筑後版
掲載面

「筑後版」 (3ページ目)

西日本新聞朝刊の筑後面に掲載されたニュースを提供します。筑後面の対象地域は大牟田市、久留米市、柳川市、八女市、筑後市、大川市、小郡市、うきは市、みやま市、三潴郡、八女郡です。

2020 11/6 11:00
福岡

香り豊かな400種の秋バラが見頃 久留米市

美しく咲き誇る石橋文化センターのバラ

 福岡県久留米市野中町の石橋文化センターの庭園で秋バラが見頃を迎えている。ピンク、赤、オレンジなどの400種類2600株が甘い匂いを漂わせ、晴れた日にはのんびりとベンチでくつろぐ人の姿も見られる。

2020 11/6 11:00
福岡

士族救った授産会社「赤松社」の木版画 久留米商議所に寄贈

赤松社を描いた木版画。支配人を務めた「高田善次」の名前も記されている

 明治期の久留米で困窮する士族を救うために設立された授産会社「赤松社」を描いた木版画が5日、福岡県久留米市の久留米商工会議所に寄贈された。市内の高田昭三さん(92)が所有していたもので、約140年前の活気あふれる店舗の様子が色鮮やかに表現されている。

2020 11/5 11:00
福岡

「才能ある移住者増やす」 PT初会合 久留米絣ブランド力アップへ

久留米絣のブランド価値のアップなどを話し合う参加者

 若い世代の移住者を増やそうと福岡県広川町が展開する「ひろかわ繊維産地の未来づくりプロジェクト」の一環で、「広川産地経営革新会議」の初会合が2日、町内のものづくり拠点施設「Kibiru」で開かれた。特産品の久留米絣(かすり)のブランド価値を高め、才能ある職人やデザイナーに町内へ移住してもらう「移才」を進める狙いがある。

2020 11/5 11:00
福岡

「語り伝える」冊子作製 寄稿文や当時の写真掲載 三川坑炭じん爆発

三川坑跡の慰霊碑除幕式に合わせて作られた「三川坑を語り伝える」

 福岡県大牟田市で1963年に起きた三井三池炭鉱三川坑炭じん爆発事故の犠牲者の遺族や当時の労働組合員でつくる市民団体「三川坑に慰霊碑を建てる会」が、事故から57年となる9日に三川坑跡(同市西港町)で催す慰霊碑の除幕式に合わせて、冊子「三川坑を語り伝える」を作った。 慰霊碑建立などの事業費はインターネットのクラウドファンディング(CF)で募り、2~4月に約1250万円が集まった。

2020 11/4 11:00
福岡

追い求めた藍、光の表現 久留米絣作家の遺志継ぐ妻と長男

松枝哲哉さんの遺志を継ぎ、修業に励む長男崇弘さん(左)。母小夜子さんが支える

 柔らかな風が耳納連山から吹き下ろす。福岡県久留米市田主丸町。

2020 11/4 11:00
福岡

江戸初期の石垣を山岳会員が清掃 久留米城跡

ロープを使って石垣を下り、清掃する山岳会員

 久留米山岳会は10月31日、福岡県久留米市の久留米城(篠山城)跡の石垣を清掃した。登山で使うザイル(ロープ)で高いところは15メートルもある石垣を下り、雑草や落ち葉を取り除いた。

2020 11/2 11:00
福岡

バラやユリなど花1200本彩る JR久留米駅 コロナ禍消費回復狙う

立ち止まって花を見る駅利用者

 JR久留米駅(福岡県久留米市城南町)の構内2カ所で、県久留米普及指導センターが、バラやユリなど30種類の花1200本を展示している。新型コロナウイルスの影響で需要が減った花の消費を促す狙い。

2020 11/2 11:00
福岡

「ぶらぶらお堀マップ」作成 街歩き楽しんで 柳川市「水の会」

「ぶらぶらお堀マップ」と映画をPRする水の会の立花民雄会長(左)ら

 福岡県柳川市の市民団体「水の会」(立花民雄会長)が、市民や観光客に掘割への理解を高め、街歩きに活用してもらおうと「ぶらぶらお堀マップ」を作成した。21日には、同市一新町の柳川あめんぼセンターで映画「柳川堀割物語-人間と水との長いつきあい」の上映も行う。

2020 11/1 8:00
福岡

老舗ラーメン店、いったん終止符 しばしの別れに行列絶えず 久留米

豚のガラからスープを取る店主の小川伸夫さん

 1955年創業の老舗ラーメン店「沖食堂」(福岡県久留米市篠山町)が31日、65年の歴史にいったん終止符を打った。来年の5月に新装オープンするまでしばしのお別れを前に、会員制交流サイト(SNS)や口コミで閉店を知った客が駆けつけ、店は終日、行列が絶えなかった。

2020 10/31 11:00
福岡

青パパイアの栽培に挑戦 元美容師の男性「美と農」つなぐ

青パパイアの実を手に取る古賀輝男さん

 元美容師の農家、古賀輝男さん(35)=福岡県久留米市=が、美容効果が高いとされる青パパイアの栽培に今年から挑戦している。5年前に実家の農家を継いだ古賀さんは「自分が今まで携わってきた『美』ともつながる作物。

2020 10/30 11:00
福岡

「リベール」譲渡額、7億円以下 久留米市は14億円超す債権放棄に

西鉄久留米駅東口の商業ビル「リベール」=福岡県久留米市

 福岡県久留米市は29日、市議会経済常任委員会で、西鉄久留米駅前の商業ビル「リベール」を運営する第三セクター「久留米都市開発ビル」に対して市が持つ債権約21億円の譲渡先候補に、社会医療法人「天神会」(同市)と資産運用コンサル会社「リオ・コンサルティング」(東京)の共同企業体(JV)を選んだことを報告した。市は取材に対し、債権の譲渡額が、市の試算した債権の実勢価格7億円を下回る減額譲渡となる見込みを明らかにした。

2020 10/30 10:10
福岡

停車トラックに心肺停止男性…通り掛かりの夫婦2組、鮮やか救命リレー

感謝状を受け取る松尾三千代さん(左から2人目)と内山康代さん(右)

 車で偶然通り掛かった2組の夫婦の“救命リレー”で、命が救われた。大牟田市消防本部は、運転中に心肺停止状態になった市内の60代男性に救命措置し、救急通報もした4人に感謝状を贈った。

2020 10/29 11:00
福岡

大牟田リサイクル発電の継承 JFEの提案を報告

大牟田リサイクル発電所

 2022年度末で終了する第三セクター「大牟田リサイクル発電」の事業の継承を、JFEエンジニアリング(横浜市)が提案していることを受け、大牟田・荒尾清掃施設組合は28日、福岡県大牟田市役所で開いた組合議会の全員協議会で、13日にリサイクル発電事業運営協議会(搬入5組合や県などで構成)の幹事会に出された提案内容を報告した。 来年1月にも開く運営協議会で事業継承の可否を最終判断する予定で、それまでに他の4組合や県などと協議し意見集約を目指す。

2020 10/28 11:00
福岡

甘~い柿、いかが? うきは市の観光農園で「開国式」

色づいた柿を摘み取る開国式の参加者

 甘柿の生産が盛んな福岡県うきは市で27日、本格的な柿狩りシーズンの到来を告げる「柿の開国式」があり、「うきは応援団企業パートナー」の5社から10人が参加して柿狩りを楽しんだ。 開国式があった同市吉井町の観光農園「成樹園」(内山義彦代表)には富有柿など約120本がある。

2020 10/28 11:00
福岡

久留米赤十字会館が温水プール閉鎖へ フィットネスも、赤字続きで

本年度限りで閉鎖される久留米赤十字会館の温水プール

 日本赤十字社福岡県支部は、同県久留米市の久留米赤十字会館4、5階に入る「温水プール・フィットネス施設」を本年度限りで閉鎖すると明らかにした。2002年に開設したが赤字続きだったという。

2020 10/27 11:00
福岡

サプライズの大輪 筑後川花火中止受け 久留米JC「元気を出して」

久留米市の筑後川河川敷から打ち上げられた花火

 新型コロナウイルスの影響で筑後川花火大会(今月25日)が中止されたことを受け、久留米青年会議所(JC)は26日夜、福岡県久留米市の筑後川河川敷から事前告知しないサプライズ花火を打ち上げた。午後7時ごろから十数分間にわたり、150発が夜空を彩った。

2020 10/27 11:00
福岡

大刀洗でドライブインシアター ネットで資金調達 21年3月開催

チラシを手にドライブインシアターへの来場を呼びかける中津さん

 車の中から屋外スクリーンの映画を鑑賞する「タチアライドライブインシアター2021」が来年3月13日、福岡県大刀洗町役場の駐車場で開催される。「今後が見通せない新型コロナウイルスの感染状況に左右されない催しを」と町が企画。

2020 10/26 6:00
福岡

「鬼滅の刃」聖地で気分は炭治郎 溝口竈門神社でコスプレイベント

「本殿の欄間の模様が剣術『水の呼吸』に似ている」と説明するファン

 漫画「鬼滅(きめつ)の刃(やいば)」のコスプレイベントが開かれた25日、会場となったファンの聖地・筑後市溝口の溝口竈門(かまど)神社に、登場人物になりきった男女15人が自慢の衣装に身を包んで登場した。 主人公竈門炭治郎(たんじろう)、記録的観客動員で大ヒット中の映画で大活躍する煉獄杏寿郎(れんごくきょうじゅろう)などにふんし、家族連れやファンと写真撮影した。

2020 10/25 11:00
福岡

交通事故と詐欺をブロック! バスケ会場で久留米署が呼び掛け

交通事故と不審電話への注意を喚起するグッズを持つ観客

 プロバスケットボールチーム「ライジングゼファーフクオカ」(福岡市)の試合が久留米アリーナ(福岡県久留米市)であった22日と23日、久留米署が交通事故と不審電話への注意を喚起するグッズを来場者らに配布した。 久留米署管内の事故発生件数が県内ワースト3位、死亡事故発生数が同ワースト1位であることや、今年の9月以降に警察官をかたる不審電話が多発していることなどを受けて企画した。

2020 10/24 11:00
福岡

久留米縞織復権目指す チェック柄を商品化 若い女性ターゲット

チェック柄を考案した香蘭女子短大の学生(右3人)とファッションデザイナーの小畑亮二さん

 久留米絣(かすり)と並ぶ福岡県筑後地区の伝統的な織物「久留米縞織(しまおり)」を使って、若者向けの商品を開発しようと、織元や学生でつくる「久留米縞織復活プロジェクト」が進行している。21日には学生がプロのデザイナーとともに考案したチェック柄「シマオリチェック」のデザインを発表。

PR

PR

注目のテーマ