などを披露した。

2019 10/13 6:00
福岡

三柱神社「おにぎえ」開幕 柳川市 どろつくどん練り歩く

三柱神社に奉納された「どろつくどん」

 柳川市三橋町高畑の三柱(みはしら)神社で12日、秋季大祭「おにぎえ」が始まり、県無形民俗文化財の「どろつくどん」と、着物姿の女性たちが優雅な舞を披露する「踊り山」が市内を練り歩き、神社に踊りを奉納した。14日まで。

PR

PR

注目のテーマ