筑後版
掲載面

「筑後版」 (46ページ目)

西日本新聞朝刊の筑後面に掲載されたニュースを提供します。筑後面の対象地域は大牟田市、久留米市、柳川市、八女市、筑後市、大川市、小郡市、うきは市、みやま市、三潴郡、八女郡です。

2018 4/15 6:00
福岡

色鮮やかツツジ見頃 久留米市で「フェア」開幕

世界各国のツツジが咲き誇る温室内

 色とりどりの久留米つつじを堪能できる「つつじフェア」が14日、久留米市山本町の市世界つつじセンターを主会場に始まった。22日まで。

2018 4/15 6:00
福岡

イタリア総領事 大川市長を訪問 文化交流促進へ

倉重市長(左)と懇談するディオダーティ総領事(左から2人目)

 家具がつながりでイタリア北東部の都市ポルデノーネ市と姉妹都市の大川市に5日、在大阪イタリア総領事館のルイージ・ディオダーティ総領事一行が訪れ、倉重良一市長らと懇談した。 家具工業がさかんな両市は文化振興などを目的に1987年、姉妹都市となった。

2018 4/14 6:00
福岡

目指せ全国!茶ガール奮闘中 八女農高の玉露同好会 試飲会、茶摘み、手もみ製茶…活動多彩に

八女農高の玉露同好会のメンバーたち

 八女茶の魅力、もっと知りたい-。八女市本町の八女農業高で「玉露同好会」の活動が本格化している。

2018 4/14 6:00
福岡

遊び…ではありません 大刀洗町役場が「レゴ」使い職員研修

ブロック玩具で町の未来像を組み立てる職員たち

 遊んでいる? いいえ、研修です-。ブロック玩具「レゴ」を用いて組織の課題や解決策を考えるワークショップ(LSP)が大刀洗町役場であり、約30人の町職員が取り組んだ。

2018 4/14 6:00
福岡

新たな人生の出発へメッセージの花満開 利用者が夢や抱負つづる JR久留米駅

JR久留米駅の改札前に設置されたメッセージボード

 花々が咲き誇る季節を迎える中、JR久留米駅の改札前に設置されたメッセージボードも「満開」となった。旅立ちの春、出会いの春、別れの春…。

2018 4/13 6:00
福岡

南筑高の素根選手「諦めず戦った」 全日本選抜柔道連覇 朝比奈選手には初勝利、涙

世界選手権出場を目指して意欲を見せる素根輝選手

 7日の全日本選抜柔道体重別選手権女子78キロ超級に出場した南筑高(久留米市)3年素根輝選手(17)が12日、市役所と県庁を相次いで訪問した。決勝では昨年の世界選手権2位の朝比奈沙羅選手(21)と対戦し、10分を超える熱戦の末に破った。

2018 4/13 6:00
福岡

八女市で新茶祈願祭 生産者ら100人参加

新茶の育ち具合を確認する茶娘姿の女性たち

 全国有数の高級茶産地として知られる八女市の八女中央大茶園で12日、本格的な一番茶の茶摘みシーズンを前に「新茶祈願祭」があった。生産者など約100人が出席し、茶畑を見渡せる展望所で豊作や収穫作業の安全を祈願した。

2018 4/12 6:00
福岡

宇宙の神秘を丸ごと体感 惑星パネルに実験コーナー… 県青少年科学館14日新装オープン

宇宙コーナーでは、強化ガラスにはめ込まれた太陽系の惑星の模型がお出迎え。地球との大きさの違いにびっくりする

 久留米市東櫛原町の県青少年科学館が14日にリニューアルオープンするのを前に、関係者向けの内覧会が11日開かれた。2階に設置された「宇宙コーナー」には、太陽系の全惑星の模型をはめ込んだ巨大パネルや宇宙旅行気分を味わえる巨大スクリーン「宇宙の窓」が登場、関心を引いていた。

2018 4/12 6:00
福岡

7人制ラグビー日本が久留米合宿 市はW杯キャンプ誘致をアピール

陸上競技場で練習する選手たち

 7人制ラグビーの男子日本代表候補の強化合宿が11日、久留米市の久留米総合スポーツセンター陸上競技場や久留米大で始まった。13日まで。

2018 4/11 6:00
福岡

シバザクラの富士山見頃 久留米市田主丸町

シバザクラの富士山を見上げる見物客

 久留米市田主丸町益生田で、シバザクラでかたどった高さ約4メートルの「富士山」が見物客を楽しませている。見頃は来週まで。

2018 4/10 6:00
福岡

「はとむぎ珈琲」商品化 久留米工業大生ら考案 三潴の特産品、消費拡大へ

はとむぎ珈琲を商品化した甲斐さん(右)と中村准教授

 久留米工業大(久留米市上津町)の学生たちが、同市三潴町で生産が盛んなハトムギの消費拡大を図ろうと、焙煎(ばいせん)したコーヒーとブレンドした「はとむぎ珈琲」のレシピを考案し、1杯用のドリップパックとして商品化までこぎ着けた。今月から、JAみづまの犬塚購買店(三潴町玉満)で販売している。

2018 4/8 19:48
福岡

「けん玉」に魅了された自衛官 きっかけはイラク派遣

けん先と皿の間の不安定な曲面に玉を載せる高度な技を披露する北島さん

 玉を皿に載せる、けん先に刺す。細かな技術が重なる、奥深いけん玉の世界に魅了され、普及に取り組む人がいる。

2018 4/8 6:00
福岡

久留米信愛で共学スタート 中学に男子生徒 中高で入学式

新デザインの制服で入場する中学の新入生たち

 久留米市御井町の久留米信愛中学・高校で7日、中高合同の入学式があり、本年度から男女共学化した中学では、男子生徒28人を含む新入生86人が、共学化に合わせてデザインが一新された制服姿で、新たな学校生活をスタートさせた。 式典では、在校生や保護者らが見守る中、やや緊張した表情で中学の新入生と、内部進学を含む高校の新入生84人が入場した。

2018 4/7 12:33
福岡

謎の「聖徳太子像」由来を探ってみた 久留米の篠山神社 キリシタン武将のほこらも

境内にある聖徳太子像

 雄大な筑後川を望む久留米城の本丸跡に立つ篠山神社。境内には歴代の久留米藩主を祭る社殿や太平洋戦争の戦没者の碑、歴史史料を展示する有馬記念館など久留米ゆかりの建物や史跡が点在するが、一角に聖徳太子の像がある。

2018 4/7 6:00
福岡

2校統合の大牟田・駛馬小で開校式 児童234人祝う

開校式で新しい校歌を歌う子どもたち

 3月末で閉校した大牟田市の旧駛馬(はやめ)北小と旧駛馬南小が統合して駛馬小(同市馬場町、萩島弥穂校長)が誕生し6日、旧駛馬北小で開校式があった。 体育館であった開校式には2~6年の児童234人が出席。

2018 4/7 6:00
福岡

高良川の遊歩道拡幅へ 観光施設への案内板も 22年度末目標「護岸整備で治水効果」

計画区間における整備後のイメージ図

 久留米市と県は、市街地を流れる高良川の堤防上の通路や、川沿いの遊歩道を拡幅する整備計画「高良川かわまちづくり」を策定した。計画区間はウオーキングやサイクリングコースとして活用されており、整備を通し、より市民に密着した水辺空間を目指す。

2018 4/5 6:00
福岡

「祭りは地域福祉の原点」 農業との関係を論文で紹介 大木町の西川さんが大賞 高谷好一地域学賞

論文「小さな町の小さなお宮の小さな祭り」を手にする西川さん

 大木町嘱託職員でまちづくり相談員の西川典洋さん(65)が手掛けた論文が、京都大名誉教授などを務めた生態学者、高谷好一氏(1934~2016)を顕彰する「高谷好一地域学賞」で大賞に選ばれた。タイトルは「小さな町の小さなお宮の小さな祭り」。

2018 4/3 6:00
福岡

「ASAHI STATION」完成 久留米市のアサヒシューズ ホールや展示スペース

歴史資料のコーナーにはレトロなポスターや歴代の商品が並ぶ

 久留米市の靴製造販売「アサヒシューズ」は、同市洗町の本社敷地内に、多目的ホールや、120年を超える同社の歴史資料を展示したスペースを備えた新施設「ASAHI STATION」を完成させた。小学生などの工場見学や社員研修、商談などの際に活用する。

2018 4/2 6:00
福岡

桜の下で勇壮に流鏑馬 柳川市・三柱神社

桜の下で行われた流鏑馬の奉納

 柳川市三橋町高畑の三柱神社で1日、流鏑馬(やぶさめ)の奉納があった。桜並木が続く約300メートルの参道を狩り装束姿の武者が馬に乗って疾走。

2018 4/2 6:00
福岡

チューリップ1万4000本が見頃に 小郡市光行

かわいらしい花を咲かすチューリップ

 地元住民が、作付け前の農地約3千平方メートルにチューリップを植えている「光行チューリップ園」(小郡市光行)で、色とりどりの花が見頃を迎えている。 住民でつくる「光行水土里(みどり)の会」が10年ほど前から栽培。

PR

PR

注目のテーマ