福岡を食べる
連載

「福岡を食べる」

「福岡は食べ物がうまい」。そんな評判を支える店には、どんな歴史やこだわりがあるのでしょうか。福岡の食を、裏の裏まで食べ尽くして紹介します。

2021 4/9 7:00
福岡

主婦もよろこぶ「焼鳥喫茶」 コロナ禍を生き抜く戦略次々

「焼鳥喫茶 大名へて」で人気の焼鳥サラダプレート

 福岡市中央区大名の路地を歩いていると「焼鳥(やきとり)喫茶 大名へて」という看板を見つけた。居酒屋やアパレルショップ、美容室などが立ち並ぶ一角。

2021 4/8 6:55
福岡

中洲でシカを骨の髄まで 「食文化」生みだすメゾン・ド・ヨシダ

シカの骨を使ったスープを煮詰める吉田安政さん

 ネオン街の扉を開けると、洋風の調度品や内装が目を引く。九州最大の歓楽街・中洲に店を構える高級フランス料理店「メゾン・ド・ヨシダ中洲」。

2021 3/19 6:00
福岡

【動画】長浜御殿「阪急帽の子はラーメン120円」半世紀

オリックス・バファローズの帽子をかぶってラーメンを食べる子ども

 昔ながらの真っ赤なカウンターの席に座ると、黄色がかった張り紙が目に入る。「オリックス・バファローズ帽子の小学生へ ラーメン一二〇円」。

2021 2/27 6:00
福岡

【動画】牧のうどん「ここだけ」が生む“魔法”

朝日を浴びながら、スープ入りの缶を車に積み込む店長たち。その缶には「牛乳缶」の文字も

 糸島市に本店を置く「釜揚げ牧のうどん」は「牧」のうどんだ。本店から500メートルほど南に下ると、「牧」と呼ばれた地に畑中製麺所がある。

2021 2/20 6:04
福岡

【動画】牧のうどん「やわめん」早出しの秘密

「釜揚げ牧のうどん」の釜はバケットで区分けされている。麺の硬さをみながら丼にあげていく製麺者

 博多ラーメンといえば、麺の硬さが選べるのは誰もが知るところ。より麺のゆで時間が長い、うどんでもお客さんの好みを聞く店がある。

PR

PR